fc2ブログ

岡左内それから・いい話

2008年11月18日 00:03

岡左内   
526 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/11/17(月) 17:32:11 ID:ZDlEkbdP
岡左内それから


質実剛健の上杉家の侍ながら、守銭奴と罵られるほど金を貯め、しかし関ヶ原の時
その金を全て主君景勝に差し出した。

こんな逸話で有名な岡佐内。彼は関ヶ原の後、減封された上杉家から身を引き、牢人となった。

この左内には関ヶ原での武勇から、召抱えを望む大名は多く、特に、直接に戦った伊達政宗は
熱心に誘った。

「三千石でどうか?」

破格の条件である、が、左内は断った。「わたくしには多少のたくわえもあります。
今後は仕官することなく、悠々自適に暮らしたいと思います。」

この言葉が世間に伝わり、恐慌に陥った家があった。上杉家である。
上杉家には、ただでさえ左内から借金をしている者が多くあった。しかも関ヶ原の敗戦による
減封、転封で、みな、経済的に苦境に立たされている。

「左内の”たくわえ”とは、われらの借金の事だ。左内が借金を取り立てに来るのだ」

領内の動揺は大きく、ついに家老、直江兼続が直々に左内の元に訪ねて行く事態となった。
兼続は、左内に聞いた。「わが家中の者達の借財を、どのようにするつもりか?」

左内は兼続を、屋敷の庭に案内した。焚き火が焚かれていた。

「こうします」

その火の中に、借用書をことごとく、投げ入れた。
また、自分が仕官しなかったことが、上杉家の人々を不安にさせたことを恥じ、蒲生家への
仕官を決めた。


兼続は、「何故あれほどの男を手放してしまったのだろう。彼のような男こそ、本当に必要なのに。」と、
後々まで語ったとか。




528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 17:38:53 ID:EOB5isa0
かっこいーなー
普段は締めて(でも同僚に金貸してやってる辺り、守銭奴っていう評価はひどい)
本当に必要なときには直接自分のためでなくても金を惜しまないって
言うのは簡単だけど実行するのは簡単じゃないよな

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 17:54:48 ID:ZDlEkbdP

>>528
自分の部屋に大量の銭敷き詰めて、その上でゴロゴロ寝転がる、なんてことしてたからねw
守銭奴呼ばわりされても仕方ない部分もある>左内


531 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 18:11:43 ID:Zh1XKBpg
左内は自分の部屋に大量の銭敷き詰めて
その上を裸でゴロゴロ転がる趣味があるので
同僚達から気持ち悪がられていた反面
大事が起きたという報告が入ると敷き詰めた銭をそのままに
駆け出すという一面もあり。
お金が大好きで大好きで仕方ないが
お金より大事なものもちゃんと分かってるって感じだな。

左内は松川の戦いで政宗に斬り付け陣羽織を奪ったという逸話もあったりして、
関ヶ原のあと景勝から「越後」の名を貰う。
そんな左内さんは元々蒲生家臣なので蒲生転封に際し
会津に入ってきた上杉家に仕えたが蒲生家に出戻ったということさ。


532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 18:21:37 ID:EOB5isa0
>>529
>>531
なんだとw
それはあれか、ちょっとお金貯まっちゃってテンションがあがりすぎたとか
周りの評価は守銭奴だけど、実際は趣味と実益を兼ねたお金限定蒐集家w
その後の行動といい、良いキャラだなあ

533 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 18:42:05 ID:Tj5L4oqP
妙に濃ゆい人材が集まる上杉
類は友を呼ぶのか

534 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 18:48:34 ID:POvaT1GA
札束風呂に入って「ヴェッヘ~」みたいな邪悪な笑み浮かべてる奴を
時々雑誌の広告ページで見ます

535 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 18:52:03 ID:ak/hjJxq
金持ちになったら、全財産を一円玉に換えて銭の海で泳ぎたい
そんな夢を子供のころに持っていた

536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 18:57:29 ID:Lu8CAH9Z
直江が政宗の渡した大判を手で取らなかった理由が分かった。
左内が大判小判の上をマッパで転がってたのをつい思い出して
「誰が触れてるか分からないしキモい」だったんだな。

537 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:00:36 ID:FglziSI3
今の硬貨や紙幣なんかも誰がどんな汚い手で触れてるかなんてわからんよね

538 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:02:55 ID:7YCcNIqn
左内「銭は飲み物」

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:11:59 ID:2HjFtZuv
カラスみたいにキラキラ光るモノが好きで集めてたような気がする。

540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:32:39 ID:lHB0fodC
>>527
槍の又左っていう武将の陣羽織は、表も「金」・裏も「金」だったらしいぞw

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:33:37 ID:ErR2AV9V
>>537
海外旅行いくと紙幣の汚さに驚くよ。
日本じゃありえないレベル。落書き(メモ?)とかしてあるのも普通だし。

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:41:21 ID:45DBet2r
>>540
又左は金の使いどころ間違ってるよな

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:47:11 ID:SQbVZL/s
お金の為だからって
犯罪は岡左内


544 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 19:48:07 ID:7YCcNIqn
>>543
ちょ・・・

545 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 22:03:21 ID:UHhdjKza
>>535
今なら1アメリカドルあれば札束風呂が出来るぞ
ジンバb

546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 22:06:16 ID:Eh6p4W8a
ジンバブエだっけか?何処かの国でお札の金額がもの凄いことになってるんだよね

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 22:17:35 ID:ZDlEkbdP
戦国時代の日本にも、実は通貨危機があった。

正確に言えば、明の国力衰退がはじまり。明銭の質が落ち、独自に通貨を発行せず
中国からの輸入に頼っていた日本で明銭への信用不安が起き、その分過去に輸入してあった
宋銭の価値が高まってその交換率やなんやらでかなりの経済混乱が起こった。
何処の大名も通貨政策でえらく頭を悩ましている。

江戸期になって土地の生産量をあらわすのに、それまでの貫高から、米の生産量を基礎とした
石高制になったのは、貨幣価値が安定していない現実を踏まえ、主食である米を基準とした方が
全国統一の規格としてふさわしかったため。

その後徳川幕府の統治下で、独自通貨の発行が進み安定した貨幣経済が復活するんだけどね。

548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 22:37:39 ID:8h7JBwTt
>>531パタリロ?

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 23:16:15 ID:GSrUaxpw
裸で銭布団の上ゴロゴロとかどんだけ~w
きっと
「これだけあれば皆が困ったときに諸々用立てられるぞひゃっほ~い♪」
とか言いながら転がってたんだろうな
岡左内、好きだなーこういう人物
宗茂さんとこにも似たような人いたような気がするな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    まとめ管理人さま、よろしければ
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6221.html

    こちらの岡さん噺ともリンクをお願いいたしします。

  2. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >その金を全て主君景勝に差し出した。

    貯めた金全部じゃなく1万貫を献上じゃなかったっけ?

    「わたくしには多少のたくわえもあります。
    今後は仕官することなく、悠々自適に暮らしたいと思います。」
    に繋がると

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/574-99b0ff5d
この記事へのトラックバック