FC2ブログ

才蔵が正しい。

2011年09月17日 22:08

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 18:08:43.11 ID:n9D4MUWj
関が原の戦いの後、芸・備四十九万八千石の大大名となった福島正則は、家中随一の武辺者・可児才蔵吉長に
二千石の知行を与えて普請役を命じた。が、才蔵は
「オレは槍で禄を取ってるんで、スキやクワで禄を取る気はありません。普請役が無ければ、少禄でも結構。」
と言い放った。

仕方なく正則は、才蔵の知行を元のまま千石に留め置き、代わりに広島城本丸御門の番を命じた。
しかし、齢五十を超える才蔵は体力的にキツいのか、不寝番の際の明け方には、例の先だけはキラリと光る槍を
石垣に立てかけると袴を脱ぎ捨て、横になっていたという。


そんなある日、正則の側小姓が、今日も今日とて寝転がる才蔵のもとに、ウズラを持って来た。
「可児どの、これは殿が鷹狩りで獲ったものです。『才蔵に与えよ』との御意により、お持ちしました。
どうぞ、お受けくだされ。」

小姓の口上を聞いた才蔵は、すぐに跳ね起き、あわてて袴を履き直すと、天守に向かって正座して、
「殿。御礼の儀は、直ちに伺って申し上げまする。」と言って、ウズラを押し頂いた。

立ち上がった才蔵は、憤怒の形相を小姓に向けた。
「おのれ、若輩なればとて、何たるうつけ者か!殿の御意ならば、なぜ最初にそれをオレに言わぬ?!
よくもこの才蔵に、殿の御意を寝ながら聞かせおったな!ガキで無ければ、タダでは置かぬところじゃ!!」

肝を潰して逃げ帰った小姓は、この件を同輩に話したが、やがて一件は正則の耳にも達し、呼び出された小姓は
才蔵に怒られた顛末を正則に打ち明けた。

「才蔵が正しい。それはお前の不調法というものだ。芸・備両州の侍ども、残らず才蔵のごとくありたいものよ。
さすれば、わしに怖いものなどあるまいに。」(武道初心集より)




644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 18:29:04.06 ID:fHFsc2Z4
うーん、あの下とか書いた封筒用意すればいいの?

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 18:45:47.16 ID:MIwLEsn9
>>644
御意ゆえ畏まって聞くようにと最初に言って
聞く側に身だしなみを整える余裕をもたせろってことだろ。

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 19:01:29.17 ID:+4T7mbGT
才蔵は市松のところでやりたい放題でイキイキしてんなw
過去の主替えが無駄にならなかったようで、何より

647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 19:32:04.76 ID:HClEs3c3
団右衛門も市松の元では肌が合ったのか楽しそうだったのに
旧主の口出しで長く居られなくなったのが悔やまれる

650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 20:08:58.93 ID:+kj6IoRw
>>647
市松のとこなら又兵衛も気持ちよく働けたかもしれないなw


651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 20:24:39.57 ID:nhliwxMN
>650
又兵衛は正則に禄ふっかけて断られた逸話あるだろ
だから多分無理

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 20:30:34.03 ID:bEV2lLZR
これで酒さえ飲まなけりゃなぁ

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 20:34:09.31 ID:+5LVXMQx
結構好き勝手してはいても
こういう時はちゃんとするんだなあ

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 22:34:29.59 ID:g0AErNOf
>>652
でも酒で失敗しない市松とかただの名君じゃねーか

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 22:50:31.83 ID:3HNZaz0Z
一度でいいから見てみたい
飲めぬ市松、よき殿よ
歌丸です

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 23:26:33.17 ID:yk14zRps
タイムトラベル出来るなら正則に抗酒剤を暫く飲ませたいw

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 23:37:14.76 ID:+5LVXMQx
>>656
その前に、どんだけヤバくなるのか一度見てみたい

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    黒田家でもない限り、主君ディスってやっていけるわけないしな

  2. 人間七七四年 | URL | /uHYxkhw

    そもそも、才蔵や団右衛門と又兵衛はだいぶタイプが違うと思う。

    又兵衛の場合は結局主君に対して、自分が仕えるに足りるだけの器量(能力)を要求していたわけだから、黒田官兵衛に匹敵するだけの人物でないと難しいだろうな。

    真田安房守ぐらいかな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    才蔵さんは、何だかんだ有っても市松さんの所が気に入ってるみたいだし、
    禄をくれるからと言うだけでなく、馬も有ったのでしょうね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    終わりの二つがおかしいのは、死亡フラグのやつがまちがってきてるのかな?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    才蔵の人となりが良くでてる良い逸話だねえ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4さん
    そうですね。最後の2つは死亡フラグのやつっぽいです。

    管理人様、修正をお願いいたします。

  7. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※4※6
    ご指摘ありがとうございます。直しておきました~

  8. 人間七七四年 | URL | -

    よかった、笹を銜えさせられた小姓はいなかったんだね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5795-c29e04e9
この記事へのトラックバック