FC2ブログ

裸で歩ける…?

2011年02月12日 00:00

751 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:37:02 ID:tcyMGyzY
裸で歩ける…?

加藤清正が鷹狩に出かけた時だ。
この日疲れが溜まっていた清正は輿で寝ていた。

この輿を旧阿蘇氏の家臣、国右衛門というものが草むらから狙っていた。

そして輿が目の前を通り過ぎようとした国右衛門飛び出し

加藤清正!主君の仇討たせてもらうぞ!」

っと輿に横から刀を突き刺した。

この時清正は後ろに寄りかかって寝ていた為事なきを得た。


清正「なかなかどうして、良い腕の持ち主ではないか。
どうだ?俺の下で仕えてみないか?」

国右衛門「年来仇と思っていたお前に仕える気は毛頭ない。斬るがよい。」

清正「…これは殺すには惜しいな。だが…仕方がない」

清正は自信の刀を抜き振り下ろした。

だが刀は空を斬った。

清正「どうだ?これで国右衛門なる者は死んだも同然だ。
生まれ変わったつもりで仕えないか?」

国右衛門「…そこまで言われるのならこの命を預けてみよう」

これに清正は大いに喜び刀を収めその刀を国右衛に渡し刀持ちを命じたのである。

清正はこの様な事件があったにも係わらず鷹狩を中止せずに決行し
さらに国右衛門に刀持ちを命じるという清正の度胸のある話し。

国右衛門は朝鮮出兵時に清正の護衛を勤め見事な戦死を遂げた。


>>738はリップサービスで実は自分の実力を一番信じてるんじゃね?
という結構悪い話し。




753 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 14:45:21 ID:PxnisQlv
>>751
加藤清正の武士としての男らしさが非常に良く出ているいい話なのにw
後世ある種の信仰の対象になったのもよくわかるわ。

ただ、『小さな小屋掛けですら家臣に任せず自分で監督する』と言われた清正だけに、
能力という意味では、悪く言えば家臣のことを全く信用してなかったのだろうね。

754 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 14:48:51 ID:KTEMhQkJ
よく言われるが出来る限りは家臣に任せる市松とは真逆の姿勢だよな。

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 18:06:27 ID:HuNjGQto
>>753
最近あった>>715の話もそういうことになるな。
三成にしては気がきく…のか?散々な言われようだがwww

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 18:30:21 ID:/Qw0ZPAK
清正と市松足して2を掛けると黒田の大殿…になるには知恵が足りんか。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    掛けるのかよ!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    管理人様、>>752を書いたものですが、どうやらスレの中に
    不快に思った方々がかなりいらっしゃるようなので、
    削除していただくわけにはいかないでしょうか

  3. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※2
    承知いたしました

  4. 人間七七四年 | URL | -

    早速お聴き下さり、ありがとうございました
    お手数おかけいたしまして、申し訳ありません

  5. 人間七七四年 | URL | -

     肥後加藤家の家臣は再就職に苦労して、福島家の家臣はあっさりと再就職できた、
    その理由が理由だとしたら、主計頭も治部少輔と根っこのあたりで被る気がする。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    伊藤七蔵「この逸話のタイトルを見て、私の出番があるかと思ったんだが・・・」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    その石田家家臣は仕官先見つかってる。
    性格はともかく部下への扱いは違うみたいだぞ。結構家臣に任せてるし。

  8. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    ※7
    石田家の場合三成は兄と父に領地の統治や家臣団について
    丸投げしてるな。
    奉行として領主業務する暇なかったし。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    清正「家臣がいれば裸でも大丈夫」
    家臣団「ご期待に応えるぜ!」
    現実 1人の郎党に輿ごと刺されそうになる

    そりゃ清正家臣団を雇う連中なんていないだろ
    唯一のセールスポイントすらダメじゃん

  10. 人間七七四年 | URL | -

    そこは家臣団がいても近づけた
    国右衛門さん誉めてやろうよ。

  11. 人間七七四年 | URL | -

     市松君のところはお殿様が余りにアレだったもんだから、家臣団はそのフォローに
    追われるウチ、ついつい武家の家臣としてのスキルがアップしてしまった、なんて
    説明をされるときがあるけど、結果として市松君にも家臣を育てる器量があった、
    と思いたい。

  12. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    ※12
    アレというか、正則は家臣に任せる分その結果にめちゃめちゃ厳しくて、
    家臣から恨みもかなり買っていたらしい。
    正則の死は、彼に恨みを持っていた旧家臣によって殺されたのだ、
    という説も実際にある。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    清正家臣団の武のイメージは小野鎮幸に嫌味言って逆にぐうの音も出なくさせられたイメージしかないんだが。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    小野鎮幸一人>清正家臣団 じゃあそら再就職先にも困るわなwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5119-3c3eeff4
この記事へのトラックバック