FC2ブログ

「それは、長束大蔵大輔の仕掛けた事だ。」

2011年09月08日 22:05

782 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:17:15.97 ID:+5j/TItu
小田原攻めのころ、関東では大軍の長陣によるものか、米価が高騰し、諸大名はその対応に頭を悩ませた。
徳川家でも困り果てた家臣たちが主君にこの件について相談したが、家康は言う。

「どれだけ高くとも良い。周辺で米を買え。」
「それでは大損になりますが?」
「かまわん、どんどん買い取るのだ。」

家康の言う通りにしたところ、「小田原では米が高く売れる」という評判があちこちに流れ、
諸国から商人が米を売りに来るようになった。すると、急に米価は下がり安定した。

それから少しして、家康が荷駄奉行の伊奈忠次を呼んで指示を与えた時、忠次がこんな事を言い出した。

「昨年から有事に備えて兵糧を買い集め、沼津に運んでおきました。ところが今、関東に来てみれば、
こちらの米価も、江尻や沼津の米価も、そう変わりがありません。これでは運送費の分、
こちらで買った方が得でした。なぜこんな事になったのでしょう?合点が行かぬことでございます。」

家康は、苦い顔をして答えた。

「それは、長束大蔵大輔(正家)の仕掛けた事だ。あの男は、さしたる武功も無いが、こういう計略に
抜群の才を持つので、関白から要地に一城をも与えられているのだ。
それよりわしは、お前の職分で今ごろそんな事に気づいている方が、合点が行かぬわい。」

忠次は冷や汗を流しながら、主君の前を退出した。(天元実記)


こういうのも秀吉の『戦争』だったんだろうなあ

後日談
この者達の忠孝を認めぬと言うのなら


783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:35:32.51 ID:9E2t5uxO
家康も認める長束正家の手腕はやっぱすげー

784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:43:46.80 ID:GCb/dbCD
家中随一の内政屋、忠次よりはるかに経済に詳しい家康凄過ぎw

785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:51:29.06 ID:9E2t5uxO
家康は土井利勝にも、お前もうちょっと人見ろよって言ってる逸話なかったっけ

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 01:53:19.80 ID:gCxiSUv2
>>785
これかな?

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5140.html


787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 15:30:43.37 ID:o3NfJ4+8
家康「わっちは賢狸イエヤスそれくらい見抜けて当然でありんす」

814 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 20:52:48.37 ID:No37d+WJ
>>782
さすが下々が「上様にはよく商いを遊ばさる」と評判しただけあるな。
米が上がると城の米蔵を開いて売って、下がると米を買って蔵に入れてたしな。


815 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 20:59:15.32 ID:PaRCRtRi
それって米価を調整して生産者と消費者の双方を守ってるだけじゃないの?

816 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:05:02.79 ID:No37d+WJ
駿府に隠居してからもしてたらしいから、儲かるからしただけと思うけどなw

817 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:33:05.05 ID:fSdvAoWz
そういう財テクは秀吉から学んだんだろうね>家康
太閤になってからも蔵米算用状という、蔵入地から納められる米の量と
その相場価格を記した文書を見て、自ら買い時売り時を決めてたというから只事ではない
当時は畿内と東北地方では米価に8倍もの差がついてたというから、
公儀として米の流通販売権を掌握してたらボロい商売だったろうな

818 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:45:10.69 ID:bxd+qlrb
家康や秀吉が商売をするのはいい話になるのに前田利家だと悪い話になってしまう不思議





・・・あれ、ここ悪い話スレか。

819 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:52:22.64 ID:bG0sHAHA
つーか米などを売買するのは、例の秀吉の鳥取城攻めの前、鳥取城の連中が兵糧を高値で売った例を
出すまでもなく、秀吉や家康に限らず戦国大名なら普通の事。

タイミングや状況を間違えると「鳥取城渇え殺し」になるわけだがw

820 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 22:13:00.17 ID:fSdvAoWz
「安く手に入れたものを高く売る」という点で見たら誰でもやる普通の商行為だろうけど、
秀吉や家康のように日本全国に直轄地を持ち、地方の米を都市部で独占的に販売し差益を得るとか、
米相場に介入して米価をコントロールするってのはやはり天下人じゃないとできないこと
貨幣価値があるため稲作に向かない土地でも無理やり米を作らせたという米作偏重が
江戸時代に頻発した飢饉の原因の一つとなったという見方もあるから、悪い話と云えなくもない

821 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 22:20:04.36 ID:SKGSreut
武将風雲録では基本です
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    池田輝政「オレと長束は竹馬の友なんだよ(ニッコリ」

  2. 人間七七四年 | URL | JlzLj1mc

    さすがは稀代の算術家。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    787は何のネタ?

  4. 名無しさん | URL | -

    ん? 長束さんが米の値段を抑えたの?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    狼と香辛料

  6. 人間七七四年 | URL | Pnsj6K02

    >>787
    ホロ康ww

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    秀吉は小田原征伐では空前の兵糧を用意させています。
    鳥取城攻め程ではないにせよ現地での買い付けもしている筈です。
    この時代、大名の兵糧は基本自弁ですが小田原では長期滞陣となり
    当初自領から輸送した分だけでは足らず再輸送しようにもこの時代
    輸送費と時間は馬鹿になりません。
    結局、秀吉から高額で兵糧を買わなければならなくなります。
    秀長なんかは九州陣の時、あまりに高額で兵糧を諸将に売りつけた
    為、秀吉から注意を受けている程で兵糧の転売は豊臣政権の重要な
    資金源になっていたようです。
    家康からは、長束はこのシステムの中心人物と見られていたという
    逸話です。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    似たような話で、大岡越前版もある。こっちの方が、先なんだろうけど。

  9. >>787
    絶対に一緒に旅したくないw

  10. 人間七七四年 | URL | aNn4.8kc

    のぼうの城 小説では、
    正家はおべっかだけの戦下手かつチキン野郎
    というあつかいで、

    ここでは誉められてて驚いた

  11. 名無しさん | URL | -

    家康「まて慌てるなこれは長束の罠だ」
    って感じかな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    「どれだけ高くとも良い。周辺で円を買え。」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    家康は隣の領地だから自給できるんじゃないのか?
    毛利とかは大変そうだが

  14. 人間七七四年 | URL | -

    流石当時随一のテクノクラートですね!

    >10さん
    それはむしろ「のぼうの城」が酷いのですよ。
    あの扱いは無いよ。

  15. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    のぼうそんなに酷いのか
    世間一般に面白いと思われる戦国時代小説の内容って
    なんかどれも酷くね?

  16. 人間七七四年 | URL | -

    小説の描写ってあまり参考にはならないからな

  17. 人間七七四年 | URL | -

    物語には悪役が必要なのですよ。

    メインの敵役は三成だけどあんまり悪役にはしたくない……ってとこでは。

  18. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    水の城いまだ落城せずは
    三成がめっちゃ悪役だったような

  19. 人間七七四年 | URL | -

    小説はもちろん新書でも、著者の好き嫌いが分かりやすいagesage描写が多い気がする
    そういう本はたとえ良い内容でも嫌な読後感が残るし、何か面白く無いんだよな…

  20. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    >>19
    分かる分かる 自分も著者の好みで書かれているの見ると嫌な感じがする
    もっと満遍に幅広くみんなを活躍させればいいのに
    最近はめっきりそういうの見なくなったな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    関係ない流れになっちゃうけど、「のぼうの城」退屈だった。映画化する出来とはとても思えない。

  22. 人間七七四年 | URL | p9QrMfRw

    なかにはタイトルの武将からその甥の武将が主人公になっちゃうのもあるしなあ…

  23. 秀吉軍の専売特許 | URL | -

    米を制する者が戦に制す。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    >>20
    しかし、みんながみんないい子ちゃんだと薄ら寒くて見てられない件

  25. 人間七七四年 | URL | -

    仲間を大切にする宇喜多直家やエロ事指南書出筆者松永久秀みたいに悪役でもほんの少しでも美点か愛嬌が描かれてればいいんだろうけどページ数も限られてるから難しいんだろうな

  26. 人間七七四年 | URL | -

    いいこちゃんじゃなくても、それぞれに事情があるんだから
    必要以上に悪く書かれなければいいわ。
    でも無能に描かれたりするのはつらいなあ。

    でも松永久秀なら、特別悪く書かなくても悪役になれそうだなw

  27. 人間七七四年 | URL | -

    松永久秀が主人公の小説て誰か有名作家が書いていた様な気がするけど誰だったかいな…

  28. 人間七七四年 | URL | -

    ※27
    戸部新十郎さんじゃないか?世にも珍しい「白い松永久秀」を書いた人

    ※20
    つ「群雲・関ヶ原へ」

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※28
    有難う。でも白い松永久秀て…
    まあ両面で書くとかなり魅力的な人物なんだけどなあ。
    文化人としても優れてますし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5765-c0820524
この記事へのトラックバック