FC2ブログ

アテにならない宗主国

2011年08月06日 23:04

金元明   
316 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 00:16:05.75 ID:yYPzfiDJ
文禄の役での話。


平壌城を落とした李如松も碧蹄館で大敗し、日本と明の間で和平交渉が始まった頃。
朝鮮軍に「日本軍が晋州城を攻撃する」という情報が入ってきた。
しかし、籠城を主張する者あり、これを拒む者ありで、方針が決まらない。
ともかくも、朝鮮の都元帥・金元明は明に援軍を請うことにした。


金「というわけで晋州救援のために兵を出して頂きたい」
李如松「やだ」
金「えっ」
李「そもそも、それは朝鮮軍が日本兵を殺し、和平交渉を妨害しているのが原因ではないのか?」
金「(゚Д゚)」
沈維敬「そうだ、いっそのこと空城にしてしまえばよろしいのでは」
李「そうだ、それがいい!」
金「(゚Д゚)」


…こうして朝鮮軍は籠城し、単独で日本軍と戦うことになった。
攻める日本軍は宇喜多秀家、加藤清正、鍋島直茂、黒田長政、島津義弘、小西行長、宗義智など、約9万。
守る朝鮮軍は1万にも満たない。

結局、晋州城は1週間ほどで陥落。
金元明は川に身を投げて自殺した。


以上、アテにならない宗主国の話。




317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 01:30:08.25 ID:ibc4OVOQ
朝鮮軍は一万にも満たないのに避難民は何万もいたんだよね。
で、秀吉の命で牛馬まで皆殺し。

318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 10:39:59.97 ID:rpEGowMi
実際交渉中に日本軍に攻撃加えた朝鮮軍がいたんじゃねーの?
それなら「やってらんねぇ」ってなるのもわかる

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 13:48:05.86 ID:+0R9K6Sa
>>316
コソコソ隠れて害をなすところは鼠と一緒だわな。
宗主国が出てきて和平交渉をしていると強気になって、コソコソ襲いだす。
その結果、戦になろうとすれば、宗主国さま~と逃げて泣きつく。
李如松将軍の行動をみるに、大国同士を争わせて、その影でコソコソ動き
回る存在に嫌気さしたんだろうなと

321 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 18:21:55.61 ID:DTmgtdkH
>>318
李如松は日本軍の漢城撤退も朝鮮の反対を押し切って交渉で決着をつけてしまったりと
日本軍に正面からやり合う気はすでになかった。

まあ明の本土が侵されたわけでもないし、日本軍はけっこう強いし
明の南方もきな臭くなってきたし、そもそも万暦帝の浪費で国家財政がヤバいしで
講和できるならそれで良いって感じだろうね。

まあ朝鮮も晋州城に立てこもったのは
「晋州城が落ちると俺たちの故郷がヤバい」という全羅道出身の義兵将と
日本軍の攻撃の2日前に赴任した新任の牧使と
晋州城以外に行き場のない数万の避難民というお粗末さだったんだけど。

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 19:13:49.63 ID:sff8DCWU
>>318
北宋もそれで亡んだしね!
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    317
    農作物がちっとも確保できないんだから、食いもん確保のためだろ
    別に意味もなく牛馬殺したりなんぞしとらんわ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    朝鮮では結構早い段階から義勇兵がゲリラ化してたからな
    古今東西を問わず、ゲリラ化して潜伏されると兵民問わず皆殺しが鉄則なんよね、見分けがつかないから
    (だから近代戦でもゲリラを匿うと国際法の枠から外れて、纖滅戦やっても戦争犯罪にはならない)
    朝鮮戦線が悲惨になったのはその辺りもでかいと思う、特にまだ一向一揆に苦しめられた記憶がある武将も多いだろうしな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    明の立場からすればここで援軍だして交渉にひびが入るより
    放置しておく方を選ぶわな、どうせ自分とこの領土じゃなし

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >古今東西を問わず、ゲリラ化して潜伏されると兵民問わず皆殺しが鉄則なんよね

    何時そんな鉄則が出来た?そんな事を実行すると、どの道殺されるのならと比較的
    従順な者までを含む大反抗を惹起して泥沼化を自分で驀進するだけだぞ。

    鉄則といえるとしたら「従順な者と反抗的な者を徹底的に選別分住させる事」だな。
    その結果ゲリラは反抗的な支持者&従順な者という隠れ蓑&根拠地や人材ソースと
    切り離され立ち枯れていく。
    ただしコレは当然ながら軍事力による強制だから、ほぼ間違いなく人命含め多大な
    被害も出すので所謂「民族浄化」ってヤツの一形態になるから(民族浄化は虐殺と
    イコールではない)、今となっては中共等常識外れの地域以外では、あからさまに
    取れない手段になってしまったし、端から穴の空いたバケツに水を注ぐように政治
    や戦略のレベルで過誤を犯していた越南戦争みたいな例にはちと嵌り辛いがね。

  5. 人間七七四年 | URL | wlh0LWeY

    >鉄則といえるとしたら「従順な者と反抗的な者を徹底的に選別分住させる事」だな。
    朝鮮戦争で徹底的にやったねぇ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    なんかこの戦役って3ヶ国ともグダグダだよな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    3カ国とも現地で指導できる人間がいないんだもの。
    自国軍すらまとまってない。

  8. 名無しさん | URL | -

    沈維敬とか、調べれば調べるほど訳がわからなくなりそうだ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >>4

    >そんな事を実行すると、どの道殺されるのならと比較的
    >従順な者までを含む大反抗を惹起して泥沼化を自分で驀進するだけだぞ

    そうだよ? だからこそ、戦時国際条約はその端緒となるゲリラ戦術を厳重に禁止してるんだよ。

    「戦闘は戦闘を専門とする奴らだけでやれ。素人が下手に首突っ込むと収拾つかなくなるから引っ込んでろ。そうすれば素人に手は出させない(仮に出したら重罪扱い)から」

    ってのが、ゲリラ戦禁止の精神だからな。 

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >9
    なんだ。
    実践じゃなくてそういうレベルでの理屈の話か。



  11. 人間七七四年 | URL | -

    詳しく知りたいのなら、ハーグ陸戦条約辺りを読めば書いて有るかな?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    それでも、最後に勝った方に付いていたゲリラは
    レジスタンスとかパルチザンとか呼ばれて賞賛される不思議。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    そりゃ賞賛しなけりゃまた暴れ出すかもしれないからなぁ…

  14. 人間七七四年 | URL | -

    そりゃぁそんな状況(ゲリラ無双)だとゲリラがいないと勝てなかったからなぁ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    義兵が蜂起したのは李如松がくるより前なんだけど。

    >>4
    ずっと昔からそうだよ。
    日本と違って海外の都市は城壁都市だから、一度内側にいる人間を皆殺しにしてしまえばおしまい。
    泥沼化なんてありえない。
    もっとも異民族や異教徒同士の戦争でなければほぼ起こらないけどね。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >そうすれば素人に手は出させない(仮に出したら重罪扱い)
    そもそも当時これって成り立ってたんか??

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5666-d2fe5004
この記事へのトラックバック