FC2ブログ

長久手合戦・堀秀政への批評

2011年11月25日 22:00

堀秀政   
160 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 15:10:41.76 ID:fG26fPDD
天正12年(1584)小牧長久手、三河中入りを目指した羽柴秀次軍を徳川家康が破った長久手の戦い。
この時の堀秀政の働きに関する批評を見てみよう。

『堀久太郎(秀政)は三河衆の先手に打ち勝ち、そのまま討ち進むべき所を、その場を他の味方の部隊に任せ
自分たちは引き下がった。

もし、先手に勝利した勢いのまま、後続の徳川軍の旗本勢と一戦していれば、たとえ先の交戦で
疲弊した軍勢であるため、そこで自分たちの部隊は敗北したとしても、池田勝入、森長可の部隊は
無傷の新手として残っていたので、形勢としても最終的に秀吉軍が勝利する形に持っていけたはずである。

そうであるのに向かってくる敵を他の味方に譲って戦わずに引き下がったのだ。
これは自分の最初の勝利を無にする行為であった。

つまり堀秀政には、秀吉公への誠の忠誠心がなかったということであろうか、
それとも戦に不案内で、あの場に留まる戦術上の利点が解らなかったのだろうか?
(秀吉公へ誠の忠無御座候か、又不案内にて其利を不存候か)
(長久手合戦覚書)

名人堀秀政に対する、珍しく批判的な批評である。




161 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 16:09:45.38 ID:IfoxjoTk
疲れた兵で戦えってのも無茶な気が

162 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 16:18:02.10 ID:6NgHtMm6
勝入さんも鬼武蔵も死んだのは本人たちの責任であって
別にQ太郎さんのせいではないのでは…と思ったけど違うのか

163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 16:24:50.60 ID:jySik5yO
それぞれ勝手に戦ってる感じで全体としてのまとまりがないよね

164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 16:26:07.68 ID:EW/YV1tC
まあ小牧長久手の時点では、
秀吉とゆかいな仲間たちって感じだからね

明確な上下関係も絶対的な優越性もまだない

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 18:12:14.91 ID:9Trhl71K
譜代の臣やよほど取り入りたい事情があれば別だが、この時点の関係でそんな捨石みたいな
真似する奴いたらその方がびっくりだわな。

ていうか、そもそもそんな本気で「決戦」までするつもりが秀吉にあったのか(or可能だったのか)?
家康のプライド潰さない程度にほど良く勝って和睦して政権に取り込むっていうのであれば
久太郎は過不足のないまさに名人級の進退を見せたともいえる。

166 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 18:27:45.48 ID:hUDrpAZQ
いくら名人でも秀吉の心底をそこまで見抜いた上の撤退とは思えん
仮に秀吉の形勢が悪くなって場合に備えて家康にも目を残しておきたかったとかじゃないのか?

167 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 18:46:55.06 ID:jySik5yO
総大将の秀次さんがまっさきに逃げてるから組織的に戦えないのはしょうがないけど
けど、取り残された池田森の両隊がなんか気の毒

168 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 18:56:57.49 ID:/O5RDxdR
そもそも隠密行動の別働隊なのに、敵の主力に遭遇して
戦えとか無茶言うな

169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 19:03:34.02 ID:Hn0shKtX
>>168
最近の研究だと、秀吉の小牧長久手の中入り部隊は隠密でも何でもなく、むしろ家康に脅威を与えるため
大いに宣伝していたらしいぞ。

170 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 19:18:34.60 ID:1gtF8JjC
>>169
鬼武蔵が例によって放火しまくってたらしいしなw

171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 19:20:16.71 ID:6NgHtMm6
鬼武蔵の行動で、事態が良くなったことってあったっけ…

172 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 19:26:49.31 ID:lSiYGdbZ
>>170
しかも白昼堂々とねw

173 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 19:44:53.54 ID:T8U9BEr7
>>171
高遠城とか、美濃帰還のときとかあるじゃないか!あるじゃないか!多分!
174 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/11/26(土) 23:03:36.19 ID:wIOsHhCG
鬼武蔵と森軍団って、弱いものには強いけど、強いものにはからっきしだよな。

175 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/26(土) 23:19:22.16 ID:wvohD9BD
からっきしというか強者にあたったのは最初で最後

176 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 00:23:40.78 ID:VlnclGWI
真のファインプレーとは難しい打球をことも無くさばく事である
楽に勝ってるから弱い奴としか戦って無いとかは誤解だな
鬼武蔵でなかったなら最初の農民一揆でゲームオーバーだった
彼の不運は死ぬ間際まで敗北を知らなかった事だ

177 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 00:41:09.27 ID:46CaLTZs
本能寺の後の一揆との戦いとか、美濃の反森勢力との戦いとか確かに見事で、やはり一流の
指揮官であることは確かだね>鬼武蔵

小牧長久手は鬼武蔵云々と言うより、はやり秀吉の作戦が最初からまずかったと思う。

178 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 02:01:52.65 ID:1fiEOM4d
眉間一発でご臨終はアンラッキー

天罰テキメンとか言っちゃだめw

179 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 03:05:00.06 ID:V4ea2/48
単に手段を選ばないだけでは

180 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 08:37:10.47 ID:tPWKH8wl
長久手については堀が徳川の先手を撃破した直後に、家康本隊がその後方に
回りこんだ時点で後の展開は決定したと言える

181 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 09:31:48.41 ID:MC45Lle9
小牧山なんて殆どもぬけの殻だったのに秀吉www


182 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 10:31:48.31 ID:3TxdHNaa
軍勢を管理する役割の秀次さんがまっさきに逃亡して組織的な戦いができなくなるのは
戸次川の仙石さんとおなじなのかな

183 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 12:32:23.00 ID:UY5NuWKm
>>171
信雄は小牧山に居なかったの?
いや、あんまり詳しく知らないんだけど

184 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 12:34:17.08 ID:UY5NuWKm
すいません>>181で


185 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 12:47:22.36 ID:tPWKH8wl
>>183
長久手合戦当日付の「疲れたんで花押でなく、印判でゴメンね」という書状があるので
参加していたかと

もっとも、小牧山を初めとした陣地帯には酒井・石川といった東西三河衆と織田の一部が残ってい

186 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 13:36:42.22 ID:uVe1tSVS
>178、(´・ω・`)「日ごろの行いが大切だよね。今日も鮭がうまい」

187 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:54:39.90 ID:PCz8tsV7
>>186
愛称としての鬼と種族としての鬼の違いだろ?
槍なんて使ってるような人間と鉄の棒振り回してる鬼を同じにしちゃいかん。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    大将が秀次君の時点で秀吉が決戦を視野に入れていたとは思えないんだよな
    せいぜい森・池田のDQNコンビに放火とか大騒ぎさせて対陣してる徳川勢の動揺誘うくらいの計画の気がする

    仮に中入り部隊での決戦を狙っていたのなら譜代家臣中心の編成だったんじゃないかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ヒャッハー自体、騒ぎ立てることに関しては定評があるけど、武将としての武勲はイマイチそこらへんの腕っ節のいい程度にしか感じないんだが・・・
    まあ、頭に秀次据えたとしても、下につけた面子は歴戦の者だから支えてくれると考えたとも思えば・・・

    まあ、結果は知名度補正でもあるかのようなことになったが・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ堀久からすれば猿の甥っ子のド素人と尋常じゃない現場力のチンピラ軍団のお守りとかやる気の欠片も出ない現場だったのは間違いない

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この批評者の言うことは何か理屈っぽい。誠の忠誠心とか 笑
    まぁこの批評者の真意はわからんけど、勝って批判されるってのはそれだけ期待されてる人しかされんと思う。スゴい人だよね。

  5. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    捨て石覚悟で味方のために戦うような武将はむしろ徳川のほうにいて、
    秀吉のほうはそういう状況じゃないもんな
    秀吉も部下もそのくらい熟知してるだろうし、最初から全軍
    その程度の気持ちで戦ってたんじゃないかと思う

  6. 名無しさん | URL | -

    Q太郎の悪い話かと思ったら鬼武蔵の悪い話を聞いた。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも秀次自身が後継者でも何でもない、羽柴家の一門という立場でしかないからなぁ。どちらかというと、池田や森がヒャッハーするのに、秀吉も立場上親族でも出しておかないといかんだろJKということで、池田の縁戚の秀次投入したという流れじゃないの。

    秀吉の誤算は、まさかほぼ全軍で別働隊に殴り掛かるとは思っていなかったことではないかと思う。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    膠着状態に陥った局面を揺り動かすための中入りだったってじっちゃんが言ってた

  9. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    >>4
    そんな難しい話じゃないだろ、これ

    名人Q様の「個人としての戦術」は良かったけど、「中入り軍としての戦略には叶ってなかった」って話

  10. 人間七七四年 | URL | -

    うーん、しかし、最前線ではまずは自分の部隊の生き残りを考えねばならないのでは?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    正面の徳川勢より迫り来る鬼武蔵に脅威を感じてたのかも。

  12. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >>10
    そりゃ当時の政治状況を考えると自分の部隊の生き残りが最優先だろ。
    信長配下の同輩から家臣になるか同盟者になるか、あるいは出しぬけるかとかいう微妙な状況。
    秀吉敗北&家康戦死、自軍は温存→勢力拡大とかなったら最高。

    池田&森が戦死してラッキー♪というのが秀吉の本音。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも秀吉が大将として出陣している以上、身内を軍団長に据えるのは
    当然の判断。その秀次が潰走している以上、まともな戦術が全体で取れる
    訳はない。とすれば、各個に迎撃するしかない。
    ともなれば、乱戦に突入するかの愚を犯して戦力を消耗するなんて事は
    武将としてむしろ失格だと思う。

    この元の覚書書いた人って、その場に居た人じゃ無いのでは?
    前線の武将の様な判断じゃないし、どうにも後付け臭過ぎる。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    Qさまはあくまで秀次の護衛だったんでしょう。実子がいない状態で親戚の男子に死なれたら困るから

  15. 人間七七四年 | URL | p9QrMfRw

    堀さんを恨むような人物は居ただろうか…

  16. 人間七七四年 | URL | -

    個人としては勝利して面目を保ちつつ、
    結果オーライながら池田と森の目の上の瘤を死なせて秀吉にも最低限のプレゼント。
    むしろ名人の面目躍如といった感があるな。
    ちょっと前に長谷川秀一も手際が良かったって話もあったし、信長の近習って本当に優秀なのな。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    信長子飼いだった堀としちゃ秀吉の天下なんて真っ平だろうからな。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    >>15
    神子田・尾藤あたりならこんなことを言いそうな感じがする。

    >>17
    森乱にしてもそうだったけど優秀じゃなきゃ信長の近習はまともに勤まらんかったろうね

  19. 人間七七四年 | URL | -

    感想とか読んでるうちに、段々とこの批評者から牟田口臭を感じるようになってしまった・・・

  20. 人間七七四年 | URL | -

    賤ヶ岳で中川死なせて
    今度は池田、森ってか!?
    お、恐ろしや…

  21. 人間七七四年 | URL | -

    >20
    中川さんは止むを得ない。動きたくても動けない賎ヶ岳と
    状況が全く違う池田・森組と一緒にするのは可笑しいです。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    秀次と信雄は似たような匂いがするぜ
    家康と秀吉抜きにして二人に戦わせていたら、もっとグダグダな戦いが

  23. 人間七七四年 | URL | -

    >22
    少なくても、信雄は軍団長としての実戦経験がある。
    しかも、信長の親者として育った。
    対して秀次は殆ど初陣と言って良く。
    養子に出された状態。流石にそこまで酷いとは思えない。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    完全に結果論。
    戦は始まったばかりでまず幸先良く勝利しただけで十分。
    ここで深追いして逆襲でもされていたらそれこそ相手に勢い付けてしまう。
    この時はまだ戦はどんな展開になるか分かってないのだから、森の行動とは分けて考えるべき。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    てか、この時点ではまだ秀吉は主君ではないだろ?
    いくら家中を取り仕切っているといっても、死力を尽くすほどには義理はない。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    そのまま行っても堀Qまで死ぬだけで何も良いことないよね
    暴\走親子に退却しろって言っても聞かないだろうし
    秀吉にしても若くて勝手なことしない堀Qの方がはるかに使いやすいだろうし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6011-7fab72dd
この記事へのトラックバック