FC2ブログ

お稲荷さんと狐さん、危機一髪!・悪い話

2008年11月15日 00:07

152 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/11/14(金) 18:19:00 ID:RYYZqBY3
お稲荷さんと狐さん、危機一髪!

有名な秀吉の養女、豪姫。
彼女があるとき「狐憑き」の状態になった。秀吉は大騒ぎ、

そして秀吉は考えた、狐といえば稲荷社、その稲荷社の総元締めといえば
伏見の伏見稲荷大社である。


「三成を呼べ!」

そうして、こんな書状を書かせた


『伏見稲荷大社へ

我が娘、豪に、狐が憑いた。これは伏見稲荷大社の管理不行き届きである。
もし、豪が死ぬようなことがあれば、

諸国の稲荷社を全て取り潰し、さらに全国の大名に命じて、狐を狩りつくし絶滅させる!
そう心得よ!!

秀吉』


伏見稲荷大社もこれには困り果てたが、幸いにも豪姫は狐憑きから回復し、
稲荷社と日本の狐は絶滅せずに住んだ。



さてこの逸話、最近の研究の結果、なんと史実であったことが判明。

もしあの時豪姫が死んでいたら、日本は本当に狐のいない国になっていた、かもしれない。
そんなお話。




153 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 18:39:28 ID:ZudQXw65
>>152
日本の生態系まで変えようとするなんて流石は本物の殺生関白だぜ


154 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 18:41:12 ID:uCPiuD8Q
やはりボスキャラは格が違った。
流石の四天王もこれは引かざるをえない。

155 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 18:41:25 ID:8ykNATa7
>>152
ありえなさすぎて悪く感じないwww

156 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 18:43:36 ID:x2p89cHo
狐の呪いで豊臣家滅んだんじゃないか?

157 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 19:01:37 ID:zxUhZ8VQ
キタキツネはさすがに大丈夫だろう
る~る~るるるる~♪

158 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 19:24:48 ID:kbXyhHxK
関白殿下はやばいな…

四天王「さすがの俺たちもひくわ…」


159 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 19:47:01 ID:pRMaT4NC
毛沢東スレスレだな。
しかし毛沢東は害鳥駆除という一応納得できる建前があったが、
これは完全に八つ当たり…。

160 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 20:03:26 ID:DLvwhGWw
政宗や長可は何故か大して腹が立たないが秀吉はなあ……
仮想戦記もので秀長死亡後の奴が殺される展開がある小説か漫画はないのかなぁ

161 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 20:06:14 ID:pRMaT4NC
四天王は天然入ってるから許されるんだろ。
秀吉はなまじ頭いいことは誰でも認めることなので、天然でやっちゃった感がないんだな。

163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 20:14:57 ID:kbXyhHxK
一応このお稲荷様の話は、秀吉のいつもの
「ちょっとどころじゃない悪い話」ではないんだけど、
なんか、引くんだよね。

164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 20:18:27 ID:RYYZqBY3
秀吉はこのほかに、竜宮に手紙出した話や、頼朝の木像と語り合った話、地震を防げなかった
大仏に罰を与えた話など見ると、信長の神格化の話はよくされえるんだけど、
秀吉の場合、健康を害するまで、実際に自分のことを神、もしくは半ば神に近い存在だと、
信じきってたきらいがある。

彼は生前既に、自分は死後、「新八幡」になると言っていた、って話もあるしね。

なんというか、日本の中世的な土俗的迷信を、そのまま持って権力者になったような、そんなイメージ。

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 20:49:44 ID:hODGc8rz
>>164
コムロ某と似てるね。
はかない夢か。

166 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 21:09:56 ID:M1IReFsI
>>165
そりゃ幾らなんでも秀吉に失礼過ぎるだろ・・・

167 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 22:14:01 ID:ZWA+CPVa
いや、こういう馬鹿話はどう考えても秀吉の諧謔だろ…。
おはなしをストレートに受け取りすぎだべ。

狐つきの話も本当は豪の奇行を嗜めるために、
半ば冗談風味にやったと考えるのがこの話の見かただと思うが。
大仏も態と大仏をしかるということをして滑稽さを演出して見せ、
地震で暗くなった世相をちょっとでも明るくしようとしたんだよ。

よく晩年の秀吉は頭がおかしくなったと言われるが、
そういうストレートな見かたしかできないほうがおかしい。
むしろ「ひとたらし」と言われた秀吉の面目躍如だべ。


168 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 22:17:12 ID:zxUhZ8VQ
狐憑きって
「ぐわ!私の中のもう1つの人格が・・・あああぁぁぁぁ!!!
ふぅ・・・ふぅ・・・なんとか抑えることが出来たか・・・」
みたいなもんだろ

今でもたまにいるじゃん

169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 22:18:21 ID:PHHn8Q/q
俺の黒歴史を抉るレスがあると聞いて

170 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 22:31:14 ID:/VRCjdfV
なんかで聞いたが狐憑きとか悪魔憑きって今で言う脳炎ってのが多いらしいね
当時はそんな知識はないだろうけど

171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 23:14:19 ID:mtz88MZm
秀吉は一般人の尺度で見たらダメな気がする

鶴だかが逃げて、逃げた先が国内なら日本はオレのものだから別にいいよとか
鷹狩で九州・島津と東北・安東に鉄砲ぶっぱなさせて鳥を追い払ってくれ、オレは京都でそれを狩るからとか

とにかく冗談のスケールのでかいから、凡人からしたら「この人ちょっとキチガイなんじゃないかな」
って思っちゃうとこはあると思う


172 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 23:21:40 ID:kbXyhHxK
まぁカラカラ笑いながら言ったりやったりしてそうだもんな。

173 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 23:23:19 ID:OW1wZquN
カラカラ笑いながら「お前の娘? 殺すけど」とか言ってたんだろうな…

174 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 23:23:50 ID:4s++x4Sf
キツネ耳の娘を想像してしまった」
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/545-49c468ba
    この記事へのトラックバック