FC2ブログ

景勝公人見知りのため

2011年11月14日 22:00

545 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 17:41:57.53 ID:zrzjCj5w
まとめサイトに見当たらなかったんだけど、有名な話だからかな。

関ヶ原の合戦のその後、先の征伐の元凶となった上杉主従が家康へ謝罪のために上洛した。
軍神謙信の武名も名高くそして今や権勢を極める徳川様に堂々と逆らったあの上杉が久々の上洛である。
市井の人々の噂は高く、かの名物主従を一目見ようと町は見物人で溢れ
上杉の大名行列の周囲は黒山の人だかりに。
そして執政直江は屋敷に残し、景勝一人登城し家康からの沙汰を待つこととなった。
しかしここでも、普段ならお目にかかれない会津の太守を一目見ようと
小大名や旗本達が用もないのにわらわらガヤガヤと入れ代わり立ち代わり
景勝の座す間を覗きにやってくる。

「………………」

ついに徳川方のほうがあまりの見物客の多さに気を遣い
「景勝公人見知りのため」として部屋に衝立てを置き見物人達から景勝を覗き見られないようにした。

ちなみに家康から大減封の沙汰を受けた景勝、
相変わらず動じた素振りも見せず至って堂々した態度で受け入れたそうである。

「武命の衰運驚くにあたわず」すらやらなかった糞大河ェ…




546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 17:46:22.08 ID:prr/6Al0
>>545
> 「景勝公人見知りのため」

大の大人にしてはえらく可愛らしい理由だなw

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 18:46:24.11 ID:Fa5xKq66
まるでパンダかアイドル扱いw
勝ち負け関係なく、人気あったんだね

548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 19:12:00.41 ID:CCziQp/D
>>545
いい年こいて人見知りとか言われるよりは、じろじろ見られてた方がまだマシって気がw
罰ゲームみたいだw

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 19:25:51.34 ID:wDm6OtSY
一応罰を与えようとするところなんだから
あんま堂々としてるのを大勢の人に見られても困るんじゃね?

550 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 21:00:56.29 ID:5aJqhWAZ
>普段ならお目にかかれない

逆に普段お目にかかれるのはどんな面子だろう?
北のDQN王は目立つから嫌でも見知ってるだろうけどw

555 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/14(月) 22:43:28.36 ID:f5JgQewv
泣き言もごねたりもせずその後さらに半減もただひたすら耐える
騙されたと恨みを引き摺り、やりかえそうぜが正月恒例行事
ごねて現状維持を勝ち取り、戦犯匿いあげくにチェスト関ヶ原

下の2人は上杉さんを見習ったほうがいいと思うの

560 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/15(火) 08:42:46.47 ID:3vch3oXb
>>545
家康が減封を言い渡した時は一切顔色もかえず即座に一礼して沙汰を受け
そして上杉屋敷に帰って出迎えた直江に
「何、運が無かっただけだ。驚くことではない」と一言言い置いたそうな。

って話までちゃんとやったら格好良かったのになあ…

561 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/15(火) 10:07:01.54 ID:ZDbjOvJT
「運がなかった」ですませて原因の追求と改善をしなかったから
この後も衰運が続くことになるのかねえ

562 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/15(火) 10:22:05.48 ID:DDiXgzpa
今更過去を悔やんでも仕方ないと思ったのかな

563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/15(火) 10:48:59.21 ID:3vch3oXb
>>561
いや、徳川との戦いは上杉家としての決断で賭けでもあったんだから
原因追求も糞もないんだろ。
直江状だってほぼ同時期に景勝自身が家康への回答として同じような答を返してる。
奉行たちが直江一人のせいにしようとしたのは大老同士の戦争を避けようとしただけで
上杉にとっては誤算は関ヶ原がまさかのたった一日で終わった事でしかないし
後世では追撃したらよかったと言われてるが当事者には追撃なんて発想外の話。
家として決断したことの責任を家臣に押しつけなかった美談であって
戦さで家を守ってきた景勝の戦国人らしい発想だと思うがね。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    伊達政宗「オレのカリスマ性に、町民どもは目・が・く・ら・まぁ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話のせいで、兼続の腹話術人形・景勝に人見知り機能が備わってしまい、
    よけいに殿いつの景勝でしか想像できなくなってしまった

  3. 人間七七四年 | URL | IY7bLZJE

    当時の大名格って今時のアイドル以上に関心持たれる代物だったのかも
    何しろ情報収集手段が書物か伝聞くらいしか無い時代ですし

  4. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    これは家康側が「景勝が人見知りするから」と適当な理由を付けて見物人を追い払っただけで、景勝が本当に人見知りだからって訳じゃないんじゃ。
    別に重罪にする気のない名門家が晒し者状態だったのを慮ったのか、あまりに堂々とした態度に「これじゃ罰しようとしてる方が悪く見える」って配慮かどっちかは知らないけど。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    実際に景勝が人見知りかそう思えるような人物だから、そう言っとけば景勝を見知ってるだろう小大名や旗本も納得するだろうとの向きもあると思われ。

  6. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    景勝を見る機会がない人たちが見物に集まってきてるんだからそれは変では?
    当時の上杉人気はマジだったみたいだけどねえ

  7. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    景勝の無口=人見知り

    と、好意的解釈をしてたんだろう

    で、わざわざ見物に来るちょっと阿呆な野次馬を叱りつけて追い払うのも体が悪いから

    「景勝君が人見知りしちゃうから来ちゃダメよ~」にしたと俺は考えた


    でも…

    景勝君の無口は人見知りではなく人形使いが後ろに居ないからです

  8. 人間七七四年 | URL | -

    景勝の人見知りって
    モジモジ…ハズカシイ
    じゃなくね

    初対面の秀吉になんかマズイことして怒らせちゃった?
    って言われた男だぜ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    狸に「お前、四分の一に減封な」と言われても動じなかった景勝公。
    この人を驚かせるようなことってこの世に存在するんだろうか?

  10. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    >>9

    「殿、今日から自分で喋って下さい」兼続

    だな、多分

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    減封ですんでよかったと思ってるんじゃね?
    もともと上杉征伐が目的だったんだから改易されて所領の全てを召し上げられてもおかしくなかったし

  12. 人間七七四年 | URL | -

    詰め腹切らされる可能性だって無い事も無かったしな
    当人だけならともかく重臣その他諸々も含めて

  13. 人間七七四年 | URL | -

    むしろ、上杉家を改易した方が厄介事が多くなるのでは?
    大封ともなれば、家臣団も相当な数の筈。それが悉く浪人ですからね。
    帰農してくれれば多少は違うけど、そこは有名な上杉家家臣団。
    きっと、他家から引く手数多でしょうし。

    >560
    >「何、運が無かっただけだ。驚くことではない」と一言言い置いたそうな。
    「と・殿が喋った!」と思ってしまった位、景勝さんが喋る描写のエピを
    個人的にお目に掛らない。

    >10
    盛大に吹いてしまったw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    謁見の間にて
    景勝「…」
    狸「なにか喋ってくれんかのう」

    そのころ上杉屋敷では…
    兼続「かくかくしかじかであると御館様は御館様は仰せである」
    供の者「や、ご家老がなにやらひとりごちておられる」
    訳知者「ああ、あれはただの自動通訳なれば心配無用にござる」

  15.   | URL | -

    なんかかわいいなw
    見に来る人もかわいいが、人見知りって言葉が選ばれたのもかわいいわw

  16. 人間七七四年 | URL | -

    > 「景勝公人見知りのため」


    萌えたwww

  17. 人間七七四年 | URL | -

    景勝の無口は、解りやすく言うと後ろに
    ゴゴゴゴゴゴゴ
    って効果音が出てる

  18. 人間七七四年 | URL | -

    景勝みたいな主君は嫌だわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5985-86cacdc0
この記事へのトラックバック