FC2ブログ

元亀2年小早川隆景誓紙 

2012年02月11日 21:58

873 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 17:01:18.28 ID:5aGtYdHw
元亀2年(1571)、毛利元就死去。
ここで名実ともに毛利家当主となった毛利輝元に対し、一族・家中から新たに輝元への忠誠を誓う
誓紙が提出される。

ここで叔父・小早川隆景からの誓紙の内容を見てみよう

『日頼様(毛利元就)、常栄様(毛利隆元)より続く筋目のこと、勿論忘却するようなことはございません。
別して最近聞き及ぶところには、このような私の心中も、輝元様に相通じているように承っております。

一、私に対し、疎かにする気持ちは毛頭なく、今まで以上に懇意にしたいとのお言葉、忝く思います。

一、私が知っていることは全て申し上げ、毛利家内部の情報は一言も外部に他言しないこと、
   これは既にご存知だと思います。
   どうぞこれからも思っていることは全て、御心隔て無くおっしゃってください。
   私からその情報を漏らすことは断じてありません。

一、当然、我ら一族の者は色々なことを輝元様に申し上げます。ですが、これは許容できないと
   お考えになったことは、どうぞお気遣いすることなくそうしてください。

   第一私の認識は、こんな事を今更申し上げるのもかえって隔たりがあるようですが、
   私は輝元様お一人の他に、頼るべきもののない身上でございます。
   私一代に対し、大小のどんな事においても御見放しなく、深重なるご憐憫を
   頂いていること、忝く思っております。

   毛利家の筋目という意味でも、私個人の冥加という意味でも、輝元様に対し無二の忠誠をなす
   覚悟であります。

右の意趣に偽りがあれば、日本国中の大小の神々、特に当国の厳島大明神、八幡大菩薩、天満大自在天、
氏神様、それらの罰を蒙るでしょう。

               左衛門佐 隆景(花押 血判)
元亀二年八月五日
輝元様』

輝元に対する隆景の心情、隆景・輝元双方の、お互いへの気遣いがかいま見られる史料であろう。
(毛利家文書)





874 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/12(日) 01:25:49.67 ID:ukR7cFnK
しかし、必要とあらば容赦なく殴る景さまw

875 名前:人間七七四年[age] 投稿日:2012/02/12(日) 01:29:28.10 ID:60IopdR2
>>874
一応その他家来に見えないところでな。

876 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/12(日) 02:10:12.91 ID:Ouo+QHEG
人目につかない所で叱る気遣いは現代にも通じるな

877 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/12(日) 05:53:15.01 ID:IO/178gk
たしかに。
人前に晒して説教は現代でも謀反フラグ。
それやる上司は一気に人望なくす
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こういった誓書ってそれぞれ違う内容なのかね?
    建前なのか本音なのか。
    隆景サンなりにテルを気遣ってはいたんだろうけど。

  2. 人間七七四年 | URL | 73DAy5m2

    ??「でも、人目のつかないところじゃ遠慮なしに折檻してくる人なんだお」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    どこぞの勝頼「頼れるだけマシじゃん。俺なんて・・・」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >米2
    普段着が鎖帷子の某忠家「(キョロキョロ)…せっ、折檻で済めば良いじゃないですか、生きて帰って来られるのですから、ねえ?」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵・鬼日向・今樊カイ「折檻?何それ?俺に教えろや」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    秀次「俺なんか一門では数少ない男子だったのに、叔父のせいで何の罪もない側室や娘たちまで……
    ※2の人はまだ恵まれてた方じゃないか……」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    輝元「もうすこし、自由を…な」
    隆景「毛利家のご当主にそんな庶民みたいなもんはありません」
    輝元「その…人生の楽しみとか、小歌とかどうじゃ」
    隆景「五月雨よ、花の散らないほど降れ」
    輝元「あ、あれじゃ…そば仕えとか、側室とか」
    隆景「人の妻に手を出すとか、亡国の兆しですな」
    輝元「当主の命に逆らうのか」
    隆景「お家のために忠言するのも勤めにござる。これ秀包、芸州呉名産の海軍精神注入棒(通称:バッター)をもて」
    輝元「いやじゃあ、叔父上、せ、折檻はいやじゃあ」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>7
    立花さんちの婿養子
    「精神注入棒ならまだ可愛いと思います。うちはイガグリと称したモーニングスターです…」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    そんな叔父上も織田との交戦中(第一次木津川口海戦後)に宮大工呼んで菩提寺(匡真寺)普請したり僧100人(この数は裏覚えなので間違ってるかも)呼んで元就夫妻の法要やったり結構イケイケなんですけどねw
    人心統一の意図もあったんでしょうけど。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >2
    貴方なんて、まだまだ幸せな方じゃないですか。
    厳しくても身内に支えられ、うっかり大将なんて
    引き受けちゃっても大名で居られたのだから。
    こんな愛されキャラ、そうそう居ないよ!

  11. 人間七七四年 | URL | -

    こういうこと言っても鉄拳制裁はするんですよね

  12. 人間七七四年 | URL | LMs.iqQA

    >>3
    義長
    「愛する兄を頼ったら茶器だけ取られて見捨てられました(゚∀゚ )」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    次の代にこれが受け継がれなかったのがな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    >>877
    あ、俺それで謀叛起こしたわ。

    店長は俺の後も新人に次々離反されて久々に店行ったらDQNにこそ泥されてしばらくしたら店つぶれたわ。

  15. 人間七七四年 | URL | 73DAy5m2

    >>13
    2代目までは親の苦労を見てるから受け継がれても3代目からはというのは現代でもよくあることよ。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >>14
    経験上、人前で説教されるのは人目の無いところで説教しても効果の無いヤツ。
    だからといって人前で説教するのは確かに謀反フラグ。

    人前で怒鳴り付けられて凹まされて、でも後になって陰口叩かずに反省する人間が「見所がある」「根性がある」と見てもらえる。


    なお、人前で怒鳴り付けることによって具体的な処分や責任から守るという思惑もあることもある。
    辞表どころじゃ済まないミスを、ミスを謝るべき相手を含む人目のあるところで罵倒することで(相手がまともな人間なら)相手に「まぁまぁ」と言ってもらえれば、御の字というものだろうということもある。
    この場合はミスをした人間が演技が上手いか下手かで、事前の打ち合わせか事後のフォローか分かれるので要注意。

    長々と書いたけど、この辺は世代間格差が激しいんだよな。と痛感。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >人前での説教
    人前だろうと後でこっそりだろうと、注意を受ける様な失敗をどう
    受け止めるかが先では無いか?そこに至る道程をどう見るかだよ。
    まぁ勿論怒る内容や言い方にも寄るけどさ。

    言わせてしまう程の失敗をしたのか?もしくは上司に対してそう言
    う配慮をしても無駄な人間と思わせてしまったのか?も重要だ。
    余程その上司が理不尽に騒ぐだけの人間ならともかくだけどね。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも隆景が人前でガミガミやらなかったってのは、飽くまで輝元が主君であり、輝元の権威に傷をつけまいという配慮からだよ。
    後輩や部下の教育とは根本的に違うと思うよ。
    いまでも目上の人をおおっぴらに非難するのは、秩序を乱すことにもつながるので決してほめられたことじゃない。
    誤りを正すために白黒つけなきゃいけないときは別だろうけど。

    しかし※16殿、大人の御意見ありがとうございました。
    自分も上司の忠告をもっと素直に受け止めるよう努力します。
    長々と失礼しました~

  19. 駄目人間名無しさん | URL | 0Q3WCu86

    俺がスーパーでバイトしてた時の上司は、チーフ(正社員)には毎日怒鳴ってたが、派遣やパートには殆ど怒らなかったな。
    緊張感のある良い職場だったよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6201-c05d1659
この記事へのトラックバック