FC2ブログ

薩摩の刺青

2011年12月17日 21:53

34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 13:41:56.11 ID:6mOja9IW
さらっと調べてみたら、薩摩の刺青は陰徳太平記の話みたいね
ネットから引っ張ってきたので恐縮なんだが

天正15年4月16日、豊臣秀長が三原弾正忠らが立てこもる高城を攻めた
薩摩勢は島津歳久の子三郎兵衛忠親で迎え撃ったが敗北

『島津勢先陣の内島津歳久の子三郎兵衞忠親を始めとして、五百餘り計たれけるに
皆二の腕に何氏何某、行年何十歳、何月何日討死と黥(げい)して在りけるとかや』
ttp://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/8767/1/irezumi26.pdf

豊臣軍が攻めてきて、決死を覚悟して名前と歳と討ち死にの日を彫った――ってニュアンスみたいね
陰徳太平記だから後世の潤色の可能性も高いけど
とりあえず、薩摩隼人マジ戦闘民族




36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 16:27:38.75 ID:RgxO7CrL
九州武士は島津に限らず末期の大友もマジキチレベルだからなぁ、特に奥方達
降伏して酒宴で油断させて伏兵と追撃とか
息子の憂いを断つために赤子を殺して自宅に火をつけたり

37 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/12/17(土) 17:17:12.01 ID:yoM7saFv
海外からの攻撃が一番直撃してきた地域というのも、
九州武士の気質に影響しているのかな?

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 18:04:18.46 ID:bXQeE/oo
九州武士でも日向は殺魔にボコボコにされて大友に燃やされるイメージしかないな
あと完全に空気な肥前有馬

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 19:26:54.38 ID:8o5xeSA2
妙林尼と甲斐宗運か

41 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 20:12:25.05 ID:ST1/3qCL
ところでクリンゴンと薩摩の人間どっちが凶暴なの?w

42 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 20:17:24.44 ID:Sna30vY+
肥後も冴えないよな
鎌倉以来の雄菊池は滅ぶし
阿蘇・相良も二流

43 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/12/17(土) 20:34:37.74 ID:yoM7saFv
今じゃ九州は任侠の国だけどな

44 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 20:35:05.59 ID:3DFjjHzu
九州でも、北と南を一緒にしちゃいけない
別世界だよ

45 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 21:01:03.33 ID:6W52XKEv
>>42
阿蘇は諏訪みたいな神官だし、領土欲みたいなのはガツガツしてなかったかなと。

46 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 21:11:23.22 ID:ZoC3icEv
>>45
菊池潰したの阿蘇氏じゃなかった?

47 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 21:20:19.46 ID:xnDSckZN
>>39
有馬氏は、お家存亡をかけた沖田畷の戦いにおける奮闘が
島津家久の存在感でかすんでるのが痛いなぁ
前線に鉄砲隊を並べてクマー軍団をよく防いでいたんだが
48 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 21:35:39.80 ID:NFXBvnDA
>>44
北は朝鮮とつながり、
南は沖縄と繋がってると

49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 22:20:39.83 ID:o8iYRa5p
戦国九州人ってこういう↓イメージしかない

      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i 
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l 
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i | 
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 戦場は地獄タイ(バイ・ゴワス.etc)! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 22:42:22.68 ID:3DFjjHzu
戦国時代はみんな過酷だと思うけど
九州はなんか異色みたい…なんでだろう 風土の差?

51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 22:49:55.33 ID:W1n1x8Ip
残ってる軍記物とかのせいってのが大きいんだろうけど地理的なこともあるのかな
なんか合戦の雰囲気なんかに大陸の匂いを感じる

52 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/12/17(土) 23:03:36.50 ID:PDPudzYh
地理的に独自の風土は形成されやすいかも。
武の地関東、上方関西からも遠いんだよなw
航空技術が発展するまでは、
文化の受入、外敵の侵入どちらにしても玄関口だったから。
古くは支那、新羅、元にいつも警戒していなければならないし、
戦国時代にはキリシタン大名のメッカみたいなとこあるし、
保守的な精神と急進的な精神がごちゃ混ぜな土地柄かもしれんw

53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 23:06:21.79 ID:s92pEdYn
逆言うと、大陸や南方から新しい文物が入ってくるし、大陸に略奪に行くことも交易に行くこともできるってのもあるよね


54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 00:10:00.01 ID:0ugJX/PS
>>47
島津に泣きついて助けてもらったのに
秀吉が来たらさっと手のひら返しした有馬さん
武功を誇るならその寝返り振りもセットで誇らないとねw

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 00:20:11.18 ID:IEnHNs4V
有馬と言えば大村や松浦や後藤やあのあたりとごたごたしていたイメージが

56 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 00:56:12.19 ID:BVsUVmYi
有馬記念の有馬って、九州の有馬でしたかな?

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 01:02:16.67 ID:VVd1dmAb
レースの開催開始時に、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場で大レースを
と計画したから。

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 01:18:48.47 ID:k9rUVC8i
久留米藩の殿様の家の当主だから九州の有馬ではあるけど、
摂津有馬氏であって肥前の有馬氏とは別系統なのね

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 03:21:33.89 ID:7NMiqQFQ
本多正純「まったく有馬は…」

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 04:07:48.20 ID:ev9ggljb
競馬とはぜんぜん関係有馬せん

なんちゃってw

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 04:30:53.24 ID:gtSpx03W
>>60
【審議チュウ】
          チュウ
         +  ゚  ・ +
          ゚∧,,∧∧  ゚
  チュウ      (* ゚(   )       チュウ
.+  ゚  ・ +  l っと  ヽ  .+  ゚  ・ +
  ゚∧_ ∧∧  ゚ と__(__(^)(^)   ∧∧ _∧
  (*´・(   )            (   )・`*)
   l っと  ヽ           /   つと l
   と__(__(^)(^)          (^)(^)_)_つ

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 07:10:40.57 ID:MDViqKTs
九州の名護屋城の布陣とかそうそうなもんだなぁ。
唐入りの絵図とか資料とかもっとあったらいいのに。
海外遠征とか初めてだろうし、違う民族の武将農民風景とかいろいろ。


63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 10:44:50.20 ID:h4Xplwk8
>>54
表裏比興「どこの家もやってんだから誇ることでもないだろう、常識的に考えて(AA略」

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 11:47:04.20 ID:SJOs6g/J
>>54
それ真田昌幸レベルが評価基準だから
有馬さんは凡骨


65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 12:11:04.77 ID:0PMtCUPn
簡単そうなことを難なくこなすのが肝心だって
えーと名前忘れたけど戦国時代の偉人が言ってた

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 15:14:10.63 ID:BVq1zqgy
>>46
大友

75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 07:43:11.37 ID:k3dqj9lD
>>66
阿蘇氏が先に菊池乗っ取ってなかった?(大友はそれをさらにのっとった

76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 13:09:08.77 ID:NlzABSxd
能運が正嫡なしに二十歳ちょっとで戦傷のせいで1505年に死去したから菊池の嫡流は断絶したからなあ。
大友、相良、阿蘇の三氏が小川町の守山で会談した結果らしい
(菊池政隆がいたが追っ払われた)>阿蘇惟長(菊池武経)の菊池相続
で、惟長相続に賛成した菊池家臣の面子が大友義長の次男を推戴するって起誓文を作成してたらしいね。
菊池の家督に旨みが無いのを悟り、ブチ切れて阿蘇に帰った惟長の後に大友がショートリリーフとして
菊池武包を起用した後の大友義長次男にして最後の菊池家当主が菊池義武。
まあ肥後守護に欲出してみたはいいものの、実際は大友の支配下にあったのに気付いて帰ったのが阿蘇惟長だから、
野心無かったってのはどうかなー?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一瞬、『歳久の子三郎兵衛忠親』が誰か判らなかった
    「歳久の息子…?娘しかいなかった筈だが…」
    と思ったが、これって娘婿『忠隣』のことでいいんですよね?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    今日は死ぬにはいい日だ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    Heghlu'meH QaQ jajvam.[ヘグルーッメフ クァク ジャジヴァム]
    クリンゴン乙

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6062-fdcb65e8
この記事へのトラックバック