FC2ブログ

高橋紹運・最後の恩賞

2011年09月23日 22:05

732 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/09/23(金) 01:18:07.20 ID:KAnJlAJ+
4万の島津勢に対し、高橋紹運が700人余りの兵と共に岩屋城に立てこもった時の事である。
家臣の杉山山城を「山城殿」と言って呼び寄せ、

「この城は後20日と持たないだろう。そこで頼みがある。」と告げた。

主君からいきなり「殿」と呼ばれ、その理由が判らず山城が戸惑っていると

「その方の家は先祖をたどれば我が高橋家より上の家柄。今は立場が変わって主従となったが、
 前々から同輩であった様な親しみを覚えていた。最後の役目に当たり、成功したら領地を与える
 と言った所で絵空事でしかないので、『殿』をつけて呼ばせてもらってその方を軽んじていないという
 私の心を表し、せめてもの褒美としたいのだ。」

と語り、

「そして頼みとは、死に臨んで心残りとならぬよう、敵中にいる次男の直次を宝満城に送り届けるか、
 さもなくば殺してくださらぬか。」

と頼んだのである。紹運のこの心遣いに打たれた山城は、敵中を突破して無事に直次を宝満城へ連れて行ったという。

以上「名将言行録」より、高橋紹運の家臣への最後の恩賞を与えた話である。





734 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 02:36:21.59 ID:IxfCaneP
>>732
やべえ・・・直次殺されてたかも知れんのか親父の命令で
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    宝満城に連れていけないなら討たれるしかない、って意味で無理なら敵にヤられる前に殺してくれってことなんじゃないの?

  2. 名無しさん | URL | -

    人の心を動かすのが上手いな紹運殿

  3. 人間七七四年 | URL | -

    山城さんの諦めが良かったら立花家無くなってたかもしれんのか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    敵中にいる次男ってどういう事?
    捕虜?包囲されている?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    状況がよくわからん…確か紹運が岩屋城に籠った時には直次も宝満城に籠ってたし、
    そこに行って直次のお守りをしろってことだったのかな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    「どうせ名将言行録だし」とばっさり切り捨てるにはもったいない話なのであった

  7. 人間七七四年 | URL | -

    確かに深いな
    一人でも多く殺して果てろ!
    とか息子に遺言しちゃう名将もいること踏まえるとね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5814-1aedec89
この記事へのトラックバック