FC2ブログ

板倉周防守勝重、京の街を通ったときに

2011年03月04日 00:00

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 00:47:24.66 ID:4SO40kY3
ある時、京都所司代である板倉周防守勝重が、儒者であり、あの林羅山の弟である林永喜を同行して
京の街を通った。

所司代の通行である、それなりに格式ある行列で進むのだが、この時、その行列が通っていると
いうのに、ある店舗の端の方で町人の男が、足をだらんと投げ出し鼓を打っているのが見えた。
しかもこれが、余りみっともいい姿ではなく、どうやら足の間から褌なども丸見えというような
ものだったらしい。

これを見つけた林永喜は甚だ怒り

「所司代が通るというのに形も改めず、あのような尾籠な姿で鼓を打っているとは何たる
不埒者でしょうか!あいつは所司代を侮っているに違いない!直ぐにここへ連れてきて
お叱りなさるべきでしょう!」
と、いかにも儒者らしい意見を申し上げた。
ところがこれに板倉重勝、

「いえいえ、私は全く別に考えました。あれでいいのですよ。

仮に私が公事(裁判)を裁くのに依怙を用いていれば、町人たちは私を恐れ、私という存在に
へりくだり非常に気を使うことでしょう。

私は誰であっても公事、訴訟の事があって司代の前に出るときは、その理非のみを見て
判断するようにしています。そのためでしょう、『あの所司代は普段は恐ろしくない』と、
町人たちに思われるようになりました。

そういう事だから、今のように我々の行列を見ても、彼らは姿を改めないのです。
逆に町人たちが私を恐れひれ伏すような事であれば、その時は私が恣意的に、
その権力を使っているということなのです。
だから町人たちが私の姿を気にしていない間は、自分が公平にこの職務を行っていると、
それを確認できるのです。」

林永喜はこれを聞いて、甚だ感服したという。

板倉勝重は町人の姿を見て己の職責の有り様を見る。と言うお話。




33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 02:48:07.23 ID:D5OfQ3fb
良い話だな。
良い話だが、当時の感覚として褌が丸見えって今の感覚にしたらどんなもんなんだ?

ズボンのチャック全開みたいな感じか?

34 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/03/03(木) 03:31:11.94 ID:OcJQHdM1
>>32
今の政権与党の連中に爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。

35 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 06:32:49.56 ID:6gyWTf+a
>>32
大学に「民に親しむ」とあるし、この場合、儒学的にも板倉さんが正解じゃね?

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 08:28:42.78 ID:gcMn2922
>>34
野党だってひでぇ~もんだ


37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 09:06:26.46 ID:ebSDc3Zh
>>35
まぁ、所詮、羅山さんの弟からさぁ~
しかし、板倉さんちはやはりただの三河武士じゃないwww

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 10:43:44.96 ID:9V9Qzw9Z
なんだか納得できるようなできないような

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 12:40:39.58 ID://jj0+3P
恣意的は誤用だな。
ある意味正反対な意味を持つ言葉なのに。
スポンサーサイト





コメント

  1. 上野毛 | URL | -

    恣意的は誤用だな ある意味正反対な意味を持つ言葉なのに

    ってどういうことですか?
    わかる方教えてください!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    現代ならチャラいヤンキーがうんこ座りしてハミパンしながら、
    ケータイで大声でバカ話ししてるかんじじゃね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    現代風に言えば「法治か人治か」ってことなのかな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    戦後、着るものすら無い時代。裁判官は見た目で判決してたから弁護士が憤慨して被告にスーツを支給する運動をしてたな。

    今でもすんげぇ良いスーツ着て謝罪会見だから変わってないよな…。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    恣意の本来の意味は(その場の)思いつき
    転じて自分に都合のいいという意味だから逆と言ったら逆かなあ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    首相や元党首の脱税やら内部抗争やら・・・

    今政治が完全に堕落している状態だから、余計眩しく見える逸話だ

  7. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    これは、中国でいうところの鼓腹撃壌ではないのかな。
    あれは太平の世の形容そうだから、ちょうど合うし。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    最近の国会は与野党のケンカ中継だもんな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    恣意=一定の考えに沿わないその時の思いつき
    多分「自分のほしいままにする」という意味では「我田引水」が適当じゃないかと

    米7
    そういう事だよなぁ>鼓腹撃壌
    訴訟に関わらない人からすれば、板倉勝重がいてもいなくても同じだろうし

  10. 人間七七四年 | URL | -

    恣意的=その場の思いつき。なら合ってないこともない、かな?

    >7
    言われて思い至りました。多分、そういう意図の逸話なんでしょうね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    これが民主党の所司代ならマスコミ見て見ぬふり、
    自民の所司代なら袋叩きキャンペーン。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >これが民主党の所司代ならマスコミ見て見ぬふり

    まだ、こんなこと言っている奴がいるのか

  13. 人間七七四年 | URL | -

    今も昔も、庶民のやることに対して重箱の隅を楊枝でほじくるようなお上はロクなもんじゃないってことです。
    それと同じ様に、お上のやることに対して重箱の隅ばかりほじくって肝心の料理の味見を忘れる庶民もロクなもんじゃないってことです。

  14. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    前田慶次郎はんが買い物に来ていたら、投げ出した足に値段をつけて買い取っちゃう(叩っ切るとの口上つけて)場面だったかもね……
    神君が江戸に幕府を開いて、世の中穏やかになったもんですよ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    板倉さんで良かったねwこの人自身の人格が優れているからこそ出来る判断なのでしょうね。

    森さん家だったら、「直ぐにここへ連れてきてお叱りなさるべきでしょう!」が、
    「直ぐに切って片付けておきました」だろうから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5186-ab3d9b7b
この記事へのトラックバック