FC2ブログ

徳川家康「八万でそちらに行くので」

2011年05月10日 00:00

531 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/05/09(月) 20:08:35.27 ID:FI8daPcE
慶長五年七月二五日、丁度小山会議が行われた日付の書状がある

大意として
「八万でそちらに行くので、その分の兵糧を用意するように」

この書状、徳川家康長束正家に出した書状である。
これについて識者はそのまま家康が上方の情勢を知らなかったと見ている
が、……自分としてはどう見ても脅しにしか見れない

この書状は正家には届かなかったが、違う形で彼の元に届いた様である
八月五日に伊勢を攻めようとした正家と安国寺恵瓊は海に船を見ると
それを家康と誤認して逃げ出しているからである

噂として家康が西上している噂は流れていたが、ひょっとしたらこの書状も
含めて家康の仕込みだったのかもしれない
そんな関ヶ原の心理戦を伺わせる話




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    船に乗ってやってくる程度の人数なら、
    水際で殺っちゃえばいいのに。
    案外武闘派な長束さんらしくもない。

    八万って数字だって、
    長束さんと増田さんなら虚偽わかるだろ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    家康「八月五日ごろに行くか。その旨したためよ」
    右筆「はっ」

     手紙『八五位に候。兵糧の備えありたし』

    正家「八万五千?!」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    家康本人と秀忠、そして取り巻きを合わせれば八万人は居たような?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    後の旗本八万騎である

  5. 人間七七四年 | URL | -

    小山の全軍を返せば十万は余裕だしな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    正則が清洲城に到着して以降、東海道の諸将たちは岐阜攻めまでの間に領内で動員していたようなので、ぶっちゃけ8万以上いた可能性も高いとか。

    三成も予想以上に東軍の兵が増えていたことに愚痴零した書状出しているし。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    戦国時代の戦術で水際作戦ってあったのかな。
    というか敵前上陸が行われた戦はあるんだろうか。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    敵前じゃないけど、
    大内復興軍の周防上陸、は?


    自称八万人の総大将だけが、
    船団程度の人数で別動隊でやってきたら、
    これ絶好チャンスじゃね?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    厳島の戦いと木津川口の戦いがそれぞれ水際作戦にちょっと惜しい感じですね。

    戦国じゃないですが湊川の合戦は水際作戦の突破に成功してますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5398-3a01ba4b
この記事へのトラックバック