FC2ブログ

立花道雪、弓を教える

2011年06月20日 00:00

703 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 14:51:01.74 ID:MUPlNzuc
立花道雪の小姓三人が、武芸の稽古の合い間に、弓について雑談をした。

「わしなら、あの庭先の鳩なども、二十六~七間先にいようが、ヒューッと射殺せるわ!」
「なんの。俺とて昨日、十八間先の屋根に止まったスズメを、膨ら弓を以ってヒューッと射殺したわ。」
「拙者も、馬場にて十八間先の的に、七筋射れば六つはシュッと当たる。そのうち五つは、真ん中を射る。」

座敷でおかしく思いながら聞いていた道雪は、たまらず出てきて三人に告げた。

「お主らの弓の腕前、まことに結構。さらに稽古に励め。が、矢音のこと、間違いばかりだ。
人前でそんな事を言っては恥になるぞ。一度しか教えぬゆえ、良く聞け。お主らならば一度で覚えるだろう。

征矢・剣先矢で射て、当たった時は“ヒュバッ”と射た、と言う。射抜いた、とも言う。
外れた時は、“ヒュウスカッ”と表現する。
雁俣矢で射て、当たった時は“ヒューッ”と表現する。射切った、とも言う。外れは“ヒュウスカッ”と表現する。
鏑矢で射て、当たった時も“ヒューッ”と言う。外れた時は“ヒュッ”とも言わない、と表現する。
(中略)
こういう事も、まずは侍として良く覚えておけ。」

(原文:
そやけんさきにて、物を射て中たる時は“ひやうつば”と射てと言ふ。射ぬきて、とも言ふ。
はづれたる時は“ひやうすか”とはづしてと言ふなり。

雁俣にて物を射てあたるをば“ひやうふつ”といふ。いきりて、共いふ。はづれをば“ひやうすか”と言ふ。
かぶら矢にて物を射て当りたる時は“ひやうふつ”と言ふ。はづれたる時は、“ひす”といはづしてと言ふ。
(略)
かようの事も、専ら侍の知るべき事なり。よくよく覚えよ。)



問1、「大友興廃記」(大分県史料 戦記編収録)を呼んで雷神様がミスター脳だと知った>>703の驚きを、
五十字以内で擬音を交えて表せ(5点)




704 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 15:00:25.26 ID:UH2hQ3fv
表現の仕方の問題で、ミスター関係ないだろ

705 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 15:51:01.35 ID:5xTnPYFn
平家物語の那須与一が扇射た時なんかもそんな感じの表現だったよな
軍記物なんかでの表現様式の解説ってとこかね。

706 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 16:16:00.33 ID:YaR/5ZjH
確かにミスターっぽいなw
ちゃんと本も読んで勉強しろってことなのかね

707 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 16:56:41.46 ID:AVTWE66B
こんな事も当時の教養の範囲なのかよ・・・

708 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 17:04:58.31 ID:xwjfiywu
氏素性のはっきりしてる古い家だからこういう教養があっただけじゃないの

709 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 18:01:32.91 ID:AVTWE66B
いや、矢音の表現の仕方なんてどうでも良いだろっていう・・・

710 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 18:14:12.44 ID:5xTnPYFn
まあ様式美って奴だ、突き詰めればそりゃ意味は無いがw

711 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 19:21:52.43 ID:MM2gi0ua
教養のない奴使ってんな、pgrされたくなかったんじゃね
名家の陪臣だし下らないことであげつらわれるとかの心配あったのかもしらん

712 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 20:09:31.79 ID:D7MmESaL
何気ない雑談でも知的な表現を心がけると上司の評価が変わってくるって事か

713 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 20:57:53.42 ID:5xTnPYFn
ギャップ萌えの一種かもしれんな

714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 23:53:45.31 ID:XNf8RfYJ
モノマネとかうまそうだな 道雪さん

715 名前:人間七七四年[age] 投稿日:2011/06/20(月) 02:24:10.90 ID:8h05fy97
平家物語にも「ひょうふ」という表現があったな。那須与一のところだったかな。

716 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/20(月) 02:31:15.38 ID:oisJgxDX
こう言うのってやっぱり小笠原流とか伊勢流などの武家故実に纏められているのかな?

でもミスターみたいにフリ○ンで雷切の素振りしている鬼道雪はいやだなw

717 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/20(月) 16:02:57.82 ID:ErNDm2BD
「太腿に摩羅がバチーンと当たるのが刀の良い振り方」
とか言い出すのか…
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | /5lgbLzc

    ミスター=長島 じゃなくて、鈴井で考えてしまった…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ミスターってポポかドーナツかと思った

  3. 名無し@まとめいと | URL | 0Q3WCu86

    擬音表現にも作法があったとは…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    立花家家臣・十時「確か朝鮮で虎を狙撃した時に、私以外の狙撃手の弾がバァン!スカと・・・」

    I富流砲術・某「本番は臨機応変が肝心じゃ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    漫画にも擬音のテンプレがあるくらいだからな…。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    道雪「ちなみにわしなら一睨みすれば鳩は射抜ける」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    小姓たちは出来てないことをさも出来たことのように大げさに言っている。
    だから擬音までおかしい。それを聞いていた道雪公、おかしくてしょうがない。
    ドヤ顔の小姓たちに、かの道雪公特有の優しさで、擬音にかこつけて注意しているのでは??
    だから、外れたときの音も教えてるのでは??

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >5
    なるほど、つまり道雪が言いたいのは、

    「槍で打った時の音は ”グワァラゴワガキーン” と表現する」
    「民の声は ”ざわ・・・ ざわ・・・” と表現する」
    「首を取る時の音は ”くぱぁ” と表現する」

    というような感じか。納得した。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    源為朝「ぴっ……ずがぁああああん! ぱらぱらぱら……じゃねえの?」

  10. 名無し@まとめいと | URL | 0Q3WCu86

    ※9
    対艦兵器さんはちょっと…

  11. 人間七七四年 | URL | -

    何の矢を使ってんだか知らないけど、弓道なんかだと
    ヒュバッて感じの音だな、確かに。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    確かに征矢の飛ぶ音はヒューッじゃなくヒュバッというかスバッというか
    それこそ矢のような早さってやつで、当たっても外れても一瞬だったなあ
    ほかのは知らないけど
    使う擬音で弓を射慣れてるかどうかバレるぞってことじゃね?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12の言ってる事も納得。
    そういう意味では>>717の場合は「ぺちんぺちん」とか「ぴたーん」とかにすべきじゃないか。誇張表現イクナイ

  14. 人間七七四年 | URL | vD4bkYiA

    ヒューッ!ばっかりだから海賊毒蛇かと思ったぜww

  15. 人間七七四年 | URL | -

    日本の擬音語・擬態語の豊富さは異常

  16. 人間七七四年 | URL | -

    バヒッ て鳴るよね。鳴らないね。でもひようふはわかんないなwww

  17. 御神楽 | URL | dvUYBDnY

     いや、昔の文学や表現は殆どが様式美と作法で成立してる。
     ○○な景色を見たら××と表現する、と殆どテンプレ化されていたから、擬音についてもきちんとしたパターンがあっても不思議じゃない。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    中略ではしょられてるが
    道雪は、三人の弓の腕を誉めた後
    擬音が間違えているぞ、お前ら頭も悪くないんだから
    知識も身に付けないと恥をかくぞと諭して
    平家物語等の古来からの正しい表現として
    擬音の説明をしてるから、道雪の言動はミスターとは正反対なんだけどな…

    意図的に中略としたなら悪質
    本気でミスターと同一視したなら馬鹿すぎ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5521-6e42151b
この記事へのトラックバック