FC2ブログ

万千代違い

2011年09月01日 22:01

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 14:46:28.28 ID:/MDj4qXf
小牧・長久手の戦いで、秀吉方について戦っていた池田恒興(勝入)が
家康家臣の永井伝八郎(直勝)に討ち取られた事はご存じの通り。
その経過は、安藤直次が勝入に槍を付けて、直勝にさし招かれた若武者・伝八郎が首を討ったもので
そしてそれを正直に報告した伝八郎と、クサイ芝居をして功を譲った直次という
これだけみると、過去にもこちらで挙がっている清々しい戦場の友情譚である。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-684.html

…が、事の真相はどうやらもっと深~いものであったらしい。

実はこの戦前に、主君・家康から直々に直次にお達しがあった。
「井伊万千代(直政)に手柄を立てさせるように、よろしく援助してやってくれい」
戦歴が浅い為、目の中に入れても痛くない直政の事を頼まずには居られなかったのであろう。
可愛い直政にチョッカイを出そうと、その小姓部屋に忍び込んだとも言われる「敵」直次に頼み込む始末。

そして決戦の場。
直次は勝入に槍を付けて半死状態にした所で、後方から詰めている筈の直政に首を討たせようと、
「万千代、万千代!」と叫んだ。
すると予期せぬ方角から武者が襲いかかり、あっという間に勝入の首を掻き斬った。
その人物こそ伝八郎であり、前髪の頃は直政と同じ「万千代」という童名の持ち主だったのだ。

永井伝八郎直勝とはどのような人物か?
「すぐれたる美童」だった伝八郎は、家康の長男・信康に見染められ児小姓として寵愛されていた為
後に家康の直臣となった際も、家康からも目をかけられた。
機転が利き、軽やかな身のこなしで勇敢な為、この度の戦で初めて母衣衆に抜擢された。

一説(『武野燭談』)に、直次と伝八郎は衆道の契りを結んでいたと伝えられ
(※余談ではあるが、かの「三島由紀夫」は伝八郎の子孫だそうだ)
伝八郎としてみれば、直次が自分に敵将の首を譲ってくれるのだと思い飛びかかったに違いない。
(万千代違いだったが、伝八郎なら丁度いい。伝八郎にも誤解させたままでおこう)と直次が
思ったかどうかはわからない。
いずれにしても、伝八郎にとっては棚からぼたもちである。

その頃、本来の「万千代」はどうしていたかというと…

直次の思いは何のその、井伊隊の主将でありながら組下をどこかへ置き忘れて、敵陣深く攻め入り
一騎駆けよろしく池田隊と組みうちし、直次の助太刀もイラネとばかりに
勝入の黒母衣を組み伏せ、首を掻き斬っていたとさ。
もちろん直次に、「物主たるもの組下を置き去りにして一人働きするものではない!」と叱られました。




378 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 15:01:41.36 ID:r6KjBAj3
万千代違いワロタw

なんかかわいいな 俺が呼ばれてる!と思って勇んで駆けてくるの

379 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 15:46:01.49 ID:35n8IDR5
>>377
戦場の話なのに微笑ましいのは何故だろう
それにしても安藤さんはアッー!方面も抜かりがないねw
長久手では井伊隊のあげた首級がパネェし
「我に遅れたる者は男じゃねー」
と飛び出して行った直政には最初から援助なんていらんわ
という感じだね

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 19:14:05.26 ID:3+7HXbDB
「覇王の家」でも信康が寵愛していた家臣だから、家康も目をかけていたって描写だったなー。

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 19:23:52.76 ID:5saW7Eok
衆道関係をはっきりさしといた方が背景が分かるからいい
この時代は嗜みだったんだし


402 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 11:18:58.56 ID:1KCWKsp9
>>377
司馬遼太郎の覇王の家にも載ってたな。
永井伝八郎の事を他人に思われ慣れた者の厚かましさというものかもしれないって、けっこう酷く書かれてたけどw

403 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 12:28:49.28 ID:RpXRtaE/
>>402
あの場合は、永井の取った行動も最もな事だし仕方ないと思うけどなw
冷静になって、あれは自分を呼んだのではなく井伊万千代の事だったと気付いたはずだが
その後に権現様に直次殿からの貰い首と正直に言って褒められたエピも良い

404 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 16:17:33.80 ID:J6MLLiZh
>>402
覇王の家をして読み返したけど、何故あんなに永井に厳しいんだろ
永井も家康に正直に事情を話したと文中に書いてるくせに
他人に想われ慣れた者の厚かましさとか
首を討ったのは確かなのに
譲り受けていわばけろりとしていたなんて書いたり。
逆に直政に対しては
その美貌は婦人にも稀なほどとか想い人のように好意的w
家康との衆道も、徳川家のみならず
町人まで知ってる事実とか断定しちゃってる



405 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 16:25:21.91 ID:DmRk64gg
>>404
子孫の三島由紀夫か分家筋の永井荷風が嫌いだったのかもしれんなw

406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 16:35:25.50 ID:Y5sC0jWl
>>384
ちょっとシュトロハイム入ってるなw

407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 16:51:24.97 ID:RpXRtaE/
>>405
それ自分も思ったw

408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 18:41:10.75 ID:C9EFOOU5
>>404
エッセイ等よめばよく分かるが、
司馬は「欲深い人間」が死ぬほど嫌いなんだよ。
金銭欲、名誉欲、領土欲等を人一倍持ってると司馬に判断された人間は糞みそに悪く書かれちゃう。

反対に、司馬がヒーローを書く時は、多少無理があっても
「無欲で、自分の力を試したい・公平な世の中を作りたいという原動力で生きた人」として作っちゃうわけ。

だから、大封を得ても質素な生活を貫いた井伊直政には甘いし、
黒田官兵衛なんか暗黒面のエピソードを完全にスルーして「無欲で明るいクワンピョウエ」なんて
無理あり過ぎる美化をしちゃうw

409 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 18:46:11.15 ID:DmRk64gg
> 金銭欲、名誉欲、領土欲等を人一倍持ってる

この要素で真っ先に思い浮かぶのは太閤殿下だなw

410 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 18:47:16.72 ID:64WNbTQ7
大阪人に太閤=悪の発想はできません

411 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 19:17:24.29 ID:p64izSXP
太閤殿下は欲深いというのとはひとつ上の次元にいる気がする
良くも悪くも

412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:00:55.44 ID:xNNneUWv
言われてみれば、司馬センセの作品に出てくる直政は、家康のお気に入りの名家の美男子であることがやら
強調されてる気がする。

413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:12:35.41 ID:pl1wOrqD
>>412
まあ、実際にそうだったようだけどな

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 20:19:43.14 ID:BFHfy2D5
>>408
お前も司馬同様にレッテル貼りが好きなんだなw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    帯刀と直政、階級差があるのに遠慮なく叱るのが三河流だってw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    帯刀さんって、主君(家康)とその嫡男(信康)両方の寵童にちょっかい出してたってこと?
    (しかも万千代つながり)
    スゲー度胸だなw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    愛憎渦巻く衆道もある一方で
    三河武士の衆道関係はなんか爽やかだな

    しかし、安藤のイメージがどんどん崩れていくww

  4. 人間七七四年 | URL | -

    安藤さんも男漁りがスゲーなw
    でもこんな人よく権現様も自分の息子の教育係にしようと思ったものだ。
    確かに出来る人で紀伊だけでなく尾張や水戸の三人に慕われた人物だけどねえ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    衆道も三河流ってやつだなwそれも家光の代で薄れるけどw

    ※4
    権現様は直次を頼宣に付ける時に
    「直次を父と思いその言葉に背くな」と言っているし信頼の大きさが覗える
    そしてその奉公振りがオトコマエ過ぎ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    人の物にばっかチョッカイかけるのは、そういう趣味なのか?

    しかし安藤の逸話は期待を裏切らんなww

  7. 人間七七四年 | URL | -

    直政の行動も期待を裏切らねぇ
    そしてそれを叱るアンさんも

  8. 人間七七四年 | URL | -

    我が子ならともかく、家臣が手柄を立てるように他の家臣に頼むなんて、権現様もホントに直政が可愛くてしかたなかったんだろうなぁ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    関ケ原でも息子の忠吉の怪我そっちのけで
    直政の怪我を労っていたね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    前の逸話で凄く感動していた話に、こんな部分もあったなんてw
    万千代さん違いにワロタwww

  11. 人間七七四年 | URL | -

    テーパイの神聖隊みたいに"三河の権現隊゛て強そうな気がしてきたwwwwww

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >神聖隊
    呆気なく真田に壊滅に追い込まれそうだ。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    *12
    どーして?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    シュトロハイム云々は滝川一益のコメじゃね?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    万千代→まんちょ→「よし、お前入れられる側な」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    小姓部屋に忍び込むって…夜這いかけたって事?

    安藤ェ…

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    多分、いや絶対に返り討ちにあっているよ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    夜這いっていうか、安藤さんが直政に招き入れられたって話がここに載ってなかったっけ?
    そこで家康と鉢合わせしそうになって云々みたいな話。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    *18
    直政に招き入れられたという話はないが
    鉢合わせしそうになったという話は載っていたね。
    帯刀さんが夜這いをかけたという話はよく目にするけど
    そこから先がどうなったかという話はわからないはずなんだよな。
    2人とも権現様に対する忠誠心は絶対だから
    関係を持ったなんて事はないと思うのだが
    以前紹介された逸話の出典がわかる人いないかな。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19

    ひょっとして「美少年日本史」かな?
    読んだことないからわからないけど
    直政さんのとこに安藤さんが夜這いかけた話が載っているらしい

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5743-a5ffa30a
この記事へのトラックバック