FC2ブログ

屁に殺された男・悪い話

2008年11月15日 00:06

162 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 20:12:54 ID:WxAizyGz
屁に殺された男の話

千葉邦胤は正月に家来を集めて宴会していたところ、近衆の鎌田万五郎が配膳の際に、邦胤の御前で
思わず2度も屁をこいた。
邦胤「このめでたい席に屁をこくとは何事かっ!!それも1度ならともかく、2度もこくとは余をないが
しろにしてのことか!!」
鎌田「いや、そのようなことは。思わず…」
邦胤「「思わず」とは何事だ。思って屁をこけば大逆の大罪である。余に遺恨あってのことか!」
鎌田「屁をこいたのは手前の不覚。世に「出もの腫れものところかまわず」といいます…」
邦胤「口応えするなっ!!」
激怒した邦胤は鎌田を蹴り飛ばし、脇差に手を掛けた。重臣たちはおどろいて鎌田を宴会場から引きずり出し、
邦胤に助命を嘆願したのでことなきを得たが、半年間蟄居の処分となった。
しかし、万座で恥をかかされた鎌田はその恥辱を抑えることができず、7月のある晩に邦胤の寝所に忍びこみ、
邦胤を刺し殺した。
家来たちは虫の息の邦胤から鎌田が犯人であることを知りしらみつぶし捜索し、もはや逃れることはできないと
悟った鎌田は切腹して果てた。

出典「関八州古戦録」




187 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 12:11:50 ID:oZrO8AEL
>>162
Wikiでは、屁をこいたのは桑田万五郎とあるね。
結局、邦胤の早死が原因で千葉家は北条家に乗っ取られるんだよな。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    へえ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    とっぴんぱらりのぷう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/544-206ae964
この記事へのトラックバック