FC2ブログ

長久手の戦いの秀次勢

2011年11月22日 22:01

115 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/21(月) 23:51:27.71 ID:nDKbrrqW
長久手の戦いの秀次勢

御前8時頃、秀次が三河に向かっていると、後ろから7・800人程の部隊が不意に現れた
秀次「あれは何だろう」
側近「何でしょう」
そんな事を言っている内に、新たな部隊が出てきて4キロまで近づくと、穂富という家臣が
「あれらは何らかの意図を持っている部隊です。覚悟してください」
そんな事を言っている内に、また新たに4・5つの部隊が現れ、先の二隊に合流するし、
たちまち一塊になると1キロまでそのまま秀次隊に押し寄せ、後方の小荷駄を蹴散らし始めた
そこで車輪と永楽銭の旗を見て、徳川と織田勢と気が付き、恐慌状態に陥り壊乱した

いや、秀次勢
あんたらやっぱりダメダメだわ




116 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/21(月) 23:58:17.47 ID:EKvj8+pz
って、いろいろあるわなぁ。

117 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 00:04:51.13 ID:TTJQ2Q0v
秀次隊で冷静だったの長谷川秀一ぐらいだな

しばらく徳川隊としっかり戦ってから先行してる堀秀政に連絡入れて撤退

118 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 00:12:23.64 ID:v0VWk4dr
冷静にほっぽらかしてトンズラこいた笹の才蔵さん辺りもか?

119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 00:15:24.22 ID:XJMdxzY5
書き手によって全然違うw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>穂富

    稲富と読み違えて「???」。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >秀次「あれは何だろう」
    >側近「何でしょう」

    ちょっとこれ間が抜けてるんじゃないか、
    いや結果を知ってるからそう思うんであって
    リアルの戦はこういうものなのか?

    と思いながら読んでたけど、
    投稿者もやっぱり同じ感想だったのね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >秀次「あれは何だろう」
    側近「何でしょう」
    >「あれらは何らかの意図を持っている部隊です。覚悟してください」
    何かゆとりっぽい 笑

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >車輪と永楽銭の旗
    小荷駄隊攻撃まで旗を隠していたのだろうか?
    にしても、不審な部隊が近付いているのに確認も取らないとかw
    やっぱり秀次は文化人としては凄いけど、武将としては駄目ですね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    長可「あれは何だろう」
    側近「何でもいいからやっちゃいましょう」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    側近「あれは何だろう?」
    政宗「とりあえず一斉射撃しよう」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    義光「あれは何だろう?」
    志村「殿、帰りますよ」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※5~7殿
    さいこー。





  9. 人間七七四年 | URL | -

    秀次が失敗したのは小牧・長久手くらいで、その後は無難にこなしているから、駄目というのはちとかわいそうじゃね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >9殿
    無難と言っても家臣団の功績って部分もありますしね。
    そこで秀次さんが、本当にどう指揮をしたのか?
    その辺りはやはり良く分からないってのが実情では?
    勿論、その家臣団の意見をまとめると言うのも大切ですね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    秀次の場合、比較対象が天下人となったラスb…秀吉や、その兄を支えて優秀にサポートこなしてきた秀長になるから、比べるのは確かに難しいかもな
    もう少し長生きしてたら…まあ、歴史にifで考えるのは野暮かもしれないけど

  12. 人間七七四年 | URL | -

    才蔵は全然立場が違うから比べられんだろ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6006-5d2dc46c
この記事へのトラックバック