FC2ブログ

一発二足軽

2011年02月13日 00:01

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 23:52:47 ID:PxnisQlv
大坂の陣の時のことである

浅野幸長の陣において、銃弾を防ぐ竹束の側で足軽が、大筒を修理していた。
この時足軽、大筒の砲身にしがみつくような形でいたらしい。

と、この足軽に大阪城より撃ちかけられる。この時一発の銃弾が、
なんとこの足軽の頭から入り尻に抜け、さらにその後ろにいた足軽の胸に当たり
二人ともその場で死んでしまった。
一石二鳥と言うが、これは一発二足軽であろうか?

これに大阪方は大いに盛り上がったが、ここに浅野軍の上田宗箇が駆け寄り、
やおらその大筒の上に乗り立った。
そして大阪城の方を覗き込み

「さあ撃ってこい!撃ってこい!」

と挑発。これに怒った大阪方からの銃弾が上田宗箇に集中したが、しかし一発も当たらなかった。

これには敵味方双方から『主水(上田宗箇)のありようは見事!』と賞賛されたそうである。


上田さんにとってはいい話だけど銃弾一発で犠牲になった上、上田さんを引き立たせる
役回りになった足軽2人にはお気の毒なおはなしw




770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 23:58:17 ID:IhRenedr
頭から尻に抜けって想像しただけでグロい…
まぁこれは上田さんの良い話だろう
精度が悪いって分かってても中々出来るもんじゃない

771 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 00:17:11 ID:2ADAvvr6
人体を縦に貫通するほど威力が火縄銃にあるとは思わなかったな。

772 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 00:25:51 ID:f3XLYuZu
いや、逆じゃなくてよかった。
尻に図星ときたときにゃあ体感的にスローモーでいくんじゃないか。

773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 00:53:04 ID:QyWR3jky
鉛に掘られながら死んだ足軽A
焼き味噌弾で死んだ足軽B
運命の弾を共有した戦場の悲劇だな
だが、彼らの整備していた大砲こそが後々…
権現様が矢弾飛び交う掘りの前で憂愁に耽るわけだ

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 22:43:18 ID:kVqRZ+4N
>>769
大坂の陣の時って浅野幸長死んでるんじゃ…
まあ浅野の陣ってことか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    大阪の陣の頃って、もう幸長は亡くなってるよね?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    宗箇って、大出世できなかったね。

    そこまでの人物、だったのか、
    時代にちょっと遅れたのか。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >2さん
    と言うよりも元々が陪臣出だったからでしょ?丹羽家の後に秀吉家臣になった他の人達だって、皆が総じて石高が高かった訳ではないし。
    (独立後の他の人達の石高が1万石~6万5千石位)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    上田ってなんかイラッとくる話が多いな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    植民地の将軍で、「あんなへなちょこ弾が当たるもんか、頭あげろっ」って
    激励してたら、真っ先に射殺されたお茶目な方がいましたね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    そりゃ茶人風情と馬鹿にしている周囲を馬鹿にしてイラッとさせるためだからなw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5125-d62528a1
この記事へのトラックバック