FC2ブログ

その後の守銭奴

2012年02月23日 22:13

岡左内   
51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/22(水) 22:45:53.89 ID:T4qMyPMW
その後の守銭奴

上杉景勝の家臣・岡左内定俊は、主家の米沢転封後、その苦しい台所事情を思い上杉家を退転した。

武門名誉の家にあってなお勇名を馳せた左内は、たちまち諸大名から引く手あまたとなったが、左内自身は
「馴染みがあり申すゆえ」と、上杉家以前に仕えていた蒲生氏郷の子・秀行のもとに馳せ参じた。

秀行は、六十万石で会津に復帰すると、左内に知行一万石を与え、猪苗代城代の重職を任せた。
小大名並みの禄を手にするに至った左内だったが、相も変わらず憑かれたように金を貯めこみ、月に二、三度は
例の小判を敷き詰めた上に、素っ裸で寝転がる奇癖を繰り返す日々を送った。


秀行が亡くなり、忠郷の代になったころ、左内も床に伏せたきりになった。
『もはや、これまで』と思い定めた左内は忠郷とその弟・忠知に、「おかげを持ちまして蓄えることが出来申した。」
と書状を添え、忠郷には黄金三万両と正宗の太刀、忠知には三千両に景光の刀と貞宗の脇差を贈った。

残った金も、知人あてに五両・十両と包んで贈った左内の手元には、大きな鋏箱のみが残された。
「この箱は、いかがいたしましょう?」
「焼き捨てよ。上杉を去るに及んでも、やったことだ。世を去るに及んでも同じことよ。」

箱には、山のような借用証文が入っていた。

箱が炎の中に消え、最後の心残りが消えたのを見届けた左内は、静かに息を引き取った。
(増補武辺談他より)




52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/22(水) 22:51:57.54 ID:FkJRvtkB
>>51
いい話だが、子供とか孫はいなかったのか気になるわ

53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/22(水) 22:56:47.53 ID:2aJOXZC0
>>51
相変わらず岡左内はかっこ良いな
お金は大好きだけど、お金より価値がある物が何か、きちんと知っている所がかっこいい

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 07:26:40.45 ID:lxGdZQgQ
>>52
蒲生改易後には黒田、津軽と転仕したみたい

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 07:41:23.83 ID:P4RxIOwS
岡左内ってwikipediaに記事無いのか
岡定俊なのか岡野定俊なのか不明だからか?

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 07:48:09.58 ID:1uU3n+KI
>>58
諱が不明な場合は、通称や受領名でも問題ない。

そこそこ有名な人でも記事が無いのはよくある。
初回投稿が書籍の丸写しで削除されりすることもあるし。

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 08:59:52.85 ID:rWmunvUq
札束プールの起源がこんなところに

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:13:36.18 ID:0tI0QjdN
上杉家から退去するさい千両箱山積みにして出奔したのか?
よく野武士に襲われないな

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 20:07:42.89 ID:3dhPOhoW
>>61
全部人に配るなりして処分したんじゃない?
>焼き捨てよ。上杉を去るに及んでも、やったことだ。
ってあるし、空箱を一度燃やしたと読んだ

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 20:12:06.78 ID:2ksx7cdF
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-574.html
焼き捨てた話はこれだろう(上杉の武将たちの借金の証文を燃やした話)

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 20:31:24.83 ID:RKPdtbmy
上杉の窮状をみて退去なら、この性格からして献上してると思う

戦仕度で使いきってるかもしれんが

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 20:34:14.41 ID:1LgKJCwU
>>64
戦になる前に、既に献上してるじゃないか。

70 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/02/25(土) 15:36:45.71 ID:csoDdknR
>>51
>>63
爆発炎上する車を後にして去っていくアクションヒーローみたいに
燃えさかる借金証文の箱の山を後にして退去する岡左内の姿が
脳内再生されたwww

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/25(土) 17:22:13.21 ID:Oew1FANc
岡左内「上杉家から(家中の証文を)燃やして参った!」

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/25(土) 18:16:06.25 ID:4CDCr6mD
利家が拾いに行きそうだ

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/25(土) 18:22:28.36 ID:OwtqLm62
利家も死ぬときに借金の証文燃やしたんじゃなかったか、

75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/25(土) 21:15:08.01 ID:PVk/WZBd
官兵衛「某も半兵衛殿に殿から頂いた書状を燃やされ申した」

76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/26(日) 13:41:58.01 ID:C/BifgBn
織田信長「燃やすだけでは駄目だ、灰を水に溶いて飲まないと!」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    守銭奴だが、ケチではないのだな
    貯めるにしても使うにしてもこうありたい
    死の床で借用書廃棄するのは、ケチんぼ代表の前田さんもやってたっけ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    一方利家は死の床で決算をした

  3. 人間七七四年 | URL | -

    全裸で転げまわり済みの小判か…。
    有難いけど微妙に引っかかるような。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    何気に 氏郷病死→秀行宇都宮に転封→会津に入ってきた上杉に士官→上杉米沢に転封→会津に戻ってきた秀行の下に、で会津の地に愛着があったんかな?
    もう少し長生きしてたらジミーさんの所にも仕官してたかもしれんw

  5. 人間七七四年 | URL | Pnsj6K02

    ※3
    あの岡左内が直に触れた小判。
    手に入れれば栄達も間違いなし。
    特に、ふぐりが触れた部分には更なる御利益が!

    と、却って有難たがられるかも知れん。

  6. 名前がない | URL | -

    小田「地元に執着するのは、武士として当然である。」
    真田「そして、自力で奪い取った土地に執着するのも、当然である。」
    菅谷、家康「」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    美談と言えば美談だが、貸し主が死ぬまで金を返さないのが多いんだな
    上杉の場合は収入激減が大きいのかもしれないが

  8. 人間七七四年 | URL | -

    岡ねかえ左内

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >7
    いくら返済しても利子で消えていくんだよ、きっと。

  10. 人間七七四年 | URL | Hble4PXk

    ※7
    あっさり返せるくらいなら最初から借りないんじゃないか?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    政宗「証文を焼き捨てるなんてとんでもない!」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >※11
    商人・大名・幕府他多数「お前ちょっと来い」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    家康「後生大事に持っておっても百万石はやらんぞ」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    某伊豆守「ヤヴァイ文書はきちんと長持に入れて、不寝番つけて、400年くらい熟成しなきゃ。」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    お金は雑菌多いから素っ裸で転がるのは止めとけ!

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    新札でやればええんでないの?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    (あなたの)雑菌+αが着くからやめて下さいね。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    細川家「証文を燃やすとは殊勝な心がけじゃ。」

  19.   | URL | -

    岡左内の孫娘が、徳川に妾に入ってるな、確か。
    子孫は居らんのか?というレスがあったんで書いておく。

    まぁ、岡左内は格好いい守銭奴だよね。
    戦費をケチろうとして、嫁さんに「そんなに銭が好きなら銭に戦ってもらえや」と尻蹴飛ばされて追い出された前田利家は格好悪い守銭奴。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    キリシタンでさえなければ、後世の評価はもう少しマシだったろうな

    なにせ、当時の欧州及び宣教師は日本人を奴隷としか思ってなかったんだから

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6221-aebc8204
この記事へのトラックバック