FC2ブログ

朝倉義景と足利義昭、そして見事な駿馬 

2011年08月18日 23:01

452 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/18(木) 11:40:59.31 ID:JZ+QGsBL
永禄10年(1567年)11月、足利義昭は越前朝倉氏の本拠地一乗谷へ下向した。

朝倉家の当主義景は、義昭の懇望する上洛には難色を示したものの、妻を通じて
親戚にもあたる(義輝の室と義景の継室が姉妹)義昭を粗略には扱わず、国を
あげて歓待した。翌年4月には未だ元服を済ませていなかった義昭の元服式を、
自らが加冠を務めて執り行い盛大な宴を催した。そして元服の一月後、代々の
足利将軍が三管四職の館に御成りする際の形式に則り、義昭の自邸への御成りを
実現した。この行事のためにわざわざ京都より公家の二条晴良も下向、義昭に従う
御伴の衆の数百余人、塗輿に乗った義昭は朝倉家臣が厳重に警固する中、義景の館
に入った。

三献の儀が執り行われ、義景より太刀・弓・鎧など様々な武具が義昭に献上される。
そして、庭に見事な鴾毛の馬がこれも献上品として引き出されてきた。

「おおっ!」

さすがは衰えたとはいえ武門の棟梁足利家の血を引く者である。義昭は立ち上がって
馬をよく見ようとする。座敷に控えていた御伴衆も皆、庭に下りて馬を眺め讃嘆の
声をあげる。彼らも都を追われた落魄の身とはいえ、やはり武士である。

この時、義景は座敷にはおらず、かといって庭までは下りず、縁の下に置いてある
石の上に立っていたという。


見事な駿馬  立ち上がって眺める将軍(候補)  讃嘆の声をあげる庭の御伴衆
そして  将軍(候補)と御伴衆の中間で満足げに佇む管領(代理)  時は五月

なんとも絵になる構図ではないか!

-------------------------------

義景「いやあ、うちの庭じめじめしててさあ、足汚れるの嫌だったの
    だからどーしよーかなーと思ったけど庭に下りるのやめちゃったあ」


朝倉義景亭御成記」にはここまで書いてござりまする…
なんか執筆者の悪意感じられるのですけれども…





457 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/18(木) 18:41:47.84 ID:bRnA5TpI
>>452
なんでこの人はいつもやることが中途半端なんだ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    当時の人らは文化に溺れた今川氏真と朝倉義景、どっちが好きなんだろ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    *1
    そりゃー大内義隆が好きなんだろ?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    米?》大内攻め、足利受けのBL本を出せとの事ですね?わかります

  4. 人間七七四年 | URL | -

    義景さんの感想が、妙にリアルだなwww
    しかし、下向して来た人達ってちゃんと帰宅してるのですよね?
    三好勢に何かしら罰を受けないのですかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5702-16549cc1
この記事へのトラックバック