FC2ブログ

壬生家の御家存続の為に

2011年07月24日 23:01

139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/24(日) 17:43:46.87 ID:VoXGSr6O

壬生家の御家存続の為に

天正十八年、豊臣秀吉が小田原北条氏攻撃の軍を率いて京都から出発した。
常陸の佐竹氏や下野の宇都宮氏らは秀吉に応じて、反北条の意を決した。
それに対して、壬生義雄と皆川広照は後北条氏の元に参陣して小田原城に籠城。
しかし、七月小田原城は開城、壬生義雄はその直後に病死した。享年四十六歳。
義雄は男子に恵まれず、娘の伊勢亀がいるだけで、義雄の死によって壬生家は所領を没収され滅亡してしまった。

しかし話はここで終わらない

壬生氏の旧領は結城領に吸収され、壬生の旧臣は他家への仕官より、帰農の道を選んだ。

江戸幕府が開かれ、京の藤原北家中御門流の「壬生」氏が権現詣で日光東照宮への道中、下野鹿沼の
壬生旧臣が粗末ながらも身形を揃え、京・壬生氏の道中警護を申し出た。
京・壬生氏はこれを断ったものの、道中の共や用事を下野壬生旧臣に許した。

京・壬生氏と下野壬生氏は「縁も所縁もない」、単に苗字が「壬生」であっただけである。

2年3年と下野壬生旧臣からの申し出から、道中の御供も当たり前のようになり、京・壬生氏からは
下野壬生旧臣に金子や酒が用立てされた。

壬生義雄の娘、伊勢亀の婚礼も決まり、所領は無いながらも伊勢亀の嫡男誕生を待ちつつ御家再興を願った
壬生旧臣たちだったが

そこは歴史のやるせなさ

伊勢亀には女子しか生まれず、壬生家の再興の願いは絶たれた




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一代なら良くても二代女を挟むと駄目なのか
    ちょっと不思議

  2. 人間七七四年 | URL | -

    単に時代の問題じゃ無いですかね?
    江戸幕府が開かれてからさらに誕生を待ったということは、既に「家督は嫡男が継ぐ」となっていたか、男子がいないから断絶という処分が事例としてあったかで、例外を認められない状況になっていたんだと思ってました。

  3. 人間七七四年 | URL | 4DOcPobI

    喜連川足利や小田旧臣菅谷さんみたいに最悪の場合でも養子継嗣で男子がいれば、「忠臣」「名話」を家康が聞きつけて御家再興の可能性はあったのに。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さらにもう一代となると政治体制もしっかりしてきて御家再興ができる余地がなくなったり、配下も武士より農民が染み付いたりしてしまうんだろうな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    なんで伊勢亀姫の婿を当主にしなかったんだ?
    父親が死んで、嫡男がいないから娘婿に継がせる、なんで例はいっぱいあるのに…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5620-31603adb
この記事へのトラックバック