FC2ブログ

合渡川の戦い・黒田長政と後藤又兵衛

2011年09月01日 22:00

629 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/09/01(木) 19:44:44.33 ID:dm3WrxJx
1600年の関が原の戦いの直前の事である。徳川家康に従う黒田長政らの東軍と、対立する石田三成の
西軍が合渡(ごうど)川を挟んでにらみ合っていた。そこでこちらから攻めるべきか、あるいは相手が動いた所を
迎い撃つべきか東軍の大名達の間で議論となった。この時、藤堂高虎

「又兵衛、貴殿の意見が聞きたい。」

後藤又兵衛に尋ねたのだが、主君の黒田長政

「ふん、又兵衛の意見など聞いてどうなる!」と横やりを入れた。

陪臣の身でありながら大名に意見を求められたのが面白くなかったのかもしれない。しかし又兵衛も
長政のそんな態度に慣れっことばかりに

「勝つにしろ負けるにしろ、打って出ない事には家康公に顔向け出来ますまい。」

自説を主張。この意見を聞いて出撃した東軍の先頭に立ち、渡河の一番乗の名乗りを挙げる際も

「我は後藤又兵衛なり!」と「黒田家家臣」である事を言わなかった為、またも長政の気分を害したという。

以上、長政と又兵衛の溝が益々深まってしまったお話。




633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 20:48:20.16 ID:p/xhdv6C
>>629
相手の発言や行動のことごとくがいちいち気に障るんだろうなあこの2人の関係
それが上手く働くと微笑ましい笑い話になるんだけど…

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 20:53:52.15 ID:6aZ2QESu
やっぱり又兵衛は長政の事舐めてるのか
長政がいちいち絡んでうぜーと思っているのか

635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 21:12:35.24 ID:dto5IQHT
又兵衛が出てくるたびに長政の小物感が一層引き立つなぁ・・・w

636 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 21:18:27.65 ID:YM7LBfgY
そら後世成立の又兵衛ageの逸話なんだから当たり前っしょ

637 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 21:20:09.06 ID:6aZ2QESu
長政は犠牲になったのだ…

638 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 21:36:31.90 ID:Qgxyh5dJ
又兵衛相手じゃなくても、長政は小物臭しかしない

639 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 21:41:40.11 ID:iYm2bJ12
武辺に関しては自分の息子にすら対抗心燃やしてたよな

640 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 22:54:44.76 ID:YM7LBfgY
違うだろ
小物臭くしてる逸話の長政が小物臭いだけだろ

641 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 23:14:06.74 ID:4xp8mB1D
江戸時代は槍働きが無いから死を賭けた諫言が最上級の忠義
武士に生まれたからは一度はやってみたい諫言。って時代だったそうで
ある程度功をなした家臣はみんな機会を狙っていたとか
こういう逸話を好んで量産した黒田家は後々まで忠義者が多かったのかもね

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 23:23:22.02 ID:tr+CvJPh
そういう諫言を許している長政は大物だと思うんだけどな

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 23:30:26.58 ID:D1bZpdM/
「諫言を好む」というのも名君の条件だしね

644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 23:41:39.92 ID:6aZ2QESu
家康も、諫言してくれる家臣は大事にせよと言ってるしな

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 07:03:10.68 ID:IaNqQLCp
けど一つ間違うと勘違いしたことをねじ込んでくるバカ家臣だからなー。
江戸期には抜擢した下級家臣と藩政改革しようしてる時に、阻止しようと「諌言」した重臣が多い。
そのくせ、通らなくても浪人する度胸もなくてぐちぐち言い続けるという。

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 08:31:06.14 ID:pjrKKvXb
そのくせ、いざ自分が殺されそうになったら、主君を無実の罪で訴えたりな
647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:21:48.04 ID:YR3KCkeD
又兵衛の再仕官先をことごとく潰すべき書状配りまくった時の長政は小物臭しかしないな
嫌いな武将では無いけど、親父が生きてた頃は良い意味で小物臭を放っていたのに
例えるなら親父生存時の長政=クリリン
親父死亡後の長政=ヤムチャみたいな感じ

648 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:28:46.26 ID:BFHfy2D5
父に「不肖の息子」と見下されていたせいで性格がねじ曲がった長政、
同情すべき所はあるが近寄りたくはない奴だ

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:35:46.70 ID:VnF+4ujX
長政はけっこう又兵衛を信用していたみたいなのにな
黒田家中では孤立していたような
大坂でもハブっぽいし、コミ障の気でもあったのか
同僚に嫌われる人となりだったのか

650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:45:58.37 ID:HK5hZHU2
>>648
どっちかってーと又兵衛の方が近寄りたくないな、悪い意味でめんどくさい。

651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:50:55.38 ID:IaNqQLCp
結局、又兵衛って如水が使わないとダメな人だったとしか思えんな。
大阪の陣でも自分の功名しか考えてないし。

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:51:50.28 ID:a5gvGlmq
又兵衛は大阪城では兵卒に人望高かったみたいだけど、違う逸話でもあるの?
つうか、あの大坂城でカリスマ性を発揮できる奴なんているのかね

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:56:43.26 ID:p64izSXP
兵卒に信頼してもらう
上司に信頼してもらう
同僚に信頼してもらう

これはそれぞれ違う能力だからね
又兵衛には一番上しかなかったんだと思う

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:56:52.10 ID:IaNqQLCp
軍議で真田信繁と並んで自分がおいしいところを持って行こうと自己主張しまくって、
まともな作戦を作らせず

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:58:54.93 ID:a5gvGlmq
ずいぶん又兵衛に辛い人たちがいるけど、黒田家の人?w

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 21:10:33.18 ID:VnF+4ujX
その如水にしても、長政にあんまり又兵衛を信用するなと言ったという逸話があるくらいだからね

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 21:14:50.24 ID:lM0e+K4h
>>653
スカウトした大野修理には信頼されてたような

658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 21:35:29.12 ID:kI6EdSaZ
>>653
俺の中で又兵衛のイメージがハートマン軍曹で固定された

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 21:48:47.78 ID:YR3KCkeD
乱世においてはリスクを補うだけのメリットがあったけど
平時においてはリスクしか無い武将の典型だったんだろ又兵衛
でも諸大名に門前払いする様に仕組んだ長政も上司としては大概だと思う
>>654
あの面子で真田に重要箇所を任す大阪方の采配はハンパ無いけどな
ホモにニートにアスペにカルトとか長宗我部さんかわいそう

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 21:50:05.96 ID:9cpoU8IS
又兵衛は判官贔屓の典型のような。
それで好意を持った人たちが調べてみてもあまり感動するような逸話が無い。
仕方ないのでとりあえず長政を悪く言っておこうかみたいな。

でもまあ名将には違いないだろうし
次の戦国大河は真田か黒田かと言われてるくらいなんだし
印象悪くともネタは歓迎。

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 22:07:54.90 ID:IaNqQLCp
>>659
いや、毛利さん嫁も子供いるんだからホモじゃねえだろ

662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 22:11:26.02 ID:EZoNJ7tn
バイだな。
男色を嗜む武将は多いけど男色専門はそういない。

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 22:12:24.09 ID:/tsr3TT+
判官びいきで人気な奴には碌なもんがない

664 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 23:14:23.13 ID:a5gvGlmq
逸話スレなんだし、脱線はここらへんにしとこうぜ

665 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 00:29:16.90 ID:r1U96zuY
母里さん→滅茶苦茶だけど長政の事大切に思っている。
後藤→長政ディスリまくり。
逸話だけだとこんな印象受けるわ。

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:05:27.38 ID:XW0Eps16
いい話も悪い話も、言ったもん勝ちなんだなあ結局

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 01:22:16.03 ID:XotMuuQv
又兵衛はなんか、愛が足りないよな

668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 02:42:40.61 ID:xA/3ksQW
愛されてはいたが、そのせいかな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    馬が合わないと何をやってもダメなんだよなあ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    俺は逆にここでの黒田家逸話を影響でチートな親父と比較されたり軽んじられたりでガムシャラになってるngmsへの配慮が微塵も感じない又兵衛に小物感を感じてきてる。

    太兵衛とngmsの場合は笑えるのに又兵衛とのは何とも笑えない。

  3. 如水「又兵衛も使いこなせないでどうやって天下を獲るんだよ…。我が息子ながらドン引きだわ…。」

  4.   | URL | -

    高虎もよりにもよってNGMSの前で又兵衛に聞くとからしくないなぁ。
    黒田一成とか、ほかにいくらでも聞くヤツいただろうに…

  5. ゆとりある名無し | URL | -

    >>4
    それ自分も思った
    何でもかんでも又兵衛の手柄にしようとする典型的創作話だろうな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    真偽について話し合いたくてしょうがないお子様がまだいるようだ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >>6
    夏ですわよ奥様

  8. 人間七七四年 | URL | -

    又兵衛ageというよりも、
    どちらかと言うと主君を立てられない又兵衛の悪い話、に聞こえるけどなあ
    又兵衛がそういう人間なのは周知の事とは思うけども

  9. 人間七七四年 | URL | -

    そういう長政が好きだw

  10. ゆとりある名無し | URL | -

    長政苦労してるなあ…自分もそんな長政が好きだ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    母里さんにはある一線が、又兵衛にはないんだよなぁ。
    「黒田家家臣」を名乗らないってことは、
    長政だけじゃなくて如水さんも軽んじてるのじゃなかろうか。

    あ、いつもどおりの長政、大好きです。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば又兵衛は裏切り者の一族だから重用するなって官兵衛が言ったっていう逸話あったよな。官兵衛からの又兵衛への好態度見てると矛盾してるが実際はどっちだったんだろ?

  13. 人間七七四年 | URL | LYJgwvco

    又兵衛を召抱えるなと孝高が言ったという話のソースは長政→本多正純への書状、
    官兵衛からの好態度はどこがソースかは知らん

  14. 人間七七四年 | URL | 5brizBNc

    実はお互い恨みはなく 漢と漢の勝負がしたかっただけ と想像してみる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5740-1d8770da
この記事へのトラックバック