FC2ブログ

すごい人、柴田小左右衛門

2011年03月06日 00:01

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/05(土) 18:29:35.70 ID:4ZMJgjIY
いい話というかすごい人がいたという話

高橋紹運配下で、岩屋城の前線砦である龍ヶ城に柴田小左右衛門という強弓で有名な武将がいた。
どれくらいの強弓だったかというと、天正14年9月に筑紫広門勢が攻めてきた時の言い伝えが残る。
敵情視察の命を受けた小左右衛門と他兵士6名が筑紫広門勢の方面に進んでいたら
ぱったり筑紫隊にでくわした。相手が小勢と見て筑紫隊が一斉に攻めかかったところ小左右衛門は
畦の上に登り狙いを定めて矢を放ち、その矢は一町余り(約109m)先を突進してきていた
筑紫方の将の鎧の胴版を射抜いたばかりか、さらに後ろにいた兵士4~5人を一斉に射抜いたという。
どこの『花の慶次』の登場人物だろうかと言わんばかり。

どんだけ~と思われるかもしれないが、ただの伝説では終わらない話がまた別に残っている。
小左右衛門は日々弓の鍛錬を行っていたのだが、それがなんと、2km以上先にある
たたみ二畳分の大きな石に向けて弓を引きまくっていたのだそうだ。この石は「的石」と呼ばれ
現在も筑紫野市阿志岐の田んぼの中に残っている。そりゃ一町程度の距離なら簡単に当てられる精度も
4~5人は貫通させる強さもあったのかもしれないと思わせてしまう。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=%E7%AD%91%E7%B4%AB%E9%87%8E%E5%B8%82%E3%80%80%E5%A4%A7%E7%9F%B3&lr=&ie=UTF8&hq=&hnear=%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7%AD%91%E7%B4%AB%E9%87%8E%E5%B8%82%E5%A4%A7%E7%9F%B3&gl=jp&ll=33.509697,130.563154&spn=0.031632,0.054331&z=14&brcurrent=3,0x35419c91312ca24d:0x60946b760ad31433,0
龍ヶ城近くの大行事原というところ(リンク先地図のA地点あたり)から矢を射ていたそうだから
阿志岐(地図左下に阿志岐小が見える)まで2km・・・どころか3km近くあるかもしれない。
ちなみに龍ヶ城はA地点の右、笹尾山の左側、農業試験場の後方の山にあった。




72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/05(土) 19:35:01.97 ID:WKcvJfcW
右半身だけが極度に肥大していたに違いないw
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    射程300mのロングボウを操るには引く力が45kg必要で、
    習得した人間はものすごく左右のバランスが悪くなるとあった。

    バリスタみたいな弓を機械に頼らず腕力のみで操るわけだからもはや人外

  2. 人間七七四年 | URL | KEYj9RPo

    いくらなんでも、弓で2km以上は無理でしょう!!!
    現在でも相当な戦力になりそう。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    内藤正成(一矢で二人貫通)を超える奴が居たんだな。 江戸時代でもこんな感じの逸話あるから、少なくとも江戸代までは人外多かったんだな

  4. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    そういえば元寇の時、弓の本場というかグローバルスタンダードの
    モンゴル人が

    「日本の侍の弓やばいガチやばい。」

    ってものすごく恐怖した記録があるなw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    現代でも、アーチェリーやフェンシングの選手は左右非対照はデフォ。


    つか野球選手ですらそうだよ。
    新庄の腹筋とか見てみな。

    ダルビッシュはそれを意識して、
    わざと逆の腕での投球練習もしてる。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    七人張りなら弓に420kgの力をかけて弦を張っていたらしいから、2kmくらい飛びそうだな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    一方鎮西八郎は一矢で軍船を沈めた

  8. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    デイブ「一体、何を標的にするんだ?」
    柴田13「2キロ先の的石だ」
    デイブ「おおっ、クレージー!」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >4さん
    元史日本伝辺りだろうか?日本との弓の射撃戦で負けて、弓ももう無いと書かれてますね。後、絵で見るならば「蒙古襲来絵詞」では騎射突撃して居る武士たちと、それに射抜かれている蒙古軍がちゃんと描かれてますね。

    未だに「日本軍は元寇にボロ負けした」と言う人居ますからね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    蒙古襲来絵詞は教科書だと日本武士がやられてる場面だけ切りとって載せてるからな。
    どこの国の教科書だよと思うわ。
    今の教科書もそうなのかな?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>5
    >新庄の腹筋とか見てみな。

    いやいや、見る機会とかねーよwどこにいるかも分からないし
    逆投げ、逆打ちの練習はバランスに気を遣ってる選手ならたいていやってんね

    身近な野球経験者で違いを知るなら、両手を見せてもらうといいかも
    グローブを嵌める手の方が大きくなってるはずだから

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >右半身だけが極度に肥大していたに違いないw

    花慶の岩兵衛ですねわかります

  13. 人間七七四年 | URL | 0Q3WCu86

    ※4
    モンゴル騎兵の本領は疾走しながらの射撃らしいし、海岸付近での射撃戦なら日本有利で不思議じゃないな。
    というか日本の強弓はやばい。三十三間堂の通し矢で、弓の張力は70キロ必要とかいう話がある。
    そんなもんを二十四時間で五桁引くとか正気じゃない。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    柴田大左右衛門というもっと凄い人がいたかもw

  15. 人間七七四年 | URL | -

    弓道部の女の子を裸に剥くと、左右がアンバランスなんだろうか?
    なんかちょっと萎えw

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    すげぇ鍛えてない人間でもない限りそれはないだろwww

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    そのネタが絶対来ると思ってました

    ※15
    胸筋が鍛えてあるから弾力があってとても良いよ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    与一「それがしは上の者達に比べれば大したことが無さそうですな」
    大関「いやいやぬしも立派な人外じゃ、那須家は怖いのう」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    小中高大と野球やってるが、別に手のデカさは変わらないし周りでもそんなやつ見当たらない。






    ただ腹筋は半個ズレてるけど。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    バイオリニストもマジで左右非対称だからな
    まあそういう状況になれば気にならないけど

  21. 人間七七四年 | URL | -

    何故だろう
    米17に惨敗した気分だ…(*´・ω・`)

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    そもそもあの絵は日本優勢で崩れる元軍、という場面に

    弓を射かける元兵3人を加筆してある。


    もともと事件の当事者が作らせた見ごたえのある重要な文化財なのに、

    加筆のせいで読み取れる情報が変わった悪質な資料。

  23. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    女子の引く弓とか10㎏からある。
    男子のガタイのいい人でも普通30㎏位まで。
    大抵は20㎏いかない。強い弓より型が優先だからね。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※23殿
    人を射るためのものじゃないですものね。
    ちなみに私は13kgから14kgで引いてました。(女子)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5193-34402d6b
この記事へのトラックバック