FC2ブログ

最上義光・義康親子、不和となる

2011年12月21日 22:01

459 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/20(火) 22:06:28.59 ID:B+ErHbqZ
最上義光の嫡男、修理太夫義康の側近には、佞人阿党(権力におもねり、与するもの)と言うべき者たちがあった。
彼らは義光の近習の者たちと威を争うあまりに、この阿党共は酒の席で義康に申し上げることには

「いつ迄もこのような部屋住まいで、所持御不自由の体であられる事を、ずっとおいたわしく思っております。
もはや義光公もご老体のことでありますれば、御家督を譲られご隠居なさるべきであるのに、そのような
そぶりもないのは、どうしても不審に思えてしまいます。

されば、ご次男の駿河守家親様は数年江戸の御城に詰められ、家康公にお気に入られご出頭されていると
聞き及んでおります。そういうことであれば、義光公のお考えは、いかがな事になると思われますか?」

このような事を色々と品を変え言葉を変えて伝えたため、義康にも『そういう事(廃嫡)もあるかもしれない』
と考えるようになり、折に触れて、義光への恨みの風情が見えるようになった。
そんなふうだったので、終には義光・義康親子の仲は、宜しからざる体となってしまった。

そんなある時、義康は光明寺へ遊覧に出かけ、そこで酒宴を張ったが、このとき近習の若者たちと
戯れているうちに脇差が鞘走ってしまい、左の脇を少し傷つけてしまった。

この事を佞臣たちが聞きつけ、義光に、このように報告した

「今や義康公は、御家督のお譲りが引き伸びになっていることを深くお恨みいたし、本日自害を図ろうとしましたが、
これに気がついた近習たちが皆で取り押さえ事なきとなりました。
しかしこのように命がけで思いつめておられる以上、義光公に対しいかなる謀り事を企んだとしてもおかしくは
ありません!」

これを聞いて義光は

「たしかに、そのようでは、義康は国の仇となってしまうだろう」

と考えた。


義光と義康の関係の悪化を、決定的にしたとされる事件である

(最上出羽守義光物語)




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    義守「親子の仲が悪いのは、誰に似たのやら…」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    結局何が一番悪かったんだろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    運が悪かったんだな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    廃嫡して、その後ウマくいった大名家ってあまり聞かないよね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    鮭様の隠居の時期が微妙にもう少し早かったらって思う。
    まだ最上体制完全に固まってないか。
    ただの結果論になるけど。

  6. 名無し | URL | -

    ケガしたら、かまってちゃんとか言われたみたいな話。
    現代でもあるね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    逸話上なら、完璧に周りが悪い話ですね。中国地方の大内家
    と陶家の対立の様に、家臣の甘言は家を滅ぼすな。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    ありゃホモのせいだ
    まったく世の中ホモが多くて困る。
    仙台の独眼竜とかな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ホモと衆道は違うよ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米7

    少なくても戦国期の名のある武将の多くは、バイセクシャルである。
    武家の衆道自体も、結果的に主君と家臣の絆を強化する媒体になってるのが一般的。
    大内さんとか確かに衆道にいれあげた(らしい)人もいるが。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ↑米7宛てでは無く米8宛てだった。すまん。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※8の頭の悪さにワロタ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6076-ee3cc264
この記事へのトラックバック