FC2ブログ

長宗我部盛親の悪い話、井伊直孝のいい話

2011年04月22日 00:01

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/21(木) 21:05:07.62 ID:McsYp8ep
長宗我部盛親の悪い話、井伊直孝のいい話。

長宗我部盛親、板倉勝重の尋問に(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3353.html)の後の話
捕縛後の長宗我部盛親・いい話(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-360.html)にも繋がるのかな?
手元の資料では板倉の尋問後のエピとなってる。

尋問が済んだ後、塀の支柱に盛親は繋がれていた。
そこに年老いた番人が黒米と赤鰯を山折敷に盛ったものを食べさせようとした。

だが、その扱いに盛親は、悲痛な声で番人に訴えた。

「戦に敗れて捕虜になることは、古今に例のないことではないから恥だとは思わない。
 だが下僕扱いをするというのはあまりにひどいではないか?
 このような扱いを受けてまで食おうとは思わん、早く命を絶ってくれ。」

たまたまその現場を通りかかった井伊直孝は、盛親に詫びた。

「一軍の将である貴殿に、このような無礼な扱いをして申し訳なかった。許して下され。」
そう言うと直孝は盛親を座敷へと招き、台所方に命じて食膳を調えさせ、盛親に振舞った。

「このような扱いを頂きかたじけなかった。どうぞ首をはねるが良い。」
盛親は感銘して直孝に礼を告げると、その場から連れられ刑場の梅雨と消えたのであった。

穀米や赤鰯というのは、御世辞にも大名や上級の武士が口にするものではなく、ましてや盛親にとっては最後の晩餐である。
直孝はそれを察し、せめて最期くらいは失礼がないように…と気を利かせたのかも知れない。





79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/21(木) 21:06:49.68 ID:y+Kxftgo
>>77
直孝よりはるかにいいもの食ってるなぁw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    直孝のいい話ではあるが、別に盛親の悪い話ではないと思う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    土佐大守としてのプライド守った、
    盛親いい話、だと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    赤鰯とは、刀がなまくらで切れないという意味のスラングでもあるらしい。
    そういったニュアンスがこめられているなら、気持ちはわかる。

    >御世辞にも大名や上級の武士が口にするものではなく
    家康が普段食べているものとそう変わらん気がするが...
    玄米を食えと清正も言っていたし。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「抜けば粉散る赤鰯」か?
    ありゃ落語の枕だしせいぜい江戸からこっちの話じゃないかね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「梅雨と消えて」

    細かいかもしれんがちょっとこれは…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    祐夢先生・・・

  7. 人間七七四年 | URL | -

    これある意味イタリアの捕虜になった将兵のまんま逆バージョンだな。
    「将がこんな物食えるか」と怒ったらそこの将兵の食事がそれだったと

  8. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    食べ物じゃなく、支柱につながれたまま
    食わされそうになったことが気に入らなかっただけなんじゃ?
    牢内なのはしかたないが、せめて解けと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5347-adf50c30
この記事へのトラックバック