FC2ブログ

さて、1609年の薩摩の琉球占領から

2011年02月20日 00:00

870 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/19(土) 16:17:24 ID:hvYxp81y
さて、1609年の薩摩の琉球占領から。

1623年に成立した「おもろさうし」のうち、「きこゑ大きみかなし おもろ御さうし」には霊力による
怨敵退散の歌がありますが、そこで薩摩兵は「前坊主(まえぼじゃ)」と書かれています。

半分ハゲっていう意味の悪口ですね。




871 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/19(土) 18:05:29 ID:hNVjagVX
月代か。

872 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/19(土) 18:17:20 ID:Amzrs2k7
琉球って頭剃る習慣ないんだ

873 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 07:54:20.47 ID:/uSiJaMT
>>870
ヤマトマエボジャをニライ・カナイに沈めろって歌ですな
実際、当時の琉球兵は薩摩兵を前にして「悪霊退散!」とかしてるわけで…
平和ボケの恐ろしさは現代にも通じるものがあるな

874 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 08:47:37.00 ID:OHh6Ep+z
>>873
日本でも戦勝祈願はよく行われていたわけで。
平和ボケというほどのものでもない気がする。

875 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 09:39:22.69 ID:hcoJILWV
そもそも琉球王国もあのへんの時代、奄美群島や八重山諸島なんかに侵攻しておる。
当時の琉球=平和国家、っていうのは幻想にすぎんよ。勿論平和国家なんて概念自体
存在しなかったしね。

876 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 14:43:01.33 ID:lM2a2qKk
呪術的な意味合いが強いんだろうけど、薩摩兵に粥をかけたりもしてるね

877 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 14:51:11.45 ID:f9vTY7Jn
阿片戦争では清側が英軍艦相手にババアのケツ並べて大砲萎えさせようとしたってのも有名だね。

878 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 19:19:02.81 ID:YoMMHn1G
>>877
便器って話も聞いたことがある。この手の話って兵の動揺を鎮める方便なのか
指揮官もガチで信じてたのか気になるけど、負けちゃった以上馬鹿にされてもしょうがないのか。
879 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/20(日) 19:25:48.43 ID:tETHQC3Q
>>873
ロシアが日露戦争の時日本を呪っていたらしいぞ。


880 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 19:51:34.58 ID:ObBXpyPd
>>879
WW2の日本はアメリカの大統領を全力で呪殺しました

881 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 20:06:50.62 ID:+EWOGZFq
>>877
一方、琉球王国はノロの陰部を露出させた。陰部=縦に避けた目=邪視
で魔を払うんだとさ。

882 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 20:06:52.13 ID:+A9m+RKN
>>879
その結果日本では大震災が起き、当時のロシアの物理学者カピッツァはこう結論した
「神は、我々から9光年以内にいる」

883 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/20(日) 20:43:27.38 ID:OHh6Ep+z
>>876
粥は立派な兵器だよ。煮えたぎった奴はヤバい。

884 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 20:52:51.30 ID:Ed3Grad4
ヨーロッパの城壁には煮えた油を流す穴があった

885 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 20:58:08.78 ID:IsY/bVbY
ただの熱湯より身体に粘りついてダメージが大きいんだよな>粥

886 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 21:11:45.33 ID:9NLJ9Rqt
要はまとわりつく熱湯だからな
城攻めにおいて守備側の攻撃手段としては割とポピュラー

887 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 21:29:33.26 ID:NYYHUWGU
千早城の戦いか。

888 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 21:57:36.03 ID:kY5YI97A
熱々のウンコよりは精神的にダメージ少ないな

889 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 22:00:07.83 ID:Tl//ucZ0
兵糧を敵にぶっかけるとか
勿体ねえのう

890 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 22:18:44.94 ID:Zv5Ac0ie
兵糧は古くなったり虫食ったりするから
それを使えば大して損ではないよ

891 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 22:20:21.32 ID:vDB6d8xd
>>889
まあそこで撃退しないと永遠にメシ食う必要がなくなると思えば
勿体なくてもやるしかないんだろうねえ

892 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 22:49:16.13 ID:BdNnnsU4
コメで馬を洗うようなもんか

893 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 23:28:47.02 ID:rZmgTEs7
>>892
その米は後で食えるじゃん

894 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 23:31:58.80 ID:rZmgTEs7
と思ったけど
水が無いから米が炊けないのか
だから米自体が無用の長物だったんだな

895 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 01:07:40.43 ID:IxFnV1Fh
>>892
その逸話、いろんな城であるよね。15世紀の筑前の花尾城とか
知ってるだけで4箇所くらいあったような。

896 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 08:45:40.59 ID:foJ28ZtS
似たような逸話が別の場所にってのはよくあることだしな
日本国内だけでのみならず三国志からの引用だったり
この間ムガル帝国誌読んでたら又兵衛の逸話そっくりの話が載っててびっくりした事がある

897 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 09:34:58.68 ID:Ttf8nDYf
遣隋使・遣唐使の時代から、遠洋を航海する船の食事はお粥で、ずっと米をにっぱなしだった。
もちろん、海賊に襲われた時にぶっかけるため。

898 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 12:34:55.30 ID:0SC68FmZ
宗茂「粥を食べたい時は指示するから気使い無用」

900 名前:876[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 18:34:58.49 ID:k57PnUeF
>>883
直接かけたんじゃなくって、道や坂で流して、足を火傷させようとしたんだけれど、これは琉球における悪霊祓いの
儀式と同じものなんだそうだ

905 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 19:41:56.20 ID:c3te5Qui
>>900
もとはは人間相手の」足止め戦術だったものが、悪霊相手にも使われていたってことじゃないかな。
草鞋履きならそれなりに効果がありそうな気がするんだけど、

906 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 22:41:21.08 ID:I11qOmd1
あれ、普通に油や糞尿と並んで使われてたと思ってたがそんなことは無かったか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    既出の朝倉旧臣の山崎さん、
    坊主じゃなかったっけ。

    つまり琉球人の価値観は
    「ハゲ」「半ハゲ」「ふっさふさの俺達」
    という分類しかないんだな。

    じゃ、
    琉球人のFUSSAさんはどうしたらいいのか。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    明との国交正常化までは占領状態だったけど
    以降は悪口言えるまでには統治権を回復したんだよな琉球
    密貿易で琉球文化が発展したんだから皮肉な話だ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    沖縄出身のダンスグループは関係ないだろ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    説明が無きゃFUSSAが何なのか分からなかった

  5. 人間七七四年 | URL | -

    確か琉球ではかんざしは制度だったと思う
    位によって着けていいかんざしの種類が違っていて、男子も女子も身に着けてたんだと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>898を見て
    兵器として城壁から必死で粥をぶっ掛けてる琉球兵に真顔で
    「いや、粥食べたかったら言うから勝手に炊かないでよ」
    っていってる宗茂を想像してしまったw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >>879>>880
    WWⅡのときは
    ヒトラーがロンギヌスの槍と聖杯を求め
    イギリスが全力でヒトラーを呪い
    アメリカがブードゥーの司祭に呪殺を命じ
    漢民族が関帝廟に泣きつき
    日本は宗教総動員で勝利を祈願し
    フランス人が悲劇の人生を嘆いた。


    一方イタリア人は砂漠でパスタを作り水がなくなっていた。



    を思いだした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5152-487a538d
この記事へのトラックバック