FC2ブログ

島左近の借金の仕方!・いい話

2008年11月15日 00:02

島左近   
382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 11:13:44 ID:vYdxJ9pj
上手な金の借り方

島左近は筒井家を出て牢人となったが、収入がないので生活が苦しくなった。
左近には、吉野に住んでいる金持ちの親戚がいて、この者に借金を申し込んだが
この親戚は欲深のドケチで、冷たく断られた。

そこでいろいろ思案した左近は、口のうまい人を探し出し次のような口上を述べ
させることにした。
「この前に借金を申し込んだけど、貸したくないなら貸してくれなくても結構だ。
しかし、オレが借金を申し込んだのは、あなたが大切な親戚だからなのだ。
そもそも、金銀財宝を人に施すものは、子孫が永久に繁栄し家がますます栄える
ものだ。逆に、施しをしないものは、災害をかならずこうむるというジンクスがある。
その話を聞いたゆえに、あなたに災害が被らないように借金を申し込んだのだ。」

それを聞いた親戚は欲深の性格だったので、使者の口上にコロリと参って左近に十分
過ぎるほどの金を貸したという。




388 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 15:44:13 ID:RYYZqBY3
>>382
この逸話は何度読んでも、この親戚が欲深いようには見えないので解釈に困る。
ある種の宗教詐欺なんじゃ無いかとすら思えるw

389 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 17:22:05 ID:WxAizyGz
>>388
金を貸すことで家産繁栄するなら、貸した金がそれ以上になってリターンされる
ってことで、欲深が飛びついたって意味じゃね?

390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 17:40:02 ID:RYYZqBY3
>>389
この親戚が、例えば左近が筒井家に仕官していた時代に散々世話になっていたけど、
いざ牢人となったら冷たくした、なら、「強欲」ってのがすんなり入るし、因果応報的な
逸話として納得できるんだけど、その前提が全く無い、突然現れたわけのわからん親戚が
金せびりに来るって、断られて当然のシチュエーションじゃないですかw

そこがどうも引っかかるのですわ。

391 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 18:56:36 ID:WQWurEDA
>>390
「吉野に住んでいる金持ち」なら筒井家に仕えていた左近を知らないはずがない。
「突然現れたわけのわからん親戚」ではないはず。

浪人すれば困窮するのは当たり前
そんな親類に借金を申し込まれたらいくらかでも貸すものではないかと。
欲深というか吝嗇

392 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 19:24:39 ID:CdiTzAFN
現代的な発想だとは自覚しているが

「親戚なら金を無心されたら出して当然」ってDQNの言い分だと思う。

親戚を友人とかに変えても同じだが。

「金を借りる側は断られて当然、貸してくれたら望外の恩」なのであって
「要求されたら無条件で金を出して当然、出さないのは人格がおかしい」って、
そんな発想の方がおかしいと思う。
>390のように、以前に何かしらの恩義を受けていたというのならともかく。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    結局金を貸してくれたのも、口上の上手さに感心してかもわからないしね^^

  2. 人間七七四年 | URL | -

    現代的な感覚とは自覚できても、なんとも素っ頓狂な暴投って自覚はなかったんだな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/539-0d8877ad
この記事へのトラックバック