FC2ブログ

毛利秀元、輝元を安心させる

2011年04月28日 00:00

195 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 21:48:29.55 ID:43WRRULe
寛永の始めの頃(1624年か)の事だそうだ。

江戸に伺候した長門長府藩主・毛利秀元の元に萩の輝元入道宗瑞(毛利輝元)より、
井原加賀、清水信濃の両名が使者として訪れた。彼らの持ってきた書状の内容に、
秀元は仰天した。

『我が家は昔領するところ、十ヶ国に及びました。ところが今入道(輝元)の身に及び
僅か二ヶ国よりの租税を以て、累代の家臣たちにあてがわねばならなくなり、上も下も
悉く貧しさに苦しみ、軍役の負担に耐えることすら出来ません。
既に公の賦役に奉仕することが出来ないのなら、国を賜ってもまるで意味のないことです。

この上はぜひとも、二ヶ国の地を将軍家にお返しし、どうにかして宰相殿(秀元)の計らいで、
我が毛利家が滅びないように頼みたいと考えている。』

あまりのことに秀元はすぐに幕府重臣、土井利勝にこれを相談。
利勝からこれを聞いた徳川秀忠はすぐに秀元を呼び、この件について相談をした。

秀忠は言う
「はてさて宗瑞殿にも困ったものじゃ。隠居した者が領地を返上すると言ったからとて、
そのようなことが出来ようか。宰相殿、そなたには何か考えはあるか?」

「はっ。この事は毛利家の意思ではなく、輝元入道一人の心配に過ぎません。
しかしこのまま放っておけば、毛利家中にいらぬ混乱を起こすことも考えられます。
…要は輝元入道を安心させれば良いのです。私に任せて頂けますか?」

秀元は秀忠の許可を得、毛利家の領地周防長門30万石余りを、その頃の最新の基準で
検地し直した。するとなんと、新しく出た数値はそれまでの倍以上、76万石であった。

この事を聞いた輝元は、それなら毛利家はやっていけると大いに安堵し、二度と
領地返上のことは言い出さなくなった。そして翌寛永2年、安らかな往生を迎えた、と言う。

毛利秀元、輝元を安心させる。と言うお話。





197 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 21:58:45.51 ID:+NO09G5q
>>195
これって表高?
だとすると、参勤交代や賦役とかがかえって大変になりそうな気がするんだけど、どうなんだろう?

内高2倍だと、農民に恨まれそうだな。

198 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 21:59:44.63 ID:5/RUJ/xm
>>195
秀元の良い話、ではあるけど、
TERUの救いの無い話でもある気が…。
ほんとダメな子だ。

199 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 22:02:49.10 ID:HsCmmE8P
伊達も上杉も領地返上を考えたことがあったらしいけど、
実際に財政が立ち行かないから領地を返上します・・・しました という大名家ってあるの?

200 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 22:06:39.52 ID:mADC8Bm7
本当に元就さんのしたたかさとバイタリティはどこへいったのか……。
余談だが闘戦経ってどう見ても毛利家とは無関係の偽書だよなあ……。

201 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 22:10:09.27 ID:43WRRULe
>>199
財政じゃないけど、加藤嘉明の息子の加藤明成がお家騒動(会津騒動)のあげく、例の
鎌倉東慶寺に兵を入れた事件で幕府を激怒させて、それに怯えたあまり
「病のため領地返上したい」と幕府に申し出て改易。

202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 22:13:16.55 ID:HsCmmE8P
>>201

>>195の場合は、輝元が「大名家でなくてもいいから、ともかく家だけは
存続させたい(高家とか寄合、旗本狙い)」ということかな

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 22:13:19.63 ID:kdLiuELR
明治に入ってだけど龍岡藩が財政破綻しちゃって廃藩したような

248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/27(水) 21:47:52.09 ID:3g3h1sMj
>>197
遅レスだけど、毛利は72万石を届け出たけど、敗戦国の毛利が勝者である市松のとこより多いってのも
あんまりだから、50数万石を表高にされた、って「毛利は残った」って小説には書いてあった。
本当かどうかは知らんが、少なくとも72万石の格式は認められてない。

それと、「測りなおしてみたら」なんて生やさしいものではなくて、とにかく使える土地は全部何かに使う、
隠し田の類は全部摘発、免税特権は取り消し、と手段を選ばずに頑張ってようやく達成した数字。
んで、そのプロジェクトのリーダーはあきらかにTERU。形式上隠居してるけど藩政の実質トップ。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    宗瑞「国が無いなら奪えばいい」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    相変わらず、コイツの下にだけは付きたくないと思わせる男だな。領民たち可哀そう・・・>TERU

  3. 人間七七四年 | URL | -

    幕末には100万石レベルになってるんだから不思議だよなぁ
    まぁ10万石でガトリング二門もってる藩や蒸気船つくっちゃう藩もあったがw

  4. 人間七七四年 | URL | FJ2gfIhk

    転封の多かった譜代大名の領地に比べ外様大名領は明らかに税率がきつかった。八公二民が有名な島津家はもちろん毛利も稲一本植えられるような場所があれば所構わず田畑にしてた。幕領から大名領に変わった場所で税率の引き下げ運動が起こったこともあったことも考えれば一般的に幕府領<譜代大名領<外様大名領といった感じ?・・・まあ郷士も含め相対的に士分を多く抱えていた外様大名としては止む終えなかったのかも

  5. 人間七七四年 | URL | -

    領地返上ってのは、儀礼的なスタイルなんだろうな。
    次世代に必ず継承してもらうための。
    各藩代々の相続は勝手にやるものではなく、
    必ず「改めて与える」朱印状を貰うものだし。


    ましてやテルは元は同格大老の外様大藩。
    おまけに元は敵。

    財政不安を訴えることや領地返上で子孫よろしく、なんて言ってみて、
    藩の弱体や自身の弱気ポーズをアピールしつつ、
    あわよくば大きな労役は免除。
    テル「未来永劫、敵対の意志も意気込みもお金もありません!もうわたしのことはあなたの好きにしてっ!」
    …と、いうことを本人の口ではなく、秀元からさらに土井経由で内々に伝える周到さ。
    例え問題になっても
    秀元「い、隠居が言ってるだけですから!あのボケが。あ、あは、あははっ。ねぇ困った奴ですよねー」


    プライドとかどうでもいい。凄まじく卑屈で姑息だけど賢いよ。
    前田の鼻毛マン並に賢い。
    これをしなかった島津は濃尾治水で莫大な損害。

  6. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >>3
    幕末は、開国→輸出需要増大→生産者ウハウハ、金の海外流出→1両切り下げ→債務者ウハウハだから。
    そもそも江戸初期と幕末と比較すれば、人口で倍、生産効率で倍以上になっているから幕末の10万石は江戸初期の毛利の72万石とGDPでは変わらんかそれ以上では。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    これ、うまいことやった話だよなあ…
    輝元のこういうところマジ恐い

  8. 人間七七四年 | URL | 73DAy5m2

    そういえば毛利家って代々、時の権力者に取り入るのがうまいよね。
    足利幕府とかラスボスとか。江戸時代にも改易、減封なかったし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5363-15d35ad4
この記事へのトラックバック