FC2ブログ

大石良定の事

2012年03月17日 22:37

335 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/16(金) 20:54:12.82 ID:YTm1BlJQ
山口玄蕃允正弘(宗永)の家臣・大石平左衛門良定は生涯武功が多く、傷を得ること数々で大きな傷も数箇所にある、そんな武人だった。

彼は「高麗両度ノ役」にも従軍し、ひたすらに武勇に励んだのだが、主君である正弘が誉れ無きために、
せっかくの武功もまったく無意味なものになってしまった。

「やってられるか!!」
帰朝の後、良定は病と称して故郷・近江国大石に退いてしまった。
山口正弘は加賀大聖寺城主に取り立てられた際に再び良定を招こうとしたが、彼がこれに応ずることはなかった。

良定は「高麗」で3人の童女を捕らえて連れ帰り、幾以、津留と名付けていた。残り一人の名は詳らかではない。
彼女らはとても凡下の者のようには見えず、耳に穴が有ったという。

3人のうち津留は、良定の甥で、真壁(赤穂)浅野家の家老となった大石内蔵助良勝の若党・与右衛門の妻となり、
良勝の子・良秀の乳母となっている。
(大石家系図正纂)

この時代の価値観では山口正弘が悪い話かな。
関が原のことを考えれば良定はラッキー&好判断!




336 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/17(土) 02:22:17.13 ID:6iSXT3Vw
>>335
>耳に穴があった
東洋におけるピアスの初見である。


337 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/17(土) 02:23:29.73 ID:oras4JSN
普通、耳に穴はあんだろ
スポンサーサイト





コメント

  1. 水無月葉月 | URL | -

    本スレ>>336
    アミニズム時代には珍しくなかったんですけどね。
    儒教が広まって「お父さんお母さんからいただいた大切な体なのに!」と言われはじめると徐々に消えていったようです。

    逆説的に、この童女たちは、呪術的な措置を施されるようなシャーマン階級か、奴隷以下の被差別階級かのどちらかなのでしょう。



    しかしこの男、少女処か童女を三人もさら…連れて来るとはなんたるロリコン

  2. 人間七七四年 | URL | -

    前田利家「ロリコンとはけしからん」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    耳に穴があるって耳に穴が無かったら意味無いだろって思ったらピアスか…

  4. 名無しの権兵衛 | URL | -

    さらってきたんじゃなくて、戦地に置いてかれたのを、そのまんま拾ってきたんじゃね?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    山口正弘の子孫に、海軍中将山口多聞(あだ名:人殺し多聞丸)がいるそうな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そういえばいい話スレに大石兄弟の話があったけど
    管理人さん、拾い忘れかな?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    山口正弘の嫡男の乳母がドンキーコングとかでネタになってたなぁ…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    耳にも穴はあるんだよな…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    自分が頑張ったのに、君主が駄目ならそりゃ出てくわな。

    >米5
    その別称だけ書くなよ、まるで本当の殺戮者見たいじゃないかw
    (訓練が厳しいから付いたあだ名です)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    朝鮮の耳輪の風習が禁止されたのは1572年
    体を傷つけるのは…というのは名目的なもので、実際は金銀を使った奢侈なものが増得た結果
    材料の輸入も増え、貿易収支を悪化させたためだとか。

    禁止から20年程度ですから地方ではまだまだ廃れていなかったのかも。

  11. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※6
    ご指摘ありがとうございます!アップミスですね。
    遅ればせながら投稿しておきました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6259-0401af35
この記事へのトラックバック