FC2ブログ

石田三成「…つーか、ぶっちゃけ」

2011年11月29日 22:05

206 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 21:00:28.24 ID:zw/Oc4Cl
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5999.html
↑まあ実際、親しかったようなのですが内容はどうかと言うと

『さいつさまへ  石治部より

貴殿からの礼状と中書殿(本多忠勝)からの返書、拝見しました。中書殿へは私から直接お返事しますが、
もし返事について聞かれたら、「承りました。何かと大変ですね。」と言っていたと伝えて下さい。』


『真豆州へ  三成より

最近、忙しくて報告が遅れたんですが、岐阜中納言(織田秀信)が体調不良で、オタクの近所の草津温泉へ
湯治に行きたいとの事です。

ところが『関東は不案内だから、信之さんに留守居衆へ(秀信を)接待するように、一筆書いてもらって』
とか、私に言って来やがりました。上記の通り家臣の方に言ってもらえれば、私も本望です。

こんな事ばっか頼んで迷惑だと思いますが(度々如此之儀申入、御心中迷惑に候)、曲げてこちらの使者に
良い返事を預けていただければ、幸いです。』


『「その内会おう」と言いつつお会いできず、ゆかしく思っています。この間の手紙も早々に返事すべき所、
ようやく先日そちらの使者に会えました。それもご存じの通り、路地の真ん中で、です。

これからも私はしばらく城詰めが続き、お話する事も出来ないでしょう。
…つーか、ぶっちゃけ城詰め飽きた。(もはや御番もあき申候)面会して、色々話がしたいです。

いつ(伊豆)様  石治』


…治部少ガンガレ超ガンガレ………





208 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 21:15:48.93 ID:VnzvfWOM
三成頑張れもだけど、色々頼まれる信之兄さんも頑張れ

209 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 22:53:41.81 ID:atGJQ3Ct
>>208
お兄ちゃんはタカられてるだけだろ、ニートに。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱ、東国一のおにーちゃんだ。伊豆守様。
    まあ、嫁が額に青筋浮かべそうな内容だけど。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    仕事にマジメな堅物だと勝手に思っていた石田さんが
    「もはや御番もあき申候」
    とか言っちゃっているあたりに、ものすごく衝撃を受けた

    疲れてたんだね、きっと・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なんか文面見ると三成がお兄ちゃんに甘えているようにしか見えない。
    天性の頼られキャラだったんだろうなぁ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    これだけぶっちゃけてるんだ、ホント三成、おにーちゃんに甘えてるよねwww。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こんな手紙わざわざ残してる辺り、本当に仲が良かったんだろうなあ>三成と信之

  6. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ニートではないだろ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ネットの中だけだけど本当に信繁嫌い多いなぁ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    年齢的には三成の方が上なのに完全に立場逆転してる気がするw
    東のミスターパーフェクトお兄ちゃん流石やで
    城詰めのあとはちゃんと会えたんだろうかw

  9. 腐女子脳だとやはり薄い本的に三成と信之と小松の三角関係なんだろうか。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    小松は旦那の交友関係に口出ししたり怒ったりするような
    鬱陶しい女じゃないと思うんだ

    三成と信之の友情は手紙内容からして何か和むわw
    よっぽど気が合う仲だったんだろうな
    何気にお兄ちゃんて交友関係広かったんだろうか

  11. 人間七七四年 | URL | -

    信繁嫌いな人いるの?

    チート頭脳パパ
    パーフェクトおにいちゃん
    ブシドーニンジャ弟

    俺はみんなひっくるめて好きだが

  12. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    幸村厨を嫌ってる人間は多いだろうが
    信繁本人を嫌ってる人は、少ないんじゃないかな
    ニートっていうのもお約束的なネタだと思うよ

    しかし信之と三成、ほんと親しかったんだな
    関が原は、さぞ辛い決断であっただろう

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >ニート弟
    そもそも、この時代に信繁関係無いじゃん。
    何でもかんでもこう言う風に繋げる奴は、何がしたいのだろう?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    こういう、純粋に仲良さそうなやりとり見るとほっこりする。
    そして自分も三成が心配になったわ…

  15. 人間七七四年 | URL | -

    少なくともこの※欄では※7や11が勝手に信繁嫌い云々言い出しただけで
    他は三成と信之のこと話てんじゃん
    信繁が好きとか嫌いとか、関係ないとこで荒れるような話題持ち出さないで欲しい

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    腐なら小松は除外だろう
    信繁→大谷→三成×信之←忠勝←家康ぐらいは平気でやってのける連中だ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    こういうの見ても思うんだけど、
    当時の武将達って「あれ?この人達こんなに仲良かったんだ」的な交友関係が
    あちらこちらにあるような感じがする。
    だから関ヶ原の心理的裏事情というのは、表面の対立構造よりはるかに皆複雑だったんじゃないかと。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    確かに、豊臣家に友好的・好意的だけど三成嫌い・行長嫌いで東軍側についた清正や正則なんかの例もあるしね
    信之兄ちゃん自身も、こうやって親しく手紙のやり取りしてた三成や、父や弟と対立することになってるし

    まあ、この時代は血筋や家を残すことが最重要事項だし(次点で先祖代々継いできた領地を守ることかな)、表面上だけじゃはかれないものがあるよなぁ

    やっぱり歴史って面白いと思わされる

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※2も触れてるけど仕事人間の三成でもデスマーチは嫌なんだなw

  20. 人間七七四年 | URL | -

    個人的に仲がいいのと家的に敵対するのは別問題じゃねーの?
    いろいろ見てるとこの時代はその辺結構さっくり割り切ってる気がする
    そりゃ昔なじみが敵対して死ぬと多少は辛かろうが、現代人ほど感傷的じゃないんでないの

  21. 人間七七四年 | URL | -

    織田秀信が関ヶ原の時に三成に味方した理由がちょっと分かった気がした。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    現代で言ったらプレゼンの競争相手がライバル会社に就職してた大学の友達みたいな感覚なんだろうなあ

  23. 人間七七四年 | URL | -

    二人が仲良いというより、三成のぶっちゃけに爆笑した。
    そうか、あきたのかw超ガンガレw

    他武将もそうだけども、知れば知るほど面白いね
    これだから歴史散策はやめれない

  24. 駄目人間名無しさん | URL | -

    三成にも飽きたとかいう気持ちあったのか いつでもどこでも全力で取り組んでる人ってイメージだったのに
    なんか意外だったけど、それも信之に対してだからついポロッて言っちゃったのかな

  25. 人間七七四年 | URL | -

    正確には十三通残ってたみたいだね

    三成は堅物だと思ってたけどこんな砕けたとこもあったんだなw
    今更ながら信之兄ちゃんには貴重な手紙を後世に残してくれてありがとう!と言いたい

  26. 人間七七四年 | URL | -

    石田治部少輔=日本一友達付き合いが下手くそな漢、
    と思って居たけど、そうじゃないのか。
    それか、おにいちゃんがつきあい上手なのか。

  27.   | URL | -

    信之は大らかで、優しいイメージだわ。なんとなく。

    歴史って教科書で見ている時には全く興味がなかったんだけど、
    こういう手紙のやりとりとかを知って面白くなったなー。
    もっとたくさん残っていればいいのにね。

  28. 人間七七四年 | URL | -

    もしかして関ヶ原前には決裂する何かがあったかもね
    大谷吉継と家康も懇意の仲だったのに決裂した原因の話もあるし

  29. 人間七七四年 | URL | -

    大らかで優しいだけじゃあの波乱に満ちた時代を生きぬくことは無理ですぜ

    心臓に毛が生えていて、何気に手のかかる人物でもあるお兄ちゃん。だがそこがいい

  30. 人間七七四年 | URL | -

    三成が会って話したいと言うくらいだから、相当仲良かったんだろうなあ。
    三成って検地やら何やらで全国飛び回ってたのかと思ったら、
    「飽きた」ってくらいずっと大坂に詰めてた時期もあったんだな。
    政宗や忠興の手紙は多く現存してるけど、三成のはほとんど残ってないから
    本当に信之兄ちゃんにはいくら感謝してもし足りないわ~
    個人的には、三成と吉継の往復書簡とかが残ってたら面白いと思う

  31. 人間七七四年 | URL | -

    そういや、三斎様やまーくんは三成についてなんか書き残して無いのかな?。
    あれだけ手紙残ってる人達なので、あれば色々と面白いと思うし、知りたいのだが。

  32. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    ※31
    三成との書状がなにかあったとしても、関ヶ原のあと殆どを処分したと考えられる。

  33. 人間七七四年 | URL | -

    ※31が言ってるのは、他の人への手紙に「そう言えば三成って…」と
    書いたものがないかってことじゃないか
    忠興が書いた手紙に、「そう言えば光秀が…」と書かれたものがあったそうだし。
    それとも江戸時代は「三成」って名前を口にするのがよほどタブーだったのか…

  34. 人間七七四年 | URL | -

    名前を言ってはいけないあの人

    ミツデモート

  35. 人間七七四年 | URL | -

    ※34
    名前を言ったら腹を下すんですね、わかります

  36. (´・ω・`) | URL | -

    道の真ん中で突然冶部少輔に呼び止められた(推定)信之の使者もビックリしただろうなぁ…

  37. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    なんという連結車両同士の正面衝突\(^0^)/
    行こう、ここももうじき腐界に沈む・・・orz


    ・・・・・・な、心境だw

  38. 人間七七四年 | URL | -

    ※37殿
    タダの事故じゃんか。まとめてK○MATSUにぶっ飛ばされそうだな。
    おにいちゃんは、回収されて終わりだろうけど。

  39. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  40. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば信之も三成との手紙を保存してたのが、死後偶然みつかったとか

  41. 人間七七四年 | URL | -

    偶然じゃなく不寝番付けてまで残してた。

  42. 人間七七四年 | URL | -

    三成は数少ない友人のクォリティがパねえ
    直江だったり大谷だったり。

  43. 人間七七四年 | URL | -

    逆にクオリティ高い人だから友達になってあげたんだよ。

  44. 人間七七四年 | URL | -

    ニートであることを・・・強いられているんだ!!

  45. 人間七七四年 | URL | -

    当時の手紙よ、もっともっと見つかれ

  46. 人間七七四年 | URL | -

    別に三成は江戸時代忌避はされてないんだが。
    何かの創作物と混同してないか?

    徳川家もタブー視してない。むしろどこからそんな話が出てきたの?
    むしろ前田家の所為じゃなかったけ?三成の悪評は。

  47. 人間七七四年 | URL | -

    三成って人自体そんなに知らなかったとか
    関が原で大将やったのも以外だったんじゃないかねえ
    それなりに妥当なところがあれば西軍に属する有名大名のほとんどが
    戦場にいるだけであとは見てるだけ、にはならんと思う

  48. 人間七七四年 | URL | -

    三成の悪評が前田家所以とな
    「じゃなかったっけ」という時点でそっちのが「むしろどこからそんな話を持ち出したんだ」感
    超個人的な妄想の意見交換だろうけど前田家落とすならそれなりに根拠ほしいわ

  49. 人間七七四年 | URL | -

    「城詰め飽きたので面会したい」じゃなく、「城詰めが明けた(終わった)ので面会しましょう」って意味だと思うんだが

  50. 人間七七四年 | URL | -

    ※49
    ですよね
    中途半端な知識で誤読した挙句おかしなエピソード創作しないでほしい

  51. 人間七七四年 | URL | -

    ぶっちゃけ城で働くのあきた
    でも
    城での仕事終わったから会いに行くね
    でもお兄ちゃんが好かれ過ぎなのは変わらないのは面白い

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6022-d878aa00
この記事へのトラックバック