FC2ブログ

榎もよい木

2011年11月20日 22:02

97 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/20(日) 12:45:50.36 ID:zVVQO1nD

ごめん これも既出だったね
お詫びに、悪い話でなさそうだけど一つ

慶長九年、街道整備の為に徳川幕府は一里塚を築いた
この街道整備だが、家康主体ではなく、秀忠が中心となって企画・推進したと言われる

『台徳院殿御実記』の巻一にも
「九年二月四日、公(秀忠)の仰として、東海・東山・北陸の三道に一里塚を築かしめらる」
と記されてある

家康が江戸~京都間の東海道の宿を設定し、伝馬朱印状と伝馬定書を下したのは慶長六年(1601年)正月
秀忠は江戸~京都を結ぶ、東海道・中山道・北陸街道の三つを一元的に統括し
東西の交通を掌握する必要があると考え、一里塚を築かせることにした

さてこの一里塚、榎がかなり多く植えられている その謎についての逸話

秀忠は一里塚築造の惣奉行、大久保長安に「よい木を植えろ」と命じた所
長安が「えの木を植えろ」と聞き間違えたからだという

でも榎もよい木だから間違っちゃいない





98 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/20(日) 12:50:45.62 ID:MW30yS/y
あ、既出指摘じゃなくて単なる紹介のつもりだったんだけど
それはそうと一休の歌でも冥土の旅の一里塚とかあるけど、
全国的に整備されたのはこれが初めてか

99 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/20(日) 14:01:30.08 ID:uX8fZrCk
一里塚ってなんだ?一里ごとに馬を用意しておくのか。

100 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/20(日) 14:07:35.94 ID:ZG8kC+Jq
Wikipediaより


一里塚

一里塚(いちりづか)とは、大きな道路の側に1里毎に旅行者の目印として設置した塚(土盛り)である。

日本では、平安時代末期に、奥州藤原氏が白河の関から陸奥湾までの道に里程標を立てたのが最初と言われている。
室町時代の一休(或いは一休に近しい遊女・地獄太夫)が「門松は冥土の旅の一里塚 目出度くもあり目出度くもなし」との歌を詠んでいる。

一里塚が全国的に整備されるようになったのは江戸時代である。慶長9年2月4日(グレゴリオ暦1604年3月4日)、江戸幕府は
日本橋を起点として全国の街道に一里塚を設置するよう指令を出した。一里塚の設置は、大久保長安の指揮の元に行われ、10年ほどで完了した。
一里塚には榎などの木が植えられ、木陰で旅人が休息を取れるように配慮されていた。また現存する一里塚の多くは道の片側にのみ存在するが
街道の両側に対で設置されるのが本来の姿である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%87%8C%E5%A1%9A

101 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/20(日) 15:02:52.92 ID:A7VRgClO
道路拡張の邪魔物になるアレだなw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | IY7bLZJE

    現代でも高速使うとき重宝しますね、運転してると距離数分かるとなんとなく安心できるんですよ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    キノコの方に勘違いしなくて良かったなぁ…。

  3. bad.?h-95 | URL | -

    ただ、造園に詳しい方に言わせると、榎は根がしっかり張るので、塚が崩れにくくなるから選んだのだろう、と言うことのようです。

  4. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    >>3
    根がしっかり張るのと、あと枝が横に広がるから
    旅人の小休憩としては絶好の木陰も作ってくれて、本当に良い木なんだよね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    韮山の坦庵様が語った中に、東海道の松並木は、万が一上方と手切れになって大坂方が攻め下るという異常事態が出来したとき、根は松明として採り、幹は街道に転がして進軍速度を抑えるためのものだった、という話があるらしい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6000-9474a0c0
この記事へのトラックバック