FC2ブログ

能にはまる水野さん

2011年03月26日 00:00

349 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 10:08:06.83 ID:SC+MAhB5
能にはまる水野さん

大阪の陣後、福山藩を手に入れた水野勝成
福山城を造築した際、廃城した伏見城からも資材やら、分解した建築物を運んで
福山城の建築に利用したらしいが、

その時一緒に、ある貴重な物も福山城に持ち込んだ。
それは能舞台である。

能舞台と言っても、ただの能舞台ではなく
かつては秀吉も使ったとされる、貴重な組み立て式の能舞台であった。

そんな能舞台を、秀忠から
伏見城にあったものだからと言うので、勝成は拝領したのである。

当然、勝成も大喜び
そう勝成もまともな武士であるから、幼いうちから教養としては身につけており
能にはひとかたならぬ思いがあったのである。


こうして、能舞台を拝領してしばらく後のこと
勝成は当時の能楽の名人の喜多七太夫の息子「寿見」を自分のところに呼んだ。

呼び寄せるからには当然理由があって
勝成は能舞台で、この寿見に能を演じて貰いたいからであった。
演目は「道成寺」であった。

これに対し、寿見は
「道成寺」をこの場で演じるには難しいと言った。

演じる為には、周りの者との熟練の呼吸が必要で、
周りの者つまりは「勝成の家臣」の鼓で
舞うのは嫌だと暗に諭したのだった。

これに対して勝成は相当キレたらしく
寿見はすぐに夜逃げして福山から離れた。

頼んだ事を断り、なおかつ夜逃げという失態
こうなると後が怖いので、

それを知った寿見の父親の当代一の名人、喜多七太夫
息子の後始末のために、異例とも言える
遠路はるばる福山まで足を運び「道成寺」を演じると言う
謝罪の講演を行い、勝成はご機嫌を直したとされる。


半生はDQNで藩政はまともでも
その一方で芸事にはうるさかった、水野さんのお話。




350 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 10:55:44.72 ID:QJHwK6a9
NO--!!

351 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/03/25(金) 23:05:02.94 ID:rpEdG3ZT
「道成寺」って佳境で鐘が落ちてくるやつでしょ?
視界の悪い能面かぶって鐘の真下に入らないといけない。一歩間違えば大惨事。
これで能役者が頭打って死ぬ話がなんかの漫画にあったな。

352 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 00:33:01.10 ID:JYTAEehH
そいつはおっ鐘ー

353 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 02:07:48.77 ID:59IeSGJ6
舞い手だけでなく、周囲の人間の段取りも完璧じゃないとダメなんだと
前にかじった本に
「道成寺みたいな命の危険が伴う舞台でも、百回やって百回とも当然に成功するのがプロ」
って書いてあったなー
つまりプロでないと死んでもしょうがないような演目なのか

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/28(月) 19:34:40.96 ID:GVYZEZlA
>>351
ギャラリーフェイク
スポンサーサイト


コメント

  1.   | URL | -

    昔映画化された、浅見光彦の天河殺人事件、
    鐘が頭に落ちて来るんだと思ってたら、違ってたな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    漫画は「ギャラリーフェイク」やね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    細見氏の「ギャラリーフェイク」にもあった。
    いわくつきの肉付き面を装着しての能舞台。能舞台そのものは
    芸術に煩い主人公を感嘆せしめたが、その直後、実は
    鐘が落ちたときに頭ぶつけて死んでいて・・・なホラーじみた話だった

  4. 人間七七四年 | URL | -

    うちの子たち、喜多流の能を習ってます。
    へええー、水野さんがねえ・・・。
    面白いな、しっかりお稽古するよう言っとこ!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    片目のあの人に脅迫されたり散々だな喜多さん

  6. 人間七七四年 | URL | -

    真性DQN行動だろ、これは。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >勝成もまともな武士であるから

    またまたご冗談を

  8. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも何かしらあって、事故に見せかけて殺してしまおうとしていたのかも

  9. 人間七七四年 | URL | -

    水野さんは自ら演じるのも好きだった様で
    島原の乱の時、終わったあとその場で八島を舞ったり
    また拝領した能舞台でも、能の心得のある家臣たちを使って
    能楽を楽しんでたらしい

    ちなみに水野さんとこお抱えの能楽師は
    後の改易後も福山に残ったのだけど
    明治になってその能楽師の家が途絶えてしまい
    その後、福山藩士の家の人が宗家まで行って修行し能楽家になり
    今も喜多流の能を受け継いでるそうな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    でも、これで寿見のことを
    お手討ちにしてたら、五霊鬼の仲間入りだったろうなw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5250-bd3fffe0
この記事へのトラックバック