FC2ブログ

清正公、不届きなネズミに

2011年02月03日 00:00

609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/02(水) 12:25:01 ID:tKaF4vUN
加藤清正霊異シリーズ

肥後熊本には加藤清正の廟や像があり、領主細川家はこれを崇拝し、
供僧などを置いて供膳香華を絶やさなかった。

さてある時のこと、一人の供僧が清正像の前に膳を据え、さて亭坊へと戻ろうとしたところ、
清正の像を守る覆いに、ネズミが開けたと思われる穴が見えた。この時供僧

「しかし清正という人は無双の剛勇で異国にまで名が轟いた人だ。ネズミもそんな人に
害をなすことはあるまい」

と下山した。

それから暫くして、膳を取りしまうため再び山に上がる。と、なにやら赤いものが見える。
…それは

なんと膳の上に、大きなネズミが五寸釘で、ごっすんと貫かれていたのだ!

これに供僧は気を失うほど驚き、這々の体で下山した。そしてこれを聞いた他の僧たちが登り
その場所を清め膳を下げたのだという。

清正公、不届きなネズミに五寸釘、と言うお話。




611 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/02(水) 16:55:53 ID:bEkdssM4
>>609
>五寸釘で、ごっすん
これが言いたかっただけじゃないだろうなw

しかしこの間の話と言い清正の霊、器が小さいw

612 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/02(水) 17:09:54 ID:qENLAr1/
小西関係とかその他もろもろ清正は普通に器が小さいだろw
おや、熊本から荷物が・・・

613 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/02(水) 23:12:46 ID:+iul67L+
水入れる器ならでかいのにねえ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ネズミ「虎?いえね、あっしは猫かと思ったんで……(ごすっ、アヒイ!!)」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    人がやってたとしたら怖いなこれ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    左甚五郎作の鼠乙

  4. 人間七七四年 | URL | -

    甚五郎、自重。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    このスレ見るようになってから実は清正と三成は似たもの同士というか同属嫌悪なんじゃないかと思ってきた俺がいるw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    コミュニケーション能力の高さが明暗を分けたようにも思うな<清正と三成
    まぁそれが社会では最も重要なわけだが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5092-7b93b4f3
この記事へのトラックバック