FC2ブログ

足利義秋への落首

2011年09月09日 22:22

789 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 21:35:22.93 ID:rlYfoPek
有名な落首のお話。既出でしたら御容赦を。


永禄8年(1565年)5月、松永・三好の軍勢により将軍足利義輝は暗殺される。
義輝弟で奈良興福寺一乗院の覚慶も厳重な監視下に置かれたが、幕臣らの働きに
より、7月末、近江国甲賀郡の和田惟政の許へ脱出した。まもなく同国矢島に移った
覚慶は、還俗して名を義秋と改め、諸国大名へ手紙による援助要請を開始する。

上杉輝虎、北条氏康、武田信玄、朝倉義景、六角承禎、畠山義綱、織田信長、斎藤龍興
島津貴久、相良義陽、etc etc

だが、どの大名も動かない。
奈良脱出に尽力した朝倉義景は上洛構想を持ち合わせず、武田信玄は遠方を理由に
拒否、上杉輝虎も武田・北条の動きを懸念し動くに動けない。一旦は講和を了承した
織田信長と斎藤龍興は再び干戈を交える有様である。そのうちにお膝元の六角氏の
様子も怪しくなり、三好軍も攻め込んで来る。やむなく京よりさらに遠方となる
若狭国へと脱出、のち越前へ移ることとなる。


二進も三進もいかなくなったこの頃の義秋を皮肉ってこんな落首が作られたという。


『こよこよと すりあけ物の奈良刀 みのながいとて 頼まれもせず』

こよこよと  →「出兵してちょうだい」という義秋の叫び
         (「うちにおいでよ」というばかりの朝倉義景のことを指すとも)
すりあけ物の →剃髪者、すなわち覚慶=義秋

奈良刀    →奈良で作られた刀、粗悪品が多く鈍刀の代名詞
        すなわち奈良興福寺にいた覚慶=義秋

みのながいとて→刀身が長いからといって  美濃の長井氏(斎藤氏の前姓)だって

頼まれもせず →誰が買うもんか  頼みにならんわ(嘲笑)


辛辣だねえ…やっぱり作者は京の公家あたり?




790 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/09/08(木) 21:39:11.13 ID:3zF9S54S
私です。

791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 21:41:39.33 ID:rlYfoPek
>>790
名乗られよ

792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 21:50:39.63 ID:lK534Zs3
>>789
思い違いだったら悪いんだけんども、義昭でねえべか

793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 21:54:23.90 ID:tJHSZLtm
>>792
義昭は
覚慶→義秋→義昭
と改名してる。「義昭」の改名は永禄11年(1568)4月15日

794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 22:01:31.70 ID:lK534Zs3
なる。ありがとうです

797 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 23:34:50.44 ID:A4ZoQvuK
仮に島津、相良が動こうとしても九州だし動けないよな。

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 01:13:25.26 ID:I8ULHjBE
足利氏は嫌われていたってことか

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 01:17:13.74 ID:GQDIxff8
動けなかったんじゃないのかな?
三好や義栄のこともあるし

800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 01:23:34.55 ID:bG0sHAHA
大友なんかは何かある事に「ホントは都に上って公方様にご奉公したいのに大内(毛利)が邪魔して
できないんですよー(棒)」って言ってきてるなw

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 09:29:54.32 ID:L3K9Pxy9
はるばる京都まで行って、その隙に領地を他国に落とされたりしたらそれこそ笑いものだしなあ

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 09:56:12.94 ID:OvixDAxa
景虎さんは上洛する事を周知してから、少人数で上洛
したことあるよね

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 10:06:20.95 ID:sOte0jDb
>>801
大内義興は上洛したけど畿内に拠点を築けないまま
尼子の活発化で帰国したんだっけ

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 12:56:47.64 ID:PCPFy3SN
「すりあけ」は、刀の磨上げの意味もかけてんのかね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この人は織田を滅ぼしたあとの対策とか考えてたのかなぁ。諸大名に相手にされてなかったこのときはともかく、将軍になった今なら皆従うって思ったのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    みのながいとて は「身分が良くても」の意味もある気がする

    どっちにしろ京の人の皮肉は痛すぎるな…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    今川さんが上洛出来てれば・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >3さん
    あの上洛戦は領土確保の方便に過ぎないよ。
    それに、上洛成功出来てたら、三国同盟有ったとしても
    仮にも上様を奉じる訳だから、今川が上の立場になって
    しまうのは良くは思わないだろうなぁ。

  5. 名無しさん | URL | -

    俺は、初めて見た時
    すりあけ物の奈良刀→磨かれてピカピカになったなまくら刀
    みのながいとて→刀身が長すぎて(扱いにくくて)
    頼まれもせず→頼みに全くされない
    って解釈して、「いくら見かけが良くなったって扱いにくすぎて誰も使わねぇよ」って意味だと思った。
    こよこよの意味が通じなくなるからん?とか思ったけど

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5767-6c1905b7
この記事へのトラックバック