FC2ブログ

モンタヌス日本誌・小西行長の最期

2011年07月30日 23:04

230 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 03:49:32.32 ID:HkL5D/QP
関ヶ原の後の事

『内府様(徳川家康)は日本全土の君主と成るに至ったが、他の君主のごとく勝利の後に暴虐を行うことは無かった。
彼は捕虜となった敵に対しても穏和の手段を執ったが、ただ3人のみは許さなかった。
内閣員(奉行衆)の軍を率いて彼に対抗した近江の王・治部少輔(石田三成)、肥後半国の王摂津守殿(小西行長)、
毛利殿が顧問とせし安国寺(Ancocugis 恵瓊)である。

彼らは甲斐守(Cainecanis 黒田長政)に捕らえられ、始めはその身分に応じた待遇を受けたが、程なく
大阪で幽閉され死刑を宣告された。彼らは大阪において痩せ馬に乗せられ市内を引き廻されたる後、荷車をもって
都に輸送された。彼らの周囲には庶民群集して、貴人の不幸を憐れむ者もあり、またこれを嘲る者もあった。

治部少輔は第一の車にあり、その次に安国寺、摂津殿は最期にあった。
ラッパ手が各人の前に行き、彼らが謀反人なるを以て恥ずべき死刑に処せられることを声高に叫んだ。

この時摂津殿はいささかも勇気を失わなかったが、それに対して他の二人は自分たちの無罪を弁じて
当局者の処置に対し嘆き訴えた。

彼らが刑場に近づくと、近隣の仏教僧が数人やってきて彼らに説諭し、全ての罪悪を浄めるための、
多くの笑うべき儀式を行ったが、これは不潔なる精神を持たずに阿弥陀の前に出ることを得るためである。
これによって処刑者はいささかの心の慰安を得永久の生に確信を得たように成るのだ。

しかし摂津殿は頑として僧の説諭を拒み、あくまでキリスト教徒たる態度を示した。

刑場に上がる時、僧の長が現れた。彼は常には外出せず、ただ高貴なる人が悩む時において顔を出すのみである。
彼は多数の日本僧を従え、手には釈迦の聖典を携えていた。

様々な呪文を唱えまた、作法を行った後、治部少輔と安国寺とが死せんとする時、この僧の長は聖典を出して
接吻させた。
しかし摂津守殿はこの時僧を罵って、己がキリスト教徒であることを公言し、そうして帯の間からキリストとマリアの
小さな絵を取り出した。これは皇帝チャールズ5世(神聖ローマ皇帝カール5世か)の同胞ポルトガル国の女王
カザリンがイエズス会の手を経て彼に贈ったものである。

彼はこの絵を両手に掲げ、これを熟視して祈祷をなし、首を差し出して処刑人の刀を待った。
処刑人は3度刀を振り降ろして、これを斬首した。
他の二人も同様に処刑され、その屍は焼かれた。

摂津殿の屍はイエズス会員の手にわたり、都において長い屍衣を以て覆われ、ローマ教会の儀式によって
埋葬されたのである。』
(モンタヌス日本誌)

日本では過小評価されがちな小西行長ですが、ヨーロッパでは他の二人が彼の引き立て役となり、
実に立派な死に様だったと伝わっていたのですね。と言うお話。




231 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 07:04:56.92 ID:Ph5z2QvA
AcasicamonだのAncocugisだのCainecanisだの、古代ローマがギリシャ人みたいな字面だな

232 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 07:27:26.92 ID:Q8q2ORIl
たぶんモンタヌスが織田信長と松永久秀に会ったら二人とも弾正で同じ名前だと思うんだろうな

233 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 07:54:44.45 ID:UWCYjXCF
>>230
おお?いい話じゃないですか?
小西行長りっぱに見えます。
ラッパというのは、当時日本のどんな楽器にあたるのでしょうね。

234 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 07:58:52.80 ID:a15vGj++
>>232
その場合「同じ名前」ではあるんじゃないか。
>織田信長と松永久秀
受領名も名前の一部ってことで。


235 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 07:58:58.04 ID:V8fb9BAd
キリシタン補正ってすごいんだなw

236 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 08:15:25.06 ID:FvcDezSX
ラッパって法螺貝かな?

237 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 08:15:50.15 ID:Ph5z2QvA
>>235
たぶんカイネカニスも、聡明で思慮深く、家臣から慕われることこの上なく、けっしてダメヤンさんじゃなかったんでしょう

238 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 10:13:46.48 ID:buoFAfWc
>処刑人は3度刀を振り降ろして、これを斬首した。


一太刀で斬ってあげてください(´;ω;`)

239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 10:25:23.53 ID:SdbJLH6S
山田浅右衛問も時には失敗したというから…

240 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 10:27:33.61 ID:RMxcrKRc
まあ、そのせいでヨーロッパで苦痛を与えないギロチンとかが生まれたわけだしなぁ

241 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 11:44:11.04 ID:mc/ELILf
>>232
実際モンタヌスは関ヶ原の描写で、同じ中納言だからか織田秀信と小早川秀秋を
同一人物として描いてるw

242 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/30(土) 15:29:06.54 ID:EZqkUVWf
>>230
甲斐守がCainecanis
Canine Canisなら犬の犬か
ところで安国寺がAncocugisってことは
上で出てきたGiciasuはジシヤスなのか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>この時摂津殿はいささかも勇気を失わなかったが、それに対して他の二人は自分たちの無罪を弁じて当局者の処置に対し嘆き訴えた。

    ↑安国寺はともかく、石田三成は嘆き訴えるタイプじゃないだろう。自分がやったことがいかに正しいか、傲然と反論したんじゃない?外人はそれを哀れっぽいと見ただろうけど、ちょっとなあ…。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    キリシタンと普通の人の書き分けはどれでも一緒なんだな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3215.html
    では行長だけじゃなく三成、安国寺も
    三成「法華宗だから念仏いらね」
    安国寺「佛に説法、下がれ」
    と説諭を断っているね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    こう言う逸話を見ると、どうして某国にキリスト教が普及しているのか?
    何となく納得できる気がするw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    行長処刑時の逸話見てるといつも思うけど
    西洋の絵を持ちだしたりして、結構自由だよなあと思う
    よく取り上げられなかったな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    というか、
    >様々な呪文を唱えまた、作法を行った後、治部少輔と安国寺とが死せんとする時、この僧の長は聖典を出して接吻させた。

    で噴いた。

    報告者が想像で作ってる部分がわかるなる。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    奴らの補正入ると大友宗麟も稀代の名君になるんだよな・・・
    晩年は本当にひどかったのに

  8. 人間七七四年 | URL | -

    こんな事書いてばっかりだから、宗教ってのは胡散臭いし信用ならないんだよ。

  9. 人間七七四年 | URL | /xjhhOGs

    三成が最後まで立派な態度だったというのは有名な話なのになあ…
    まあ宣教師にも割と常識的(?)な感覚の人はいたみたいだけど
    ねねのことを「異教徒だけど素晴らしい婦人だ」と称えた宣教師がいたし
    三成も、処刑されるキリシタンの数を減らしたとかで誉められてた気が。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    こういうの(キリシタンage)は記録者によってまちまちなんだよな
    キリスト教をアゲるために信者以外を執拗に貶める記録者もいれば
    極力公平なありのままの記録を心がけてる人もいるし
    公平な目を持ってるけどローマに報告する以上そうせざるを得なかった人もいる

    いずれにせよ、彼らは事実をつらねた歴史書をつくろうとしたわけではなく
    本国への手紙や報告としてそれを書いたのだということを忘れてはいけない
    手紙だから相手が読んでわかりやすいように事実を簡素にしたり
    話を盛り上げよう、興味を持ってもらおうと面白く色付けしたりはするだろうしね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    「処刑人は3度刀を振り降ろして、これを斬首した。」これの間違いでは?⇒「ポルトガル王妃から贈られたキリストとマリアのイコンを掲げて三度頭上に戴いた後首を打たれたと伝えられる。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5648-391aada8
この記事へのトラックバック