FC2ブログ

織田秀信の感状

2011年06月13日 00:01

67 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/06/12(日) 02:11:11.34 ID:+dAo55Yr
1600年にあの織田信長の嫡流である織田秀信は石田三成と
徳川家康の争いである関ヶ原の戦いにおいて家中には東軍派も多かったが
三成率いる西軍に直々に秀信が三成と面談し祖父の旧領である美濃尾張を約束され三成に同心することとした。

東軍が小牧評定の後に福島や池田を先鋒として美濃に攻めかかり
美濃は西軍派が多かったにも関わらずあっという間に防衛戦を突破されてしまう。
秀信は岐阜城に東軍の大軍が迫ってくると3500人で木曽川を用い1万7000人を迎え撃ち川の手で鉄砲を打ちかけたり
百々綱家が伏兵を用いたりで奮戦するものの大軍に勝てるわけもなく敗北、秀信軍は撤退して岐阜城に籠城した。

岐阜城はけして堅固ではない城であるが、東軍と西軍は相当な激戦となったようで秀信の家臣である
飯沼長資が一騎打ちで
東軍の一柳家の勇士大塚権太夫を討ち取ったり正面から攻めてきた福島隊相手に上格子門で
またその他の東軍にも砦や施設でも奮戦を見せたようである。
しかし岐阜城は大軍相手にはとても支えきれず一日で本丸に追い詰められで38人が籠城してるだけとなった。

秀信はここにいたり家臣の軍功を褒めた感状を書き記し最期まで付き従っていた家臣全員に与えたのである。
感状は再仕官の際の証明書のようなもので、その内容により仕官の可否や禄が決まるということで禄を失った
家臣への
秀信の最後まで従った家臣への優しい配慮であった。またそれを書き終えたあと自害しようと秀信はしたのであった。

東軍の池田輝政の降伏勧告もあり秀信は岐阜城を開城開城、助命されることとなった。

どうでもいい余談
せっかく感状を書いてもらったであろう秀信家臣の38人は落城時に切腹、現在でも血痕が残っている。
秀信家臣の多くは福島家に仕えるものの福島家は旗本となってしまったり元秀信家臣の中にはキリシタンで
処刑されたのがいたり、
歌人になった人間がいたり秀信自身は高野山を追い出され仕官すら出来なかったようで感状はあまり役に
立たなかったようである。




68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 02:35:08.89 ID:DB6hDY3y
>>67
この感状の逸話のおかげで秀信の評価上がってるよね
やっぱり人間こういう時の対応が大事なんだなあ

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 03:17:56.83 ID:lv47T30d
そっせん東軍に参加」したほうが・・・・。
寝返りの機会なんざいくらでもあっとぁ訳だし・・。

70 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/06/12(日) 03:54:29.58 ID:SQTIMzee
たった38人に降服勧告って、、、

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 04:12:22.67 ID:3ylVv9Q6
3500人の兵力があるなら、最初から篭城しておけば
決して堅固でない城でもそう簡単に落ちなかったと思うんだが
なんか討って出なきゃあいかんという事情でもあったのかな

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 04:15:22.27 ID:G8BFWHS/
たしか、お爺ちゃんの信長のマネをしたからだって聞いた事があるな

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 07:10:10.63 ID:axYSqfbc
>>71
山中城は4000人篭めて半日で陥落

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 14:56:39.91 ID:e36bx8l+
>>77
竹中が二十人以下で制圧したくらいだしね


82 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 15:19:53.59 ID:t2Qc1imh
>>80
逸話と史実は区別しようぜ
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    岐阜城って確か岩山の上にあるから、井戸を掘っても水が出ないんじゃなかったかな? だとしたら長期の籠城は無理だよね?

  2. 人間七七四年 | URL | FJ2gfIhk

    1> 自分も岐阜城に登ったときに黄金水の井戸の案内板を見てびっくりした。
    岐阜城は麓を押さえられたらアウト。たとえ雨が降ろうと落城が数日伸びるだけだろう。
    また平らな部分が殆ど無いので二千人も山上に篭れたらいい方。
    織田秀信が三日で開城したのはいろんな意味で限界だったと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    それにしてもちょっと書き方が惜しいですね。
    小牧評定なんて聞いた事無いよ?小山評定の間違いでは?
    あと、「岐阜城を開城開城、」となって居たり。

    そもそも、秀信自身が秀吉に良い待遇をして貰って居たし、その秀吉は
    元織田武将。累代の恩を比べたら西軍寄りだろうし、それに家康につい
    ても、精々所領安堵か下手すれば先祖の土地から離れる事になるかもし
    れない。三成から尾張美濃領有を言われたら揺らぐだろう。

    また、1・2番さんの理由も然る事ながら、もやはり元城主の池田輝政が
    居た事も攻略に有利に働いたのでしょうね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    斎藤龍興ー織田信長
    織田信孝ー羽柴秀吉
    織田秀信ー福島正則
    と僅か34年で3回も落城している。皆さんが指摘しているけど防衛拠点としては
    水源以外にも何か致命的な欠点があったとしか思えないよね。
    今に到るまで美濃の中心なので、道三も信長もここを拠点としたのは、行政面での
    優位を重視したのかな?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    上記レスで言われている通り、岐阜城は池田輝政に弱点が筒抜け。
    籠城していればよかったとは言い切れない。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >4さん
    斎藤利堯が何か言いたげで有ります・・・。

    >落城
    確かにトータルで言えば7・8回位落ちてる筈。
    1さんも言ってるが、井戸はあくまでも貯める為の物で水は出ない。
    長期籠城戦を想定した山城ではなくて、美濃の要所に築城された政
    庁的山城だったのではないでしょうか?
    (六角氏の観音寺山城もそんな感じだし)
    しかし、実際の所かなりの険しさも備えて居るのは確かな様子。
    信長・信忠親子時代にも回収入ってるだろうし、総構え式でもあるか
    ら絶対に苦労も無く落城って訳では無いと思う。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    鳥取城も支城との間を宮部(善)に突破されてだめになった。山中城も渡辺(勘)によると郭が細すぎるから分断できたらしい。
    山城の場合、守る側も移動が大変だから、いざというときのカバーリングが利かないのでは。青葉城本丸とか岡城とかはともかく。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>77がちょっと気になる。

    38人相手でも降伏勧告はするだろう、太閤立志伝5的な意味で。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    メモ書きにマジレス不要

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >6さん
    ああそういえば本能寺の変後のドサクサもありましたね。
    しかしいよいよもって落城しまくっているんですね。
    ただ7さんも記しているけど、何れも支城網が寸断されてからの落城で
    そこまでは信秀・信長親子も秀吉も岐阜城に跳ね返されているので、
    関ヶ原以降の城とは、思想が違うんでしょうね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    自害しようとしたということはキリシタンへの信仰は大して厚くなかったのだな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    黄金水の井戸ってエロい…

    さてと、そろそろ門の番の時間だ、いってくる

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >>4
    前者2つは城が落ちたわけではないから落城とは言えないがな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    見た目も若い頃の信長公そっくり、寡兵でも自ら兵を率いて家臣一同奮戦する戦ぶりで最後は家臣のための感状をかいた後、切腹しようとした(結局は止められたが)
    敵方の福島正則にも褒められた素晴らしい武将っぷり。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    もしかして大坂城に足りなかったのはこの人だったのでは

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5490-8be5cde0
この記事へのトラックバック