FC2ブログ

猪苗代の亀姫

2011年08月02日 23:02

257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/02(火) 00:55:59.90 ID:3fDiVw/m
猪苗代の亀姫

加藤嘉明・明成親子が会津を治めていたころ、猪苗代城の城代は堀部主繕という者が任されていた。

寛永17年(1640)12月の夜、主繕が一人で座敷にいると、どこからともなく禿(かむろ)がやって来て告げた。
「お前がこの城に来て久しいが、未だご城主に挨拶をしておらぬ。本日、ご城主が目通りを許された。
急ぎ身を清め、衣服を改めて参れ。先導するゆえ、お目見え仕れい。」

主繕は禿をにらみつけ、反論した。
「この城の主人は、加藤候。その代理として、わしが預かっておる。それ以外に主などおらぬわ!!」
主繕の反論を、禿は笑った。

「姫路の刑部姫・猪苗代の亀姫を知らんのか。一つの天運尽き果て、一つの天運改まるを心得ず、
みだりに過ぎ去りし事を話す者よ、汝の命運も尽き果てたぞ。」
そう言い残すと、禿は来た時と同じように、どこへともなく消え失せた。


明けて寛永18年元日の朝、主繕は猪苗代勤番の諸士より年頭の挨拶を受けようと、城の大広間へ向かった。

広間の、己の座すべき上座には、棺桶と葬礼道具が置かれていた。またその日の夕方、人の気配もないのに
大勢で餅をつく音が聞こえてきた。同月18日、主繕は厠で倒れ2日後に死んだ。(老媼茶話より)


2年後の寛永20年、『一つの天運尽き果て』会津藩加藤家は改易された。

泉鏡花の戯曲『天守物語』では亀姫は刑部姫の妹という事になっており、猪苗代城主の生首を手土産に
姉のところへ遊びに行く、という描写が存在する。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    な、なんかこえーよ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    あ!それで現在、猪苗代城は亀ケ城と呼ばれてるのか!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    やだやだ~!こういうの苦手だ、こわいよ。
    わ~、寒くなってきた。節電に一役買ったね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    禿の容姿を想像して更に怖くなった
    市松人形が話しかけてきたみたいな感じがヤバい

  5. 人生七七四年 | URL | -

    そういえば、猪苗代城跡に立つ説明看板?には『猪苗代城(別名:亀ヶ城)』と書かれてはいたが、何故別名が亀ヶ城なのかは一切触れてはいなかった。猪苗代町ではこの話はタブーのかもしれない……

  6. 人間七七四年 | URL | -

    鶴ヶ城(会津若松城)に対して、亀ヶ城だと思ってた、会津若松市民が通りますよっと

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >※4
    市松「え?誰か呼んだ?」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    > ※7
    君は私かww
    市松人形と見えた瞬間に麦茶噴いたwww

    おかげで冷えた背筋が暖まったよ。さぁクーラーを……止めておこう。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >7・8
    考える事は皆一緒かw
    対面しないと死んでしまう、と言う点は刑部姫と一緒か。
    にしても、何でこんなに離れて住んでるんだ、この姉妹?w

  10. 人間七七四年 | URL | -

    怖いと思ってしまった人は坂東玉三郎・真田広之主演の「天守物語」を見るべし。
    あれは怖いというより耽美の世界だ。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    妖怪首おみやげ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    堀部主繕は特に悪いことをしていないのに、
    地元の神様(?)の偉大さを示すために呪われたってこと?
    ちょっと嫌な話だな。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    猪苗代の亀姫って、ホーンテッドじゃんくしょんって漫画でも取り上げられてた神様だな

  14. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >姫路の刑部姫・猪苗代の亀姫を知らんのか。
    気にしないのが一番である。天下をとる人物は度量が違う。
    ttp://www.geocities.jp/rekishi_chips/kaidan3.htm

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >※7
    主繕が一人で座敷にいると、どこからともなく酒に酔った市松がやって来て告げた。

    市松「お前がこの城に来て久しいが、未だ主に挨拶をしておらぬ。本日目通りを許された故、急ぎ身を清めて参れ。先導するゆえ、お目見え仕れい。」

    主繕「この城の主人は、加藤候。その代理として、わしが預かっておる。それ以外に主などおらぬわ!!」

    市松「この日ノ本すべて主っつったら太閤殿下なのを知らんのか。一つの天運尽き果て、一つの天運・・・てか、孫六とかありえねーわw」

    主繕「(うぜぇ・・・・・・)」

    明けて寛永18年元日の朝、主繕はが城の大広間へ向かうと、己の座すべき上座には市松の嫌がらせで棺桶と葬礼道具が置かれていた。
    またその日の夕方、酒に酔ったノリで市松がものすごい勢いで餅をつく音が聞こえてきた。同月18日、主繕は心労で倒れ2日後に死んだ。

    こうですね、わかります・・・・・・

  16. 人間七七四年 | URL | -

    亀姫はゲゲゲの鬼太郎(五期)に出とったな
    意外とメジャーな怪異なのかも

    ちなみに中の人は永遠の17歳

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    怖っww

  18. 人間七七四年 | URL | -

    >15
    ナイスです!www
    しかし、これもう十分恐怖な逸話だよwww

  19. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり神様相手は森家じゃないと無理か……

  20. 人間七七四年 | URL | -

    剣豪を差し向ければいいんじゃね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5655-699ce9ed
この記事へのトラックバック