FC2ブログ

広辞苑に「笹の才蔵」が載ってて感動してたら

2011年11月30日 22:11

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/29(火) 23:50:23.17 ID:728iAUFI
広辞苑に「笹の才蔵」が載ってて感動してたら全然別物だったでござる

800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/29(火) 23:56:09.43 ID:mlI8h7Vp
笹の才蔵
福岡県博多・宮崎県佐土原で作る土偶、猿が上下に袴をはいた姿。
壱岐には同じ姿を描いた札があり、いずれも疱瘡除(ほうそうよけ)という。

カニさんが猿になっちゃった




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >カニさんが猿になっちゃった

    後の猿蟹合戦?
    …うん、すまない。何となく連想してしまった

    しかし博多・佐土原・壱岐とは九州という以外に接点とかあったかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    モデルは、可児才蔵だそうな。
    こちらのサイトによると
    ttp://www.ne.jp/asahi/narumi/clinic/gang/gang/gang_saru.html
    可児才蔵は、疱瘡神を斬ったことがあるみたい(言い伝えによっては、矢を射かけたというのもあるみたい)。
    猿がいるのは、猿が山王権現のお使いなんだけど、可児才蔵が山王権現への信仰が厚かったのでその関連みたい。
    地方によっては、源為朝の絵馬とかお札のバージョンもあるそうで、これも伊豆七島から、為朝が、武力で疱瘡を駆逐したからだそうな。為朝の方が、九州という感じがするけどなあ、なんで可児才蔵が九州なのかは不明。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    多くの武士が才蔵の勇名を慕って墓参りに行ったって聞いたし、魔除けの意味で名前借りたとかかなぁ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さるかに合体か…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    だれうま

  6.   | URL | -

    うますぎるw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武藏だったら・・・疫病神どうなるんだろ?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    他の武将の話なのに、何でもかんでも武蔵さん出せば
    良いって物でも無いと思うが。
    ここ最近ずっとこのパターンが続いてるよね?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    関係ない逸話のコメントで信之叩き幸村ageしてたのとかはともかく、鬼武蔵が続いてても何か問題があるとは思わんけど

  10. 人間七七四年 | URL | -

    いらんとこまでしゃしゃり出て来るなってことだよ煩わしい

  11. 人間七七四年 | URL | -

    疱瘡が治ったら笹湯を浴びるのは可児さんと関係あるのかな?

  12. 駄目人間名無しさん | URL | -

    宮崎在住なんだが初めて知った あったっけ?こんなん
    そしてなんてこれが笹の才蔵なんだろう 笹どこだよ

  13. 名無し | URL | -

    よかった。可児さんディスられてるわけじゃないんだね。

    俺は〇〇の病で苦しんだから、死んだら〇〇治す神様になってやるって逸話の人と同系の話だよね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    >9
    武蔵さん事態が君自身が言う所の「関係の無い逸話」だろ?
    この話の何処に武蔵さんが関わってる部分が有るんだ?
    君が思おうが関係無い。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5797.html
    カニさんと真逆だけど、とりあえず、鬼武蔵と病を治してくれる仏像の話

    この話と似たような話には、加藤清正をコレラやハンセン病を治療してくれる神様と敬ったり、
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5492.htmlや
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2817.html
    のような死後、歯の病いの神様として祀られた話があるな

  16. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず※10が煩わしいのは理解できた

  17. 人間七七四年 | URL | -

    戦国無双に鬼武蔵まだー??w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6025-6fb062c6
この記事へのトラックバック