FC2ブログ

週刊ブログ拍手ランキング03・07~・14

2012年03月14日 21:46

03・07~・14のブログ拍手ランキングです!



己の「武」の「分」をわきまえていた男 114

愛妻家(キョウサイカ)の意外な顔 103

ある男が大坂城内の長宗我部盛親を訪ねて来た 95
ある時、毛利元就が三島村上水軍の船印を見て 59

北条氏政の第二次国府台合戦 49
勝茂公は、いつも 40
秀吉公が木下藤吉郎を名乗っていたころの話 39

天正十年十月、堀秀政宛、柴田勝家書状 30
雑談・修復といえば、小早川隆景の肖像画 27
鍋島直茂「身分の上下にかかわらず時節が到れば」 22
姫路城、小刑部大明神の怪異 18

北条夫人の最期 4
ある兄弟の横顔 4
富田長繁の子孫のお話 4
丹羽長重の没落と大谷与兵衛・いい話 3

崇源院の荼毘 2
武田信繁の教育論および指導論 2
武田信繁について・いい話 2
武田信繁「合戦が近い時には」・いい話 2
合計 865


今週の1位はこちら!己の「武」の「分」をわきまえていた男です!
戦国の完璧武将、立花宗茂のお話!
こういうものが「美談」として成立するのが、立花宗茂ならではだな、と感じます。
宗茂以外だと、「いいわけ」「強がり」と見られてもおかしくはないお話です。それだけに、宗茂という人の持つ
人格的な強さを感じます。正しく、宗茂らしい逸話ですねw

2位はこちら!愛妻家(キョウサイカ)の意外な顔です!
こちらは立花宗茂を大名に復帰させた徳川秀忠のお話!秀忠怖い!強い!!まさに北斗の拳状態w
徳川秀忠という人は、肉体的に非常に頑強だったらしく、もしかするとこんな事もできたかも知れませんが、
しかし普段我々が抱く秀忠のイメージとはかけ離れていますね。
しかしあるいは、こちらの方に歴史の真実があるのかも…、なんで妄想をしたくなる逸話ですw

今週管理人が気になった逸話はこちら!北条氏政の第二次国府台合戦です!
管理人は後北条贔屓です。中でも北条氏政をかなり評価している人間だったりします。
なので東国の戦国史研究で有名な、黒田基樹先生が著書の中で『氏政の器量は氏康より上』なんて書かれていたのを
見つけた時には小躍りしたものですwあの上杉謙信も、関東から追い出したのは氏政なんですよ!w
そんな北条氏政の、若き日の「名将」っぷりが実によく出ているこの逸話、選ばずにはいられませんでしたw



今週も沢山の拍手を、各逸話にいただきました。いつもほんとうに有り難うございます!
また気に入った逸話を見つけられましたらどうぞ、そこの拍手ボタンを押してやってください!
( ´ω` )

さっきの地震大きかったですね。驚きました。
皆様もどうぞ、お気をつけ下さい。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 人間七七四年 | URL | -

    管理人様
    毎日のまとめお疲れ様です。
    いつも楽しく拝見させていただいております。

    突然ですが、この逸話集を出版物としては出してはいただけないですか?
    ご多忙な事とは思いますが歴史の中の光り輝く一瞬をこれだけの数が集まった資料をインターネットだけでなく出版物とし手元に置きたいと思い厚かましい事と知りつつお願いする次第です。
    是非とも御一考いただきますよう重ねてお願い申しあげます。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >2さん
    最初に言って置きます。余計な御世話だと言う事は分かってる。
    でも、横から失礼します。

    つまりそれって、管理人さんに自費出版しろって事ですよね?
    御自分でワードやメモ帳起動させて、コピペして出力すれば良い
    事では無いですか?

    それに、その類の本って。探せば沢山有りますよ?実際に検索掛け
    ただけでも、ワード「出版物 戦国逸話集」でちゃんと出てくるし。
    口調が違う、微妙に違う逸話があると言う事以外で、ここと出版物
    の違いがあるのか?が、全く分かりません。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    なんか、ずっと前にも似たような話になった事があったけど、結局出さないってことで決着したんではなかったかな。

    ほんとにずいぶん前の話なので、具体的な時期は思い出せないけど。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2殿
    詳しくはランキング・カテゴリの2009年8月13日のブログを御覧ください。
    気持ちは分かるけど、同じ事件を色んな角度から扱ってる話もあるから、それを整理するだけでも管理人さんが大変だよ。

  6. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※2様
    ありがとうございます。管理人です。
    書籍化ということですが、現実問題としてここは、逸話だけで、大変ありがたいことに
    6千を超えていましてw
    それを整理、編集するのはちょっと個人の手には余る作業ですね。
    スタッフとして作業してくれる人が何名かあっても、その作業量は、下手すると
    1年がかりくらいのものになるのではないかと。
    さすがにそれだけの時間と資金を注ぐ、というわけには、個人としては無理でしてw
    御理解いただけますと、幸いです。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    2です。
    おっしゃる通りこの膨大なデータの編集を個人にお願いするのは難しいですね。
    無理言ってすいませんでした。
    ここの住人みんなの戦国に対する深い知識や愛情が見える逸話やそれに連なるコメント、さらに逸話と逸話の連続性に魅了されて無茶苦茶なお願いをしてしまいました。

    毎週のアクセスランキングの集計も大変なご苦労と思います。
    これからもよろしくお願いします

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6254-1c76d138
この記事へのトラックバック