FC2ブログ

『プロージット!』ガシャン!!

2011年11月12日 22:01

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 16:56:25.94 ID:F4yYtVTu
『プロージット!』ガシャン!!

大永元年(1521年)九月一日、福島正成は二万の大軍を率い、富士川沿いに河内路を北上し始めた。
穴山氏がこれを先導する。一方小山田氏は北条家を抑えるとして協力しなかった。

十六日、信虎に破れ降っていた大井氏が降伏。再び大井氏は今川につくことになる。
月末、西郡(富士川西岸)の河内路から東郡(笛吹川東岸)の甲駿往還までの盆地南部で、多くの国人が帰順。

河内路と甲駿往還に挟まれた山岳地域を九一色と呼ぶ。ここには九一色衆呼ばれる辺境武士団が存在した。
九一色衆は古くから九一色十家と呼ばれる土豪らがとりまとめていたが、このとき十家は去就が割れた。

さて、ここからが逸話。
この十家のうち、上九一色の河埜、渡邉、土橋の三家は武田に付くことにした。

彼らは未だ盆地南部で頑張る諸城への補給や、敵の補給路の遮断などに活躍した。
しかし他家に手引きされた今川勢が甲駿往還からもやってくると、敗色濃厚となった。

三家の当主は上九一色の砦で宴を張った。別れの杯である。
土橋左衛門がふと言った。
「館が落とされ自分も討ち死にした後、この杯で祝杯を挙げられるのは腹立つじゃんな」
渡邉、河埜らもなるほど腹が立つと思い、三家中であるだけの酒器をみな打ち壊した。

ところが彼らが必死の抵抗を重ねるうち、主君・信虎は、上条河原合戦で今川軍本隊に
壊滅的打撃を与えることに成功。

今川方に付いた家は領地を召し上げられ、多額の褒賞と共に三家に与えられた。

これ以来、九一色衆は戦の前に杯を酌み交わした後、酒器を割る風習が発生した。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
やがて甲州でぶどう酒の生産が盛んとなると、「プロージット!!」と叫んで
一気に赤ぶどう酒を飲み干し、グラスを割るという形に若干の変化を見せた。

やがて銀河を統一した武田帝国の風習となり、近年では金髪皇帝と将たちが行ったので有名である。

以上途中から与太話




513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 17:01:06.88 ID:YbVn2eg+
戦の前に飲んだかわらけを割るのは甲斐に限らずいろんなところで見る描写だけど、
各地にこんな由来話があるのかねえ。

余談だが(上)九一色村と聞くとオウム思い出す。

514 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/11/12(土) 19:55:41.12 ID:U+RoCp/1
>>512
銀英伝?

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 20:28:28.80 ID:YbVn2eg+
最後は銀英だな

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/13(日) 17:49:33.05 ID:OntMx4V5
>>512
> 穴山氏がこれを先導する

穴山も所領没収かよ

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/13(日) 22:16:10.25 ID:1lPY/JLY
>>542

多分、上九一色の十家のうち今川についた七家の所領が
信虎に組した三家に分け与えられたと言うことなのでは?

559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/15(火) 01:30:44.01 ID:4WHfHklg
>>543
違うかも知れんが、残り7家が全部今川に付いたとは限らないのでは?
>>この十家のうち、上九一色の河埜、渡邉、土橋の三家は武田に付くことにした。
ってあるから、下九一色(あるのか?)では他にも武田についた家があるのでは。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一条さん「なるほど、戦のたびに酒器が一新されるわけだな。おもしろい!私もそれにならって戦のたびに甲冑を一新しよう」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    小田さん「別れの杯を酌み交わす度に1セント貰っていたら、今頃大金持ちだぜ」

  3. 人間七七四年 | URL | nCyV/qr.

    >>1
    それは史実らしいからwww

  4. 人間七七四年 | URL | -

    俊寛「瓶子が倒れた、ついでに首も取ってしまおう」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    しかしみんな銀英すきだなww

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ≫4
    多田行綱「通報しますた」

  7. 人間七七四年 | URL | aIcUnOeo

    打って(討って)かち(勝ち)割る

  8. 人間七七四年 | URL | -

    銀英伝というかドイツだかヨーロッパ貴族の習慣じゃないかなあ
    ヘルシングでも乾杯したあとグラス叩きつけてたし

    むしろ民明書房ネタじゃないか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ググったら出典はチャップリンの独裁者で、銀英伝の影響もあったのか
    日本人がドイツ人はそうやるもんだと思い込んだみたいなことを書いてあった
    (ほかの国でもそういう習慣があるところもあるみたいだが)
    ただ、SF黄金期の傑作の一つ「デューン・砂の惑星」の2巻でも乾杯の時にわざと
    グラスかボトルを割ってた気がする(習慣としてではなく誠意を表すため)
    田中芳樹が読んでいた可能性は高いと思うが、そこからきたかどうかはわからない

  10. 人間七七四年 | URL | -

    結婚式でやったら怒られたなあ……懐かしい……

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ドラマだと
    信長が飲んでる→義元発見しました!→出陣じゃー!
    と杯叩きつける演出あるな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    少し違うのだけど、地域によってはお葬式で故人が使っていた茶碗や茶器を
    割ると言うのが有る様です。もしかしたら、武人の場合は「生きて戻る気はない」
    と言う決意の意味でそうしてたり・・・と勝手な事思ってます。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    九一色どころが上九一色で一つの名前だと思ってたから意外。
    由来調べてみるとこう言う事なんだなぁ、とまた一つ賢くなったですよ。
    ※九一色…山岳地帯で農業に不適な為、民工芸に営む人々が多かった事から工一色がなまった説
         近隣の9つの集落が一つになったからと言う説

  14. 人間七七四年 | URL | -

    皿割るのはギリシャの結婚式だったっけ?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    インドの茶屋では、茶を一杯飲むごとに、客が器を地面に叩きつけて割るという話を聞いたことがある
    おかわりが欲しい時も同様で、店の人に頼んで器ごと持って来てもらうとのこと

  16. 人間七七四年 | URL | -

    NHKでやってた宇宙開発モノのドキュメンタリーでも
    打ち上げ成功したら全員でウォッカ飲んで床にグラス叩きつけてたな
    ジンギスカンのモスクワでも壁に杯を投げつけろって歌詞出てくるし

    宇宙技術は米ソともドイツ仕込みだしやっぱりドイツの風習なのかな?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    何となく、ゲヒ殿がその砕け散った杯を集めてそうなイメージが湧くw

  18. 人間七七四年 | URL | -

    特攻隊の出撃前の、別れの水杯を思い出した

  19. 人間七七四年 | URL | -

    >10
    場面を想像したら吹いちまったじゃないかw そりゃ普通の結婚式でやったら怒られるわw

    しかし真面目な話、このサイトで上九一色の名を目にするとは思わなかった。
    某教団の拠点というイメージしかなかったんだが、あの地にも歴史があったんだのう。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    それが許されるのはDQNだらけの結婚式だけだからwww
    普通の結婚式なら叱られて当然。というか何故やった

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ユダヤ教の結婚式なら、ワイングラス割るのは新郎新婦の仕事なんだがな。
    まあ叩き割るんじゃなくて、粉々に踏みつぶすんだけど。
    あ、もちろん全部割るわけじゃないよ!

  22. 人間七七四年 | URL | -

    本スレ、微妙に話が続いてるね。
    管理人さんお願い!

  23. 人間七七四年 | URL | -

    銀英伝よりも、”隅田の小天狗”の方が頭に浮かんだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5977-23ac3b82
この記事へのトラックバック