FC2ブログ

最も緩やかな下克上

2011年12月30日 22:00

536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 17:43:25.04 ID:D/Uq39ik
最も緩やかな下克上


戦国時代の初期の頃、上野の国の新田庄の領主は新田氏の後裔である岩松氏であった。
しかし、岩松尚純の代に家宰である横瀬成繁・横瀬景繁親子の専横が目立つようになり、
尚純は明応4年(1495年)に兵を起こしたものの敗れ、子の岩松昌純に強制的に家督を譲らされた。

岩松氏の凋落はここから始まった。
昌純は家督を継いだ当初から横瀬景繁の傀儡の立場に甘んじていたが、横瀬景繁の死後に
子の横瀬泰繁を倒す計画を立てる。
しかしながら横瀬泰繁に計画が漏れ、横瀬泰繁が先手を打って岩松昌純を殺した。これが
享禄2年(1529年)の事である。

横瀬泰繁は岩松昌純の弟である岩松氏純を擁立したが、より専横の色を強め、もはや氏純には何の権限も無かった。
そんな横瀬泰繁も天文14年(1545年)に下野で戦死する。
しかし、泰繁の子である横瀬成繁は相続時既に40歳で政務への参加歴も長く、横瀬氏の支配は盤石であった。

もはや岩松氏の出る幕の無いことを悟った岩松氏純は天文17年(1548年)、失意の末に自害して果てた。
そこで横瀬成繁は従来通りに岩松氏純の子である岩松守純を擁立し、権力を握った。
しかし、横瀬成繁は更なる野心家で、ついには「実質的な権力者」には飽きたらず、「新田庄の正式な支配者」
になることを志向する。

永禄8年(1565年)、ついに横瀬成繁は岩松氏の本拠である新田金山城の城主であると主張し始め、
岩松守純は桐生に幽閉された。
熱心な献金も功を奏して朝廷や時の将軍からも正式な領主として認められた成繁は
やがて由良成繁を名乗り、家系図を改竄して「新田氏の後裔」とまで主張する。

ここに足掛け4代、70年にも及ぶ期間を経て横瀬氏(由良氏)の下克上は完成したのであった。




539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 18:44:13.67 ID:3SW+FGis
由良成繁こんな奴だけど善政敷いてたので領民に凄い慕われてたらしい。


540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 19:09:51.62 ID:CIc4TCEk
そうして支持者が多かったのも下克上が成功した一因だろうな
上手くやったものだ

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 19:20:05.76 ID:SrjtQPKR
善政敷いて支持を受けてるのも自分だし軍事外交切り回してるのも全部自分なのに何でこの座ってるだけの奴に
主人面されにゃならんのよ、こいつ要らなくね?ってのが先だったかもね。

明確にどっち先てのは本人ですらはっきりしてなかった気もするけど

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 19:20:46.18 ID:Gi3e2PjE
善政敷いてくれるなら主君でも家老でもどっちでも良いんだろうな
その方が近代的か
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鍋島直茂「主君の家を乗っ取るなんて!何と言う不届き者だ!」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    長尾為景「まったくその通り」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1.2
    英林孝景「その通りでござる。ましては公家寺社の所領を横領するなんてもっての他でござる。」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    六角高頼「まったくだ。寺社領の横領とは
    許せんな!」

  5. 人間七七四年 | URL | 699H0WC2

    ※3、4
    尼子経久「いやあ、全くもってその通りにござるなぁ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大関高増「そうそう。自分の領地安堵されるより主家が領地召上げられない事優先しないとね。」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    家康「それでも岩松氏は可哀想だな。新田の家系図くれたら相当の領地やるよ。」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>3-5
    遠州「まったくもって同感でござる。さてと公儀作庭の見積もりでも…」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    大内義隆「主君が優秀ならお家を乗っ取られることなどない」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「よこせ」って苗字からして貪欲そう…恐ろしや

  11. 名無しさん(笑)@nw2 | URL | -

    息子が40になるのに戦死する親父・・・

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    一栗放牛「真のもののふなら歳は関係ない」
    老黄忠「そうだそうだ」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    この人越相同盟締結の仲介をしてたんだよな 生き残る為の策もしっかり打ってる…

  14. 人間七七四年 | URL | -

    続成「ってか普通、寿命って90だろ。JK。」

  15. 松永久秀「これは酷い不忠者ですな。」
    宇喜多直家「ええ、全くです。」
    斉藤道三「信じられない暴挙。」
    遊佐&長「主君を傀儡にするとは何事だ!」
    織田・朝倉「家臣が乗っ取りとか人が許しても天が許さないだろ、常考。」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    地元民のスタンスとしては、新田義貞の方が有名で正直「誰それ」状態ですね。
    しかし、逆に悪名も聞きません。
    むしろ、岩松家が「無能の癖に権力に固執した揚句挙兵して、返り討ちにあって
    追い出された」的ポジ。

    >1~9・15
    全員鏡を見なさい!www
    しかも何この連携プレイwww

  17. 人間七七四年 | URL | -

    毛利元就「家臣は三本の矢の如く、主家を支えなければいかん。
    ワシも若い頃は大内殿を支え、逆臣・陶晴賢を厳島にて倒したのだ」

  18.   | URL | -

    ※16殿

    松永久秀「これはとんだ粗相をしました。お詫びに茶でも・・・」
    宇喜田直家「備前の銘酒もございますぞ」

  19. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    家康「家系図を改竄とは。恥ずかしいかぎりじゃ」
    秀吉「まったくやることが小物でいかんな」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    どんないい話も悪い話に持って行ける能力w

  21. 人間七七四年 | URL | -

    由良家は地味に長野家亡き後の上野の最大勢力だし成繁はそれに見合うだけの才覚があった

  22. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | i1jUUG.6

    遂に妙印尼のオマケ扱いされて来た由良成繁にも新たなる光が・・・

  23. 人間七七四年 | URL | -

    穴山信君「主家が傾いた時、全力で支えるのが家臣の勤め」

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※23殿

    小山田信茂「仰せの通り」
    朝倉景鏡「一門なればなおのこと」

  25. 人間七七四年 | URL | -

    まるで韓国人みたいだな

  26. 人間七七四年 | URL | -

    宇山久兼「我等で窮地に陥っている尼子家をお守りしようではないか!」
    山中鹿介「まったくでごさいます!
    そういえば宇山様。殿が探しておられましたぞ」

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    義姫「わらわの手料理をどうぞ」

  28. 人間七七四年 | URL | -

    米27
    最上義光「なに?お義の手料理?
    いただきま~す」

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※28
    義姫「ちょっ、それ政宗用特製手料理www。兄上、今すぐ吐き出して!」

  30. 人間七七四年 | URL | -

    米29
    小次郎「母上、ではそれがしが」

  31. 人間七七四年 | URL | -

    早雲「みんなひどいなあ、下剋上だなんて」

  32. 人間七七四年 | URL | -

    金丸「そうそう。自分が王となって主君の姓名乗るなんてしたら駄目だよ。」

  33. 人間七七四年 | URL | -

    島津忠良「分家筋は主家を立てるものですよ。主家を乗っ取るなんてもっての他。」

  34. 人間七七四年 | URL | -

    龍造寺隆信「全く、こんな奴らと共にいたら、人を信じられなくなりそうだ」

  35. 人間七七四年 | URL | -

    武田信虎「しかし、恐怖で人を縛ることなんかできませんぞ」

  36. 人間七七四年 | URL | -

    斯波義統「家臣に実権を奪われるなど不明の極みよのう」

  37. 人間七七四年 | URL | -

    長曽我部元親「一条家への御恩は末代まで忘れぬようにせねばのう」

  38. 人間七七四年 | URL | -

    直江兼続「敵の留守の間に攻め込むなどという、義の無い戦はしませぬ」

  39. 人間七七四年 | URL | -

    菅谷「とのー、帰りますよー」

  40. 人間七七四年 | URL | -

    真田昌幸「人間、正直が一番」

  41. 人間七七四年 | URL | -

    亀井 琉球守「家系図ねつ造ワラタ、存在しないもの勝手に作るとかないわー」

  42. 人間七七四年 | URL | -

    寺沢堅高「善い政をすれば」
    松倉勝家「民も領主を慕うというもの」

  43. 人間七七四年 | URL | -

    ※42
    鳥居忠政「それがしも前の殿様より良い政治を行いました」

  44. 人間七七四年 | URL | -

    >>42-43
    武田信玄「それがしは面倒くさかったので前の殿さまを徹底的にけなしてみました、てへっ♪」

  45. 人間七七四年 | URL | -

    ※44
    信虎「その前の殿様って誰のことかな(^ω^♯)ビキビキ」

  46. 人間七七四年 | URL | -

    ※44
    信虎「その前の殿様って誰のことかな(^ω^♯)ビキビキ」

  47. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    >42-44
    蠣崎改め松前「領民との信頼関係こそが大切。首長たちとはたびたび宴席を設けるぐらい親しくならないと」

  48. 人間七七四年 | URL | -

    森忠政「ウチも善政を敷いてましたよ。見せしめに数百人ばかし磔にしたら大人しいもんです」

  49. 人間七七四年 | URL | -

    >45
    最上義守「武田さんのところもですか…」
    伊達稙宗「なぁに、ちょっとした反抗期のようなもの」
    斎藤道三「時が経てば落ち着く」
    大友義鑑「間違っても弟をえこひいきしてはいかんぞ」

  50. 人間七七四年 | URL | -

    正月そうそう清々しいくらいにおまいうの嵐だな

  51. 人間七七四年 | URL | -

    古田織部「もののふは武のみ精進することが肝要にごさるよ。数寄などに興味はござらぬ。」

  52. 人間七七四年 | URL | -

    伊達政宗「叔父上は頼もしいゆえ、最上家とは協力していかねばのう」
    最上義光「可愛い甥っ子のためなら伊達家のために何でもするぞ」

  53. 人間七七四年 | URL | -

    正月早々から、君達の連携の素晴らしさに脱帽だよ!!(笑)

  54. 人間七七四年 | URL | -

    >>47
    黒田ngms「それがしも松前殿を見習って原住民の宇都宮殿を宴席に招きましたぞ」

  55. 人間七七四年 | URL | 699H0WC2

    尼子経久「方々、まさか正月早々城を攻めるなどという暴挙はなさらぬだろうな」

  56. 人間七七四年 | URL | -

    >47、54
    山内一豊「親交を深めるため相撲大会を企画してみました。力自慢は奮ってご参加を!」

  57. 人間七七四年 | URL | -

    ※55
    松永久秀「それがしはクリスマスに休戦するほどの平和主義でごさる。アーメン」

  58. 人間七七四年 | URL | -

    >55
    佐野宗綱「新年早々そんな外道なことをするはずがなかろう!」

  59. 人間七七四年 | URL | -

    斎藤龍興「家臣に国や城を乗っ取られるなんて、俺なら恥ずかしくって腹切るね」

  60. 人間七七四年 | URL | -

    なにこの連携プレー。
    正月そうそう笑ったわな(^^)。

  61. 人間七七四年 | URL | V8uOUIPU

    足利義稙「武士は負けると分かっていても戦わねばならん。逃げるなどもってのほか」
    足利義晴「代々操り人形とは情けない。それに失敗から何も学んでおらんようじゃ」
    細川晴元「生まれの高貴さに胡坐をかくからこうなる。リーダーシップを発揮しないと」
    三好長慶「そもそも家臣に権限を与えすぎなんだよJK」
    足利義輝「仮に謀反にあっても返り討ちよ!」

  62. 足利尊氏「我ら足利一門は正面から戦い、決して逃げないのが家風であった。子孫達が皆家風を守る勇者で安心致した。地方まで逃げるような奴だったらどうしようかと思っていたよ。」

  63. 人間七七四年 | URL | -

    小松「…いい加減、しずかにしろや(怒)」

  64. 人間七七四年 | URL | -

    ※63
    真田信繁「義姉上の申されるように、兄上に迷惑がかからぬよう静かにしております」

  65. 人間七七四年 | URL | -

    ※63
    宇喜多直家「まあまあ、茶でも飲んで落ち着きなされ」

  66. 人間七七四年 | URL | -

    今川氏真「ここは嘘つきばかりでおじゃる」
    山名豊国「嘘つきは良くない。嘘をつかずに生きれば天寿をまっとう出来るのに」
    織田信雄「まったく。名族にうまれたからには謀略などと無縁でいたいもの」
    宇喜多秀家「天寿を全うするのが名族の勤め」

  67. 人間七七四年 | URL | -

    小松「…だーかーらーっ、お前らがいうか?普通。」

  68. 人間七七四年 | URL | -

    本多忠勝「温厚な我が娘を怒らせる不逞の輩はそれがしが成敗してくれる」

  69. 人間七七四年 | URL | -

    >>67
    凍蚓「温厚とは、某達の為にある言葉。それがしを見習って温厚にすごすがよかろう

    実季「凍蚓たん、よくできまちたー♪」

  70. 人間七七四年 | URL | -

    すごいなあ。
    年をまたいでまだ続いてるんだ。

  71. 人間七七四年 | URL | -

    毛利隆元「俺の弟たちはどうも俺より才覚に欠けるなあ」
    真田信幸「俺の弟も武芸が苦手でねえ」

  72. 人間七七四年 | URL | -

    島津義久「うちなんか穀潰しが三人もいるんですよ」
    長尾晴景「愚弟は戦に滅法弱くて」

  73. 人間七七四年 | URL | -

    大友宗鱗「弟を悪く言う輩がいるとは。弟とは仲良くやっていくべき。」
    宇喜多忠家「まったくもって。兄の事を疑った事など一度もございません。」

  74. 人間七七四年 | URL | -

    織田信勝「手取り足取り尻取り優しくしてくれたお兄ちゃんの見舞いに清州にいってきます」

  75. 人間七七四年 | URL | -

    津軽為信「南部の圧政からの解放を!
    愛と平和の独立運動を続けよう!」

  76. 人間七七四年 | URL | -

    織田有楽斎「兄もその嫡男も天下を統べることのできる大器。それがしが命に代えてもお守りせねば」

  77. 人間七七四年 | URL | -

    大内義長「養子先を掌握できたのは全て兄上のサポートのおかげ」
    上杉景虎「愛情深い家族に恵まれた我々は果報者ですね」

  78. 人間七七四年 | URL | -

    小松「…はぁ…。これでダンナが伊豆守様じゃなかったら、切れてるヨ…。頭、痛い。」

  79. 人間七七四年 | URL | -

    記事に関係ない投稿いつまでやってんだよ

  80. 人間七七四年 | URL | -

    ※79
    織田信長「短気はよくないよ」
    武田信虎「怒りっぽい人って嫌い」

  81. 人間七七四年 | URL | -

    宗茂「俺も混ざりたいんだけど何をコメントすればいい?(・ω・)」
    雪下「おい、誰か人数分(殿も含む)イガ栗持って来い」

  82. 人間七七四年 | URL | -

    いつかの死亡フラグ以来の大盛況でござるな

  83. 人間七七四年 | URL | KoMHmL3Y

    武田正昌「しかし、『しげしげ』とは変な名だのう」
    畠山義慶「ほんとほんと、ギャグマンガじゃあるまいし」
    稲葉道通「将軍かよ!」

  84. 人間七七四年 | URL | -

    ※83
    松平康安 「その通りだな。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6097-ebecf18c
この記事へのトラックバック