FC2ブログ

徳川家康、金の開扇の馬印、由来

2011年04月16日 00:01

984 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 19:00:52.51 ID:pN9Qo1Sh


徳川家康の馬印といえば有名な金の開扇であるが、家康の馬印が扇となったのには
こんな理由があったそうだ。

永禄8年(1565)というから、家康22歳の時のことである。
三河統一を進める徳川家康は東三河の拠点、吉田城(当時今橋城)攻めの軍勢を出撃させた。

さて、その軍旅の途中休憩を入れ、家康は橋の側にあったお堂に腰をかけた。
そこでふと、「これは何のお堂であろうか?」と周りの者に尋ねた。
すると一人が「これは太子堂です」と申し上げる。家康これを聞くと

「さては守屋退治の聖徳太子であるか。なればこれは今日の吉端であるな」

そう言って皆と笑った。と、その時不思議なことが起る。空から開いたままの一本の扇が、
家康のもとにヒラヒラと落ちてきたのだ。
この扇、黒骨に白地であったとも、金地であったとも伝わる。

周りに怪しい者もおらず、皆大変不思議なことだと思ったが、家康は太子の霊験かとも思い
「ふむ…、これを今日の馬印として使おう」
と言い出した。

そして扇を馬印にしたこの日、徳川軍は見事に吉田城を攻略した。
これ以後、家康の馬印は開扇と決まったのだという。

ちなみにこの吉田城攻略の日は、その月の二十日であったという。
この吉田城陥落で家康は三河統一をほぼ確実にしたが、家康はこれを記念し、
徳川家において具足祝は二十日にするようになった、とのことである。

家康の馬印にまつわる逸話である。




985 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 22:26:49.33 ID:5uJs87VM
大徳川展で出品番号1だったな

986 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 22:41:14.81 ID:CnKEhfPf
大徳川展といえば具足が結構たくさん出品されてて、関が原で家康が着用したとされる
南蛮具足がかなり格好良かった

あと家康が関が原で着用した具足で有名なのは大黒頭形兜伊予札黒糸威胴丸具足
(歯朶具足)だけどこっちは戦の前に大黒天の夢を見たから作ったんだよな

家康吉夢見すぎ

987 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 22:58:47.48 ID:NjAxzWvz
大黒天の頭巾の話も有名だよね。
なんか社会の授業では下を向いて暮らせみたいな解釈になってるけど、
本来はイザという時に上を見るために下を向けという教え
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    焼き味噌の時といい、家康ってかなりプラス思考だよね。
    普通に考えれば誰かのが風で飛ばされて来たと思うだろうけど
    そこを自然と縁起物に結びつけてモチベーションを高められるあたり
    非凡な発想の持ち主だと思う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >1さん
    と言うよりも、当時の武将がそう言う風に士気を上げる処世術を身に付けないと
    やって行けないと言う事ですね。軍師も元々は吉兆凶兆を占う人ですし。
    だからこそ「パフォーマンス」の上手い人の軍は「大体」強い筈。


  3. 人間七七四年 | URL | -

    鳥羽伏見後の逃走で慶喜が大阪城に置いてきたとかいう話もあったけど
    残ってるんだね
    やっぱ紙製ではないのかな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    信長「加藤、勝とう。」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >本来はイザという時に上を見るために下を向けという教え
    心に残る名言ですね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    新門辰五郎が単身、東海道を下って持ち帰ってますね。
    慶喜との個人的な交流・火消しの話もありますが、
    徳川家にとってはこれが一番大きい功績でしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5324-643ab5d5
この記事へのトラックバック