FC2ブログ

さいつ殿へ。石田三成から真田信之への手紙

2011年11月19日 22:22

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 22:25:27.39 ID:TGcc3cvX
まとめに載って無かったようなので有名な話ですが投下

さいつ殿へ。石田三成から真田信之への手紙

“さいつ”とは真田伊豆守信之の略称。
松代転封ではキレた信之だったが、必ず守り続けるようにと遺言を残した場所がある。
それは「真田の宝物館」
何でも寝ずの見張りを立てさせた程に厳重なものだったらしく、何が入っているのかと後になって
家の方が開けてみると…

そこには信之の主である徳川家康と敵対した石田三成からの手紙が13通も残っており、
いづれも、宛名はさいつ殿へと書かれかなり親しげだった様子。

他にも京都伏見の大名屋敷の地図を見てみると、
真田屋敷と石田屋敷は近隣にあり(三成屋敷の右斜め上に信之屋敷)
ここではご近所同士だったみたいです。

別冊宝島の本には、真田家の中で三成と一番仲が良かったのは信之では…?と記されていました。

しかし二人がどんな会話するのか想像出来ないw


関連
真田家の「吉光のお長持」・いい話?
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1486.html


石田三成「…つーか、ぶっちゃけ」
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6022.html
細川忠興見事なタケノコを頂戴しまして』
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6021.html
655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 22:27:24.19 ID:N2N00dER
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1486.html
完全に既出というわけではなかったけど、一応貼っとく

664 名前:653[sage] 投稿日:2011/11/19(土) 01:05:43.53 ID:TFopCPJD
>>655
あったのか!やっちまった…

調べたつもりだったのに手間かけさせちゃってすみません

668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/19(土) 06:14:33.02 ID:RQV+BFM/
>>653
松平定信の子が真田家に養子にいってるけど、
本人は実際にその書状を見たのかが気になる。
まあ、その時代にもなると大昔の事だから別に問題ない事なんだろうけど。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    流石兄ちゃんや

  2. 人間七七四年 | URL | -

    戦国のならいとはいえ結果的に友達、弟が主君と敵対して殺されるってのはキツいな。
    さぞ心がストレスに蝕まれただろう・・・

  3.   | URL | -

    毎回思うんだけど、昔の宛名の略し方はさっぱりしすぎてて
    何だか面白いなあ。
    いまだと、例えば山田太郎を「やたろ」とか略すような感じだよな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    三成から信之への手紙の内容、自分の記憶に残ってる限りでは

    「何か用件があるって?さっき宿に帰ったばっかりで今日はもう遅いし明日にでもそっち行くから話聞かせて」
    「忠勝殿から返事貰いました。こっちもすぐに返事用意するけどもし何か聞かれたら、ここに書いてある事を伝えといて下さい」

    「最近はとにかく忙しくて会うのは厳しいね。それからこの間くれた鷹かっこよす!本当にありがとう!」
    「体調崩しててせっかく寄ってくれたのに対面出来なくてごめん。今度はこっちから伺います」
    「手紙見たよ。おk、心得た。でもちょっと今は客が来てて取り乱し中。少し時間かかるかもしれない…」

    全部見た訳じゃないけどこんな感じのやりとりだったと思う。
    でも結構前に見たから色々と間違ってたらすまん。

    しかしお兄ちゃんの心臓って絶対に毛が生えてたと思うわw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こういうの読むと本当に義理の叔父おいの関係だったのかと思えるが
    犬伏の別れでは、あまりネタとしてでてこないな
    信之、信繁それぞれの妻の話は必ず言及されるのに

  6. 人間七七四年 | URL | -

    「ふるおり」とか「はとう」はなんかいい響きだけど、さいつはちょっとな・・・

  7. 人間七七四年 | URL | -

    「さいつ」って「とのいつ」みたいw

  8. 人間七七四年 | URL | -

    現代風の発音にしたら『さいず』でいいのかな?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり三成ってなんだかんだ人望あったんだな。

    もっと評価し直して欲しい武将の1人だわ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    三成さんは、周波数の合う人間とはトコトン合う人間。
    秀吉の場合は、合わない人間でも合わせさせる人間。
    お兄ちゃんは、送受信をその都度変えられる人間だと思う。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    米4
    鷹はお兄ちゃんが秀吉にあげて、それに対する三成からの礼状だった気もする。
    わしも昔に見たもんだから違ってたら申し訳ない。

    あと「遊びに行こうと思ってんだけど仕事忙しくてさ。話たいこといっぱいあるんだけどね」
    的なのもあったと思うけど、米4さんが書いてくれてる内容のどれかと一緒に記載されたかもしれない。
    それと忠勝への書状をお兄ちゃんに預けてたり。

    何か信之さんて仲良い相手がその周辺からどう思われてようが、
    俺とは気合うわけだし、こまけぇこたぁいいんだよなノリで気にしてなさそうなイメージがあるw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉の窓口が三成だったってだけの話じゃない?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    叔父甥と言っても年は大して離れてないし、従兄弟のような感覚だったのかも

    三成→信之の手紙は何年か前に展示されてたような…見に行きたかったなあ。
    嫌われ者と言われる三成だけど、本当に誰からも嫌われてたら仕事に差し支えるし
    吉継以外にもそれなりに親しい友人・知人は割と多くいたと思うんだよな…

  14. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも吉継が三成の友人だというのも真相不明の筈

  15. 人間七七四年 | URL | IY7bLZJE

    『さいつ』かぁ…昔からドリカムみたいな略称あったんですね

  16. 人間七七四年 | URL | -

    旗本の加賀爪民部少輔は『かがみん』と呼ばれてたな

  17. 人間七七四年 | URL | -

    確か、関東・東北の取次は浅野長政じゃなかったかな?
    信之は事実上、徳川の組下か与力だから浅野じゃなかったら家康になるのでは。
    勿論上杉みたいに例外はあるけど、書状を大事に保管していたってことは個人的な
    付き合いが深かったからじゃないかな?

  18. 人間七七四年 | URL | -

    お兄ちゃんは本当に面白い人だなあ。どんな人柄だったのかを考えるだけでも、いつも楽しい。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    さらっと嘘を紛れ込ますなw 流し読みしていたら一瞬、へぇ、と思っちまったじゃないかw

  20. 人間七七四年 | URL | -

    幸村からすると、
    三成=義理の叔父さん、兄ちゃんの友達
    吉継=義理のお父さん
    片倉=子供同士が結婚
    か…凄い親戚だな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    でも信之は率先して東軍を選んで父親と弟に東軍につくように説得してるよな

  22. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    ※21
    田中吉政なんかもそうだけど、実は三成の友人と言われる人程
    東軍に参加している気がする。

  23. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    ※9
    もう充分評価されているというか、過剰気味だから
    むしろ控えてほしいくらいだ
    こういういい話でも、過剰に反応する人もいるからなぁ

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※21、22
    仕事とプライベートは別ってことだろうなあ。
    特に兄ちゃんの場合、忠勝の娘婿なのに
    「西軍につきまーす」はまず許されないだろ

    ※23
    歴史ファンの間では三成の熱狂的ヲタも多いけど、
    一般的にはまだ三成=奸臣のイメージが強いと思われ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    仕事って…

  26. ※24 | URL | -

    仕事、はないか
    政治的思惑とかそういうことを言いたかったんだ、スマソ

  27. 16 | URL | -

    ※19
    三斎様の寛永期の書状に何度か登場している
    原文は漢字表記で『加々民』だけどな

  28. 人間七七四年 | URL | -

    石田氏の仕置きを見ると、嫡男は残しているからな。親父や城は潰されたが。
    三成は、関ヶ原では乱心扱いされてってのも納得いくが。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    たしか石田三成の嫡男は家康に気に入られてたんでしょ?利発な頭のいい子だったんじゃないかな(多分)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5999-f7d8a084
この記事へのトラックバック