FC2ブログ

“沈勇の士”加藤嘉明

2011年02月14日 00:01

745 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 01:27:33 ID:vdBJgzcm
地味加藤さんのエピソード


“沈勇の士”と言われた加藤嘉明は、必要なこと以外喋らない沈黙の男でもあった。
豊臣政権で大名に列してからもそんな調子で、ある時心配した片桐且元が言った。

「おぬしは諸将の間で寡黙すぎると噂されているが大丈夫か?」

「生まれつきだから仕方が無い。そんなことより我が武辺についての噂はどうだ?」

「おぬしの武辺にケチをつける者はおらんよ」

「ならばよし。他に何を言われようとかまわぬ」


折角の忠告に聞く耳を持たない加藤さんだけに、ちょっと悪い話の方に投下しようか迷ったけど、
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3520.html
と合わせて、武辺へのこだわりや片桐さんとの仲が微笑ましかったのでこっちに。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ハードボイルドな感じでかっこいいな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    男は黙ってって奴か!?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話とか焼け火箸の逸話だとか親父はハードボイルドなのに、
    なんで息子はあんな事に…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ジャン・レノとかリュック・ベンソンみたいで、普通に格好いい。

  5. 名無しさん | URL | -

    なんという燻し銀

  6. 人間七七四年 | URL | -

    むしろ、信頼できる

  7. 人間七七四年 | URL | -

    黙りすぎて息子とコミュニケーション取れてなかったとか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    兼続「殿は諸大名間で寡黙すぎると噂されておりますが大丈夫でございましょうか?」
    景勝「…」
    兼続「さようでございましたな…。ご安心めされ、殿の武辺にケチをつける者などおりはしませぬ」
    景勝「…」
    兼続「さすがは殿にございまする」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    何気に世界的だったジミーさん…

    ttp://blog.livedoor.jp/meaningless88/archives/1612849.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5131-eb3cc48a
この記事へのトラックバック