FC2ブログ

草加宿由来

2011年12月31日 22:00

206 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 20:37:16.02 ID:4odn/nQC
慶長11年(1606)の事だという。
将軍徳川秀忠が鷹狩りを大原村(現埼玉県八潮市)行い、舎人(現東京都足立区)の御殿で宿泊することとなったが、
その頃大原と舎人の間は草野が広がり、また沼も多く、人馬が進むのに誠に困難な場所であった。

そこで秀忠は旗本の大川図書に道の補修を命じた。
大川は近隣の領民を集め草木を刈りそれをもって低湿地を埋め、千住から越ヶ谷間までを、
ほぼ一直線に結ぶ新往還道を一挙に築き上げた。

この街道の完成に秀忠は大いに喜び、

「草を以て沼を埋め、往還の心安すきこと、これ一重に草の大功なり。このところ草加といふべし」

と命じた。「(沼地に)草を加えたことによって街道となった」ということである。
これによりその地は『草加』と呼ばれるようになったという。

家康に比べて地味な秀忠ですが、彼にもこんな命名伝説があるのですw
(草加宿由来)



207 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:00:00.08 ID:pmYKcd7y
親父よりはネーミングセンス良かったのかね?>秀忠

208 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 21:39:21.91 ID:Hhi2Ygrk
小豆餅と銭取よりはいいな

209 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:19:42.04 ID:ea1ytrxg
仮に家康が命名したならどんな名前になっていただろうか

210 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/31(土) 22:20:16.18 ID:ykG7ZBvs
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5697.html
秀忠のネーミングセンスはこういう話もあるからな
なんというか、無難?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんで草加せんべいは東京みやげなの?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    天候によって通行が困難だから、
    家康は日光に行くときは赤羽の方を通る御成街道使ったんだよな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>206
    そうか、そういう理由があったのか

    さてと、黒田さんところの娘さんが嫁ぐらしいので披露宴に出てきます

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >千住から越ヶ谷間
    なるほど、地元じゃない自分でもこの説明は分かり易かった。
    確かに一本だわ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    学会活動できるじゃない!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6099-ec0438f8
この記事へのトラックバック