FC2ブログ

堀尾忠晴の大阪の陣・悪い話

2008年11月16日 00:03

189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 13:34:03 ID:1y4u8htk
大坂冬の陣で。
家康は大和川の両岸に上杉軍・佐竹軍を配置、
その後方に丹羽軍・堀尾軍をつけて後方支援に当たらせ
「明朝から上杉・佐竹は同時に攻撃を開始し豊臣軍を撃退せよ」と命令した。
戦いの内容は中略するが、上杉軍の方は無事豊臣軍を撃退。
明朝から戦っていた上杉軍を気遣い家康は「堀尾軍と代われ」と命じたが、
景勝は「身を粉にして戦って取った陣地を、
他人に任せることなど出来ない」と堀尾軍との交代を拒否、
次に丹羽長重が来たのだが、景勝は長重に見向きもせずガン無視。
長重はその無言の様に景勝の決意を悟り、後日その姿を大いに褒めた。

ところで上杉に陣地交代を拒否られた堀尾忠晴は
対岸の今福で苦戦中の佐竹軍に救援をしたのだが、
戦が終わると佐竹からの使者が来て
「あれは苦戦してたんじゃなくて
敵を引付けるために苦戦してるフリをしてただけなんだから
勝手に敵を攻撃したりしないでよねっ!
お陰で作戦が上手くいかなかったじゃない!」
と感謝されるどころか文句を言われた。
(え?佐竹って上杉には救援要請してなかったっけ?)
秀忠からは今福の戦いでの戦功を称える感状を貰ったのだが
後日軍使が来て「確かに頑張ったみたいだけど
佐竹の作戦の邪魔したらしいじゃん。
こういうのは軍令違反だから今後はもう勝手な真似しちゃダメ」
と、やっぱり注意を受けた。
これに忠晴は「目の前の敵を、コレは別の人の相手だからと
見逃すような真似は出来ないので、ご容赦ください」と答えたという。




190 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 14:06:45 ID:JUL2/4z8
>>189
徳川もあっちゃこっちゃで言い分が違うから、大変だっただろうなw
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/553-4c84b47b
    この記事へのトラックバック