FC2ブログ

藤原惺窩、大坂の陣の大野治長評

2011年04月11日 00:00

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 10:02:51.43 ID:dl7dbx7K
大坂の陣が終わって間もなくのある時、戸田左門(一西(かずあき))と松平越中守定綱が
明寿院(藤原惺窩)と座談し、この大坂の陣のことなどを物語った。

二人の話を聞いた藤原惺窩

「大野修理治長にせめて石川五右衛門ほどの器量があれば、もう少し功も立てられたでしょうに。
それに冬の陣では大阪城から遠所を焼討ぜず、夏の陣で堺、奈良を焼討したのは、戦略として
前後が入れ違っています。」

と感想を述べたという。
(武功雑記)




577 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 15:25:51.38 ID:tLkCR/1M
後半はともかく前半の比較対象はなぜ石川五右衛門なんだろう。
盗賊としては大勢力を率いていた人だが。

578 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 18:09:34.84 ID:rn9Zj9Q1
大野には盗賊の頭ほどの器量も無かったってディスってるんだよ

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 18:25:21.26 ID:aX2N2eIv
青果さんは口が悪すぎるうえに明人に日本は征服してくれ、なんて頼む売国奴だから好かん

580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 18:35:55.09 ID:tLkCR/1M
>>579
それは朝鮮人の姜に言ったこと。>日本は
「今の日本は酷い状況」といったあと「それを正す為に来たと言って朝鮮や明が攻めて来れば白河の関まで行ける。
もし日本のように殺戮を行えば対馬も取れない」と言っているので
売国云々ではなく秀吉批判の言葉と見るべきだろう。

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 19:27:27.50 ID:oVkqdWPw
>>580
惺窩センセイは実家の再興を秀吉にスルーされて以来、アンチ豊臣なんだよね。
秀次の学問好きに対しても「学問が汚れる」とかヒデーこと言ってるし。

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 20:38:43.97 ID:mqFPgh0J
>>582
でも石田さん家の正澄くんとは仲良いよね

585 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 20:41:32.35 ID:aATYM/kH
>>582
儒者はそんなもん。

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 21:03:21.36 ID:yvHvm2FL
儒学なんてクソの役にも立たないのに藤原惺窩とかいつも偉そうだよな
武将とか小バカにしてるし

そういえば信長公は地球儀を献上されたとき、地球が丸い事を説明
されて即座に理解したのに対し、儒者の林羅山は地球は平たいと主張
して絶対に譲らなかった

儒学は先例やしきたりにこだわってばかりで、新しい発想や合理的に物事を考えるという事しないからやればやるほどバカになるのにw

587 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 21:17:22.02 ID:bmSwCh0j
林羅山は「右僕射」の意味を曲解したり、
『豊臣秀吉譜』で劉備が諸葛亮に自分の死後を託した話を、
まんま秀吉と家康にそれに丸パクリしたりと曲学阿世の典型的存在
時の政権と癒着しすぎたばかりに道春点の発明や
吾妻鑑の研究といった学問的業績が霞むほどの汚名を残したね

588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 21:19:57.90 ID:dl7dbx7K
>>586
> そういえば信長公は地球儀を献上されたとき、地球が丸い事を説明
> されて即座に理解したのに対し、

それは作り話の中のこと。
つーか儒教よく知らないだろ君w、儒者ってめちゃめちゃ頭いいぞ。
あの人達の書いた本を、同時代の儒者以外の著作と比較しながら少しでいいから読んでみろ。

589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 21:33:55.51 ID:gPc/grd5
今更、死んだ学問なんて誰も読みたくない

590 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 21:38:53.35 ID:aX2N2eIv
儒学はいまだに中国で盛んじゃね?孔子はいまだに神同然だし

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 21:45:32.32 ID:dl7dbx7K
儒教は死んだどころか東アジアや東南アジアで未だ強固に生きているし、
この中国の台頭で世界思想として大復活する可能性すらあるぞw

つーか戦国時代に興味が有るのなら、儒教勉強しないとあの時代は全然理解出来ないんだが。
戦国時代の日本の思想の基本は、儒教ベースの「天道思想」だ。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    セイカさんはわりかしまともな人だと思うけどなぁ
    スゴく気難しいけど

    後羅山の家から天保の妖怪が出たのは見過ごせ無いと思う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    儒学ってのは学問よりも宗教の「儒教」って呼んだ方が内実に合ってるような気はする
    (元々、学問と宗教は不可分だったけどさ)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    本スレでこの話題まだ続いてるので
    当日00時に上げることにこだわらなくていいのでは?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    今までも本スレで日を跨いで話題が続いている場合は
    その部分を後で追加してくれているから
    いちいち気にしなくてもいいんじゃない?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    儒教と儒学は別物と考える人もいるな。
    あくまで学問とする人、金科玉条にする人、様々だし。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    儒学者が最低なのは、「俺、こんな難しいこと知ってるんだぜ?知らないお前はカスだなw」と言うことだからな…。

  7. 人間七七四年 | URL | KAms/y7Q

    ※6
    論語や孟子を実際読んでみると、そういう態度を取るような輩こそ批判されてるんだけどね

    まあ儒教に限らず仏教も老荘思想もキリスト教も興ってから時代が経つにつれ、
    その時代ごとのニーズなり風潮なりに合わせて変化していったわけだし、仕方ない面もある

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※2、5
    中国のは儒学というドグマをもった儒教という宗教。
    日本はそこから学問部分だけを頂いてついでに魔改造も施したwので、日本の儒学はもはや本家とは別物といっていい

    キリスト教が布教にきても必要な知識だけ頂いたのと同じだけど、
    美味しい釣り餌だけくってシンパにならない日本て、向こうにしてみたらむっちゃ嫌な客だよな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    中国からの留学生に聞いたら、若い人は儒学みたいな古典にはあまり興味ないっていってたなあ

  10. そもそも孔子は一度も自分の教えを儒教や儒学と読んでない。
    朱喜が滅茶滅茶に改竄した朱子学が日本に入ってきて尚更カオスになった。
    もはや孔子の教えの原型がない。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    腐ってるのは儒じゃなくて儒者。
    どんな学問も宗教も、教典だけなら読む価値あるよ。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    世界思想として大復活ww
    寝言は寝て言えww

  13. 人間七七四年 | URL | -

    中国はなぁ…
    ディスるつもりはないんだが平気で捏造改ざんするからなぁ…

    孔子にしても孔子の母が独身のまま孔子を生んだのがまずいからって「孔子は神の子!」にしたりしてるし

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    同意。解釈する人間だよね。
    経典は人生の教科書というか人間の本質って普遍って思い知らされる。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >孔子にしても孔子の母が独身のまま孔子を生んだのがまずいからって「孔子は神の子!」にしたりしてるし
    大工の息子がこっちみてるぞ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    普通にいいこと書いてあっても拡大解釈するのが問題だよなぁ
    ましてや恣意的な運用とか

  17. 13 | URL | -

    >>15
    キリストくんには「神」の父と「大工」の父がいるじゃない

    孔子くんの方は「儒教とか言ってるけど孔子が既にヤリマンの子じゃねーかwww」ってディスられたから「孔子様は仙人の子!ただの私生児じゃない!」って後付して、しかも「そっちじゃ神獣扱いの麒麟が孔子様の母親に伝言に来たんだぜ、孔子様の父親からすれば麒麟もパシリなんだよwww」というディスり合いに…

  18. 名無し丸 | URL | -

    そもそも儒者が戦略云々を語るのっておかしくないか? 負けた側の戦略なんてどうとでも批判出来るんだから、正しいかどうかもわからんし。

    それと中国における儒学と思想は文化大革命で破壊されたし、中国人を見ればいかに疎かにされてるかわかるだろう。
    西洋人からは馬鹿にされてるし、ありがたがってるのは日本人くらいだよ。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    そういえばみんなスルーしてる某半島は日本の数十倍儒教が染み付いてると聞いたが?

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >>18
    儒教の経典の易経は西洋にてキリスト教的超絶ウルトラ解釈をして翻訳され、一大思想潮流を生み出しました。
    啓蒙思想・革命思想です。フランス革命は易経の思想が下敷きになっとります。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    キリスト教的超絶ウルトラ解釈されて翻訳された易経が、本来の意味を伝えられたかが非常に疑問です

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    つまり戦国BASARAと史実の戦国時代との関係みたいなもんだよ

  23. 人間七七四年 | URL | -

    原型留めてないのかwwwww

  24. 人間七七四年 | URL | -

    儒教はみんながその地位に応じた(ふさわしい)行動をとれば社会は安定するって言ってるだけなんだけどね

  25. 人間七七四年 | URL | -

    中国にある段階で原形とどめてないんだろ儒教って
    そりゃ儒教じゃない何かになってるって

  26. 人間七七四年 | URL | -

    儒者は今でも官庁やらマスコミやらにいっぱい居るよ。
     政治改革=倹約と増税
     老人を敬うだけでなく言う事を聞け
     間違っている社会に適合できないのは甘え。社会を変えるのは不孝。
    etc

  27. 人間七七四年 | URL | -

    一方、某半島では超ウリトラ解釈されるのであった>易経

  28. 人間七七四年 | URL | -

    仏教も実はブッダの教えなのかわからないんだよな
    経典とされてるのが「ブッダの弟子が残した」もので、一応その弟子が一言一句完璧に記憶してたってことにはなってるけど…

  29. 人間七七四年 | URL | -

    >28
    生まれた年すら世紀単位で誤差の出てるシッダールタさんの弟子という時点で、「・・・それマジで?」っていう気分になるのは一人二人ではなかろうな。
    でも逸話と同じで、それが本当かどうかはともかく、「あの人ならこんなこと言うと思う!」っていうイメージを伝えてくれる部分はあるかもしれん。

    しかし、孔子もイエスもソクラテスもブッダも、自分で本を書いてないよなw
    偉人と呼ばれる人とは、自分の言葉を文字に残さず、他人の記憶の中で「あの人凄かったよな。なんかこんなこと言ってた気がする!」を無限増殖してもらう人のような気がしてきたwww

  30. 人間七七四年 | URL | -

    後発のムハンマドさんですら書いてないからなぁ…でも編纂したのがかなり早いからそんなに乖離してないとは思うけど

  31. 人間七七四年 | URL | -

    自分で書いたマニさんの宗教は消滅したからな…

  32. 人間七七四年 | URL | twqXSQ4U

    儒学知らないきゃ戦国が理解出来ない?バカ言っちゃいけねーよW
    儒学がご当地でどんな扱いだったかご存知ねーのか。我が国でもだいたい似たようなもんだ
    項羽劉邦からやり直せ

  33. 人間七七四年 | URL | -

    項羽劉邦のころと宋学の影響が強まった時代と一緒にしているのがいるな

  34. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず儒教というと、ミソでもクソでも
    批難したがる奴って結構いるがハッキリ言ってウザいな

  35. 人間七七四年 | URL | -

    >今更、死んだ学問なんて誰も読みたくない
    こんなのの素性なんてお察しだろ。
    儒者アンチこんなのばっかだもんな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5311-ebaf22c8
この記事へのトラックバック