FC2ブログ

朝鮮の儒者、姜の息子

2011年04月17日 00:10

姜   
687 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 02:31:38.73 ID:QfRJhFm4
慶長の役で捕えられた朝鮮の儒者姜
彼には竜という幼い息子がいた。
その名は妻が妊娠した頃に姜が見た児竜が水中に浮かぶ夢に由来し
姜にとっては30歳にしてようやく得た跡取り息子であった。

慶長の役で姜は一族と共に日本軍から逃れるべく船で北に向かっていた。
が、その途中日本軍の軍船が姜達の船に襲いかかってきた。
姜たちは一斉に船から飛び降りて陸を目指したが結局ほとんどが捕まってしまい
日本軍の軍船に引き上げられて帆柱に縛り付けられた。

この時赤子の竜は軍船に回収されることなくみぎわに打ち捨てられ
やがて潮が満ちると共に浮き上がり、しばらく聞こえていた泣き声もやがて途絶えた。

水中に浮かぶ竜の名を持つ子が水中で死んだ話




688 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 03:05:50.43 ID:gahcSTK3
ほんと、朝鮮の役は悪い話に事欠かないな…
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    誇大なこと言ってたら、矮小な結果が出ました。


    という半島定型。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    出典がどこだか分からないけど
    乳飲み子見捨てて逃げましたとは書き辛いだろう。

  3.     | URL | -

    *2
    儒教的な考えだと、子は親の為に死ぬのが当たり前ですから、
    当時の朝鮮ではそれ程身勝手なこととは思われないはず。

    親としてはかなり悲愴だろうけどね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5326-a0787ab4
この記事へのトラックバック