FC2ブログ

主君替え、七人目

2011年09月25日 22:26

780 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 11:01:49.57 ID:rtLlarGm
主君替え、七人目

茶筅髪に羽織といういでたちで、大木長右衛門、居相孫作らわずかな家臣と共に
高野山にて念仏三昧の日々を送っていた藤堂高虎のもとに
生駒親正は老体をおして、太閤秀吉の命を高虎に伝えに来た。
ひとしきり秀吉の思いを伝えると、足を崩す。
「どうあっても否と申すか。」
「ありがたきおおせなれど、どうかお察しくだされ。」
「秀長殿なら、兄上をお助けしたいと思うであろうに・・・。」
高虎は天を仰いだ。


高虎は下山し、秀吉の直臣となった。
高虎を待っていたのは、伊予板島七万石と、
離散せず紀伊・大和国付近に仮住まいしていた家臣たちであった。
彼らは歓喜して高虎を迎えた。

しかしここにきて、大木長右衛門、居相孫作および服部竹助は憂慮していた。
「殿は我らに千石ずつくださるとおっしゃるがの。」
「我らに、例えば十人分の働きができるかの。」
「・・・・ま、できぬこともないが、今は十人の勇士を雇うことが先決じゃの。」
彼らは、加増を断り、七万石の屋台骨を築くことに奔走したのだ。

高虎は領民をいたわり、城を作り、街を作った。
高虎は四十歳になっていた。

慶長の役では、誰とは言わぬが武功争いであわや抜刀というすったもんだもあったが、
高虎は豊臣諸将の中で、着実に地歩を固めていった。
その、慶長の役のさなかに、太閤秀吉が崩御する。

さて、日本軍帰還任務をだれに当たらせるか。
徳川家康は高虎を推挙した。
「それがしのような者には、とても務まりませぬ。」
辞退する高虎に、なおも家康は言った。
「ぜひに」

秀長の在りし頃、家康に初めて我が名を名乗った日のことを
高虎は思い起こしていた。




784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 22:44:59.17 ID:SgqshKk1
>>780
高虎は道三や松永さん辺りと比べりゃ
全然毒が無いなあ。
奸臣扱いさるのは
鳥羽伏見での子孫の立ち回りと
小説で解りやすい悪役として
散々使われてきた影響が
デカイな。

785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/26(月) 02:11:56.43 ID:tgvQREMY
背もデカイ

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/26(月) 02:40:52.90 ID:BcQgayq/
>>784
高虎さんは主殺しとか謀殺とかの役を持ってないからな。
まぁ高虎は結局生き残った側だから、
記録がどうしても良い方に寄るというのもあるだろうけど。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    すったもんだの相手ってのは、あの人だよな、ほらあの・・・

  2. 人間七七四年 | URL | -

    派手加藤「HEYジミー! 誰かがお前さんの噂話してるぜ、HAHAHA」
    ジミー加藤「いいから太閤殿下に釈明して来い(やっとウゼエのが消える、冶部少グッジョブ)」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    細かいことだけど「崩御」って…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >誰とは言わぬが
    コレの事かな?
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4847.html#view_comment>崩御

    崩御は基本的には、「皇族関係者や君主の死」に使われる言葉です。
    (使わない場合も有りますが)
    当時、天下人として関白を務め秀吉は使って良いと思います。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉は天子じゃないから薨去でしょ元ネタ的に。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    元々高虎さん好きだが、一連の投稿、780殿の語り口のファンになった。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >5
    5番殿、何を仰るかね?秀吉様は天子様のご落胤で御座いますぞwww

  8. 人間七七四年 | URL | -

    (・◇・)<ホウギョ!

  9. 人間七七四年 | URL | -

    このシリーズ続き来た~

  10. 人間七七四年 | URL | -

    薨去か薨逝

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ついに七人目か…しみじみするな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    Tag Listにビッグ・ネームが並ぶと、ここまで来たかって思う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5822-187a51d7
この記事へのトラックバック