FC2ブログ

清水宗治、切腹前日に

2011年03月18日 00:03

375 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/16(水) 21:15:26.66 ID:lG4vdcEB
高松城の守将、清水宗治が明日、切腹をするという日のことである。

宗治は左右のものに命じて髭を剃らせた。これにその場にいた者達は聞いた

「我らの命、もはや旦夕に迫っております。長左衛門(宗治)様はそんな時期に何故、
髭を剃って容貌を整えるのでしょうか?」

宗治、彼らを返り見ると笑って

「それはな、秀吉が私の首を信長に献じたとき、もしその首が垢付き鬚髯蓬々としていては、
宗治の奴め久しく包囲されていたため、顔は憔悴して少しの生色も無し、などと嘲られるではないか。
私はそれを大いなる恥辱だと思う。だからこうして整えるのだ。」

と語ったという。

のち、明智光秀を滅ぼし小早川隆景と再開した秀吉は、隆景にこう言ったという

清水宗治は、武士の鑑であった。」


清水宗治、切腹前日のエピソードである。




376 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/17(木) 11:57:31.40 ID:nLDsgA/O
死に際だからこそ身奇麗さを気にするというあたり
まさに武士のダンディズムだな

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/17(木) 12:00:44.17 ID:yMqHK86B
よく目やにがついてると恥だとか言うが
フケは恥にならなかったのかな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    身なりを整えるのは基本だったはずだが、おれの憶え違いだろうか。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    首級って、髪を整えたり化粧を施してから主君に見せるんじゃなかったっけ?
    髭はともかく、顔色は化粧されて判断出来なくなると思うんだが・・・まあ単に気持ちの問題なんだろうけど

  3. 人間七七四年 | URL | -

    目やにが着いている→最期見苦しく泣いたんじゃね?
    とか言うことなのかね

    しかしなんとなくだけど、切腹まわりのエピソードが多い人だね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この時の首実験は状況的にかなり急ぎだったろうから、首は血等を洗い流して小奇麗にした直後に秀吉の前に出されたと思う。死化粧施してる暇は無かったのでは?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    俺も死期が迫ったらHDと薄い本を整理したいと常々思ってる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    フケ・・・
    もう首だけだから、水に沈めてジャバジャバ洗えそうだな
    と思ったがグロイな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    フケはシャンプーで洗っても数時間で出る人は出るからねぇ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    米6殿

    結構そんな感じで洗っていたらしいですよ

  9. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

     大坂陣の木村重成もそうだし、天晴れ武士の鑑、だったんだろうなー見事こういう最期を遂げたらば。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5231-01525ff2
この記事へのトラックバック